2010年02月28日

都城市総合文化ホール

昨日は、MJ(都城市総合文化ホール)にて

服部克久 終身名誉館長の就任記念コンサートと

お隣のロイヤルホテルで、レセプションパーティがあった。

pamphlet6.jpg

久々・・と・・しみじみ・・何故かと言うと私は

このホールの、建設計画時からの委員なのである。

中ホール入り口の「クリスタルピアノ」の横のボードに

委員のネームプレートが張り出してある。懐かしい・・・わーい(嬉しい顔)

20100227.jpg

開演前のステージ

2010022700862.jpg

客席の様子・・カメラや録音機材は持ち込み禁止なので

怒られないうちに・・とっとと写して終了。ダッシュ(走り出すさま)

hall.jpg

るんるんコンサートは素晴らしかった。↓ プログラム

program1.jpg

前半はインストルメント、やはり何と言ってもテレビ番組

「新世界紀行」の挿入曲「自由の大地」は、何度聴いても素晴らしい。

これがフルオーケルトラだと・体中が震えるほど、なお素晴らしい。



パンフルート奏者:岩田さんを交えての演奏も2曲ほど・・

0401-01[1].jpg

この楽器は大昔からある楽器らしいのだが、日本でいえば

笙のような感じ・・・以前、佐山さんたちと都城に来た

「瀬木さん」が吹くサンポーニャという楽器に似ている。


10分間の休憩の後 トワ・エ・モアの白鳥英美子さんを

ボーカルに迎え、 第2部が始まる。

トワ・エ・モアとは、フランス語で「あなたと私」という意味

今でもトワ・エ・モアは活動中・・でも、都城は初めてらしい。

歌唱力は、抜群です。学校唱歌なども素晴らしい。

都城に呼んで下さいと言う事なので、PTA大会のゲストとかいいかも?

それから宮崎市在住の画家、立山周平さん制作の記念のレリーフを

服部克久館長に贈呈する、セレモニーも行われた。

「culture first」カルチャーファーストと描かれている。

「はじめに文化ありき」という意味で、その説明もされた。

これは、大ホールの階段横に設置されている。

2010022700871.jpg

コンサートが終わり、ロイヤルホテルで記念レセプション

みんなぞろぞろ歩いて、入り口で会費3.000円を払い・・・2階へ

20100227_5.jpg

服部先生や長峯市長、画家の立山先生など・・お偉い方々が・・

program3.jpg

自分の席も  お偉いさんが・・ズラリ

有名どころの大企業のオーナーが・・勢揃い。

あちゃーーがく〜(落胆した顔)

市職員たちの、お気楽な席に行きたかった!ふらふら

でも、皆さんアイワホールをご存じだったのは、嬉しかった。わーい(嬉しい顔)

program4.jpg

で・・・これはみんなに配られた記念品・・・・オペラグラス

これで、今後・・・オペラを見ろと?

opera glasses01.jpg

しっかり「就任記念」とプレートがついている。

opera glasses04.jpg

かなり、大がかりなイベントで、関係者も大変だった事だろう。

ご苦労様でした。

私にいつもメールをくれる 文化振興財団の千代森亜弥ちゃんも

受付で久々にご対面できた。これが・・一番良かったわーい(嬉しい顔)

なんじゃ・・そりゃダッシュ(走り出すさま)
| 日記

2010年02月27日

運・不運


さだまさし作詞作曲の 無縁坂という歌の 歌詞を思い出した。


♪ 運がいいとか悪いとか 人は時々口にするけど

そういう事って確かにあると あなたを見ててそう思う♪

201002271322E0.jpg


運(うん)とは、その人の意思や努力では

どうしようもない巡り合わせを指す。と書いています。


何らかの事情で、予約した飛行機に乗れなかった人が

時間に間に合わず、仕事をダメにしてしまう事や

乗る予定の、その飛行機が墜落し、命拾いをすることもある。

人為的ではなく・・・運命的な出来事。

避けようがない。


その時に人は「運が悪かった」「運が良かった」と表現する。

通り魔的な殺人事件が、相次いだ時も

たまたま、そこに居た・・・たったそれだけの事なのに。


運の風が 自分と逆向きに流れ始めた時は・・どうしようもない。

それこそ「運を天に任せる」しかないのか


でも、生きてさえいれば・・・

いつかは、順風が吹いてくれる時が 来るかもしれない。

その事を信じて 背中から 後押ししてくれる風が吹くのを

待とう。
| 日記

2010年02月26日

マニュアル作り

私は出来るだけマニュアルを作りたくない方である・・

私も以前は、自宅での葬儀がメインの頃は、司会原稿も

説明の言葉も、行動もマニュアルを作り、動いていた。

ある時、マニュアルを忘れてしまった時に、とても焦った事が有る。

だから全て頭に叩き込んで、マニュアルから脱却してきた。

が、さすがに4店舗、各地域に会館が有り、また宗教者によって

進行が異なる事と、担当者が喪家ごとに異なる事で

これは、マニュアルを作成し、統一したものを社員全員で

とりあえず確認せねば・・と、先日から思っていた。


今日の山田会館での事、開式20分前くらいに、お客様に

式の進行、作法等について説明をするのだが

大切な方が、まだ見えていない。

その方の到着を待って、新人の修行君が お客様に丁寧に

式の進行と作法を説明しているが・・・

すでに、10分ほど時間が 押している。

開式前の僅かな時間で、進行と作法の全てが 頭に入り

理解してもらえるとは、到底思えない。

さらに言えば、相談会で作法等について聞きに来られる方がいるほど

葬儀の作法は、難解だ。

ここは、社員みんなで相談し中身を煮詰め

お客様が分かりやすく、説明も短時間でできるマニュアルを

作成したいところだ。

お通夜の際の、行動とあまり変わらない事を考えれば、通夜の際に

作法などを 伝えておけば、葬儀は進行の説明だけで済む。

確かに、通夜に参列しなかった方々もおられるので

そのあたりも考えたマニュアル作りが、決め手になるかも。

ただ、マニュアルは「善と悪が」有る事も、考えなければいけない。

日々勉強・・・ですね。知識の吸収に・・時間を使おう。
| 日記

あじさいホールの前の・・

以前、工事が始まった時に「何ができるんだろう?」と

ブログに綴ったコンビニ「セブンイレブン」が

今日オープンだった。

昨日は社員の方々が、国道に出て

信号待ちの車に、挨拶しながらチラシを配っていた。

満面の笑みで渡されると、悪い気はしない。

さすがに、一流企業・・マニュアルがしっかりしている。

20100226001.jpg

朝の7時にオープンしたみたいだが、お客さんが

夜8時を過ぎても、途切れない。

結構、出入りで渋滞している。目の前にある、うちの会社としては

通夜や葬儀の時間帯に混雑するので、なんか・・・不安な気もする。

お客さんにしてみれば、歩いて行ける所に24時間営業の

コンビニが出来るので、とても便利になるだろうけど。

でも、もし・・・事故が ひとつでも起こったら

それが、死亡事故などの重大事故だったら・・と、不安が募る。

葬儀場は同時刻に、お客様が出入りする事が多い。

通夜は割と、バラけるのだが・・葬儀は入るのも出るのも

ほとんど同じになる。

今日は、雨の夜だが・・・とても見通しが悪い。

直線道路なんだけど、なんか・・良く見えない。

お客様が完全に駐車場を出るまで、誘導をするなど

何か起こる前に、対策を考えた方がいいかも知れない。
| 日記

2010年02月25日

すみません

今日は、超ハードスケジュールで

ブログを書けません。すみません。m(__)m

書きたい事が、山ほどあるのですが・・・

今日は書いている時間が、ございません。

すみませんm(__)m

また、明日お目にかかりましょう。でわでわ
| 日記

2010年02月24日

趣味のギター:YAMAHA


忙しい・・ばかり、口にしていたら大切な「運気」を

逃してしまうので僅かな時間でも、たまには気分転換に弾いている。

そのために、すぐに弾けるように、常にスタンドに立てている。

ケースに入れてたら、たぶん、よっぽど暇にならないと弾かないかも?


ちょっと、図面作成の合間に・・・


趣味のギター 今回は、日本の誇る ヤマハ

長渕 剛がデビューのころ 使っていたギター YAMAHA L-31A

と、同じもの。長渕剛のギターではない パンチビシッ(当たり前)


当時、30年ほど前かな? 高すぎて買えなかったが 

夢に見るほど、欲しいギターだった。

テリー中本氏サイン入りのハカランダ(ジャカランダ)単板モデル

表板:スプルース、裏板:ハカランダ(3ピース) 、側板:ハカランダ

棹:マホガニー 、指板:黒檀 、ブリッジ:黒檀 いずれも単板だ。

今、同じものを作ろうとしたら、いったい幾らかかるのか?

5〜6年前に、自分へのご褒美にわーい(嬉しい顔) パンチビシッ・マタカヨ

神戸のギターコレクターから、適正価格で譲ってもらった。


マシンヘッド部分:ペグはゴールドTM30G、弦はYAMAHAのミディアムゲージ

YAMAHA72.jpg

サウンドホール内の皮タグに、テリーさんのサインが書かれている。

ピックガードは、べっ甲

YAMAHA71.jpg

ボディの色は、渋いブラウン系

音は、ハカランダボディなので固めのカッチリした音で

非常によく鳴る。

このハカランダという木材

別名ブラジリアンローズウッドともいうが、現在ワシントン条約により

丸太はもちろん製品の輸入も、政府の許可が無ければ出来ない。

なので、以前に入荷していた分しかなく、この材で作ると 

非常に高価になってしまう。

YAMAHA70.jpg

となりに、ちょっと見えているのが な、な、な、なんと・・・
| 日記

2010年02月23日

Time is money 「時は金なり」



とある、計画が進行中なので、最近ちょっと憑かれているがく〜(落胆した顔)

じゃなかった、疲れている。ふらふら

モニターにらめっこで、目が疲れている上に、マウス操作で

右腕が・・・微妙にしびれる。・・・が、

いつまでに、何をするか  やるべき事リストの付箋紙を

減らさねば。

022300069.jpg

やはり、全然 減っていませんね! 減るどころか

優先順位の高い(赤い付箋紙)が・・増えている。

次から次へと、やらなきゃいけない事が、湧いて出てくる。

まあ、頭がぼけていない・・という事なので、良しとしよう。


Time is money 「時は金なり」By:ベンジャミン・フランクリン

ベンジャミン・フランクリンは、有名なので名前くらいは

知っている人も多いと思う。


以前は、自己啓発の書籍を、買い求めた事もあったが

一番有名なのは・・やっぱり 

凧をあげて雷が電気だと証明した人。

でも、実際は事業家であり、作家、政治家、科学者でも有り・・と

実に多彩だ。


名言も、先述の「Time is money:時は金なり」もそうだが


「知識に対する投資は、常に 一番の利益を 生み出す」

「言い訳が得意な者に、他の事が得意であることは 滅多にない」

など、実に多くの 名言を残している。

一番、衝撃的なのは・・

「もしあなたが 自分の人生を 大切に 思うならば

     時間を 浪費しないことだ。

         なぜなら、人生は 時間で出来ているからだ」

成功哲学の 「 思考は 物体である 」 も 衝撃を受けたが

フランクリンの 「 人生は 時間で 出来ている 」も

あらためて 深く考えさせられる。


そうなんだ。偉大なる歴史も、人の一生も、充実した一日も

死にたいと言いながら、ウジウジと無駄に過ごした一日も。

全て、貴重な時間で 出来ている。


仕事柄 ・・・・ ある、言葉を思い出した・・・・

「あなたが”死にたい”と思って 無駄に過ごした 今日は、


昨日 死んで行った人が、泣きながら 懸命に”生きたい”と願って 努力した

   明日なのです。」

今日を・・・今を、この一瞬を、 そして  命を  大切に。
| 日記

2010年02月22日

手帳について

誰でも、持っている・・か、どうかは、良く分からないが

手帳!!   最近は携帯のカレンダーでも出来るが

スケジュール管理。

最近読んでいる、勝間さんの本では

「単なるスケジューラーから、人生の羅針盤に・・・・・」

と、書いてあった。

自分もシステムノートを使い始めて もう20年になる。・・・が

スケジューラーと、単なるメモとしてしか、使っていなかった。

勝間さんの話では「手帳なしで仕事をするのは危険」

なんとなく分かるけど、真意はそうではなさそうだ。

手帳は・・司令塔である。・・・・とまで書いている。

要するに、いつも身近に持っている手帳に、目標をしっかりと

書き込んで、それを見ながら行動しなさい。という事。

022200068.jpg

自分に目標が有って、それに向かって努力しているのなら

常に、目指したい目標を「いつも見える場所に書き出せ」と

成功哲学では教えています。

やはり、勝間さんも その事を 教示したいのでしょうか?


物事を達成する人の中で、一番成し遂げる性格は・・・

子供のような性格だと、言われています。

妙に物分かりのいい人は、なかなか・・

子供は、どうしても欲しいものが有ると デパートの床に寝ころんで

両手足をジタバタさせながら、親にねだります。

親との駆け引きですね。

自分が親なら・・子供を・叱ったり、なだめたり・

もう、仕方がない・・・となるでしょうが。

さすがに、大人になってからは、それは出来ません・・・でも

欲しいものは、どんな事をしてでも手に入れたい!!

欲しいものを、手に入れたいと思う、パワーだと思います。


実生活では、大人なので 分別があって

あきらめる事と 頑張る事を、自然に理解してしまいます。

ここに、「既成概念」が邪魔をするわけで・・・

勝間さんは、欲しいものは「いつ、どのようにして」手に入れるの?

と、手帳に書いておけ!と、言ってるのでしょう。

なぜなら、いつも目にする 手帳だから
| 日記

2010年02月21日

司会の勉強

今日は夕方に社員が集まったので、司会の勉強会。

まず、音響装置の特性と効率のよい使い方など

その後、実際に声を出して、練習。

イントネーションや 間の取り方など・・

難しいのは、宮崎弁(諸県弁)が出てしまう事。

変なイントネーションだと、お客さんがそちらに気を取られ

式に集中できない。

それと、ナレーションや電報を読むとき、かむ司会者。

これも、お客様の思考が式典に集中できない。

良い司会者とは、目立たない事。これは常々言われてきた事。


修行君と、タービー大規の二人が、チャレンジした

二人とも、及第点。ぜんぜんおかしくない。

まあ、通夜司会を経験してるからだろうけど・・・

他社なら明日からでも、実戦出来そうな感じ・・・でも

うちは、ダメだ。  もうちょっとだけ・・これは、企業秘密

もう30年以上も葬儀司会をやってるので、それなりのノウハウは

有ると思っている。

たぶん5千件以上の司会をしてきた事と思う。

自分も試行錯誤やってきて、今の形を作った。


4月までには、誰でも出来るように勉強会をしたい。

でも、うちの社員はエライと思う。

任されたら、いつでも出来るように、準備をしている。

022100067.jpg

仕事が上手くいくかどうか・・・は、準備にかかっている

リハーサルをする・・事前に調べておくなど・・・当たり前だけど。

準備が100なら、コケル事はない。

もし、コケたら・・・準備が足りなかったって事だ。

慣れてきた頃にミスを出すのは、これが原因だ。(たぶん病)

100回上手くいってるから、101回目も上手くいくと 思っている。

何も根拠が無いのに! ・・・・たぶん、こうなるはず・・・

この時は、何も信じてはいけない。  自分以外は・・・

何があるか分からない。

でないと、ミスった時に、人のせいにしてしまう。

私は「俺がやるのに、失敗するはずがない」と

細心の準備をした上で、自分自身に言い聞かせ運気を高める事にしている。

「みんな・・がんばれ」・・・と、心の中で応援している。

社員同士でも、勉強会は出来る、出来る事から始めてほしい。

そうすれば、見えなかったものが見えてくると思う。
| 日記

2010年02月20日

面白いチラシ

今朝、友人から「新聞に凄く面白い折り込みチラシが入ってると・・」

電話が来た。

早速、会社で見てみる事に・・・

うーーむ、確かに凄い、というより笑ってしまうのだが

先方の名誉のために、どこがどう・・とは書けないが

022000057.jpg

利用するためには記念特価のうちに・・急がなくてはいけません・・・


しかし、今日とも知れず、明日とも知れず・・・。

善長寺のご住職様が「過去とは飛んで行ってしまった鳥と同じだ

もう2度とくる事はない。明日とは、まだ飛んでこない鳥と

同じだ、来るか来ないか分からない」・・・と

いずれにしろ、人様の最後のお見送りを家族と共にお手伝いする

大切な仕事です。

いつかは、本質が見えて お客様の顔が、お金に見えないように・・

ごまかしのない良いお仕事をしていただきたいと・・・望みます。


でないと、この業界のレベルを最低レベルまで引き下げてしまいます。

以前、ブログにも書いたように・・やっと今、業界の努力の甲斐あって

通常のサービス業と同じレベルにまで高まってきたのですから。

私が創業したてのころは、まだ差別が有り「蔑視」される職業でした。

可愛い子供たちが、イジメられないように、学校役員など

人一倍頑張った記憶が有ります。
| 日記

HARUを聞きながら

毎日いろいろあると、常に自分のペースで!というわけには

行かないので、ストレスがたまってくる。

が、お付き合いも大切なので、体が言う事を聞く間は頑張る。

はず

しかし今夜は、そういうジレンマを感じずに

気楽に飲み会に参加できそうだ。

友達を作る事は大好きなので、楽しみである。特に居酒屋だし・・


大切な図面作成で、最近は机に向かってパソコンにらめっこ・・が多い

目が悪くなってきているので、疲れが早い・・・こんなときに

リフレッシュ!わーい(嬉しい顔)

そうだ、HARU(ハル)の音楽だ。

haru001.jpg

来月3日に 高原町に来るので、時間を作って行きたい。

ここ数年、都合が合わず、行けていないのだ。

以前のCDが有った。それもサイン付き

haru002.jpg

うーーん、心がやすらぐ  皆様方 お勧めでございます。


HARU(ハル)HP
| 日記

2010年02月19日

葬儀業も接客業に

この葬儀業界も、会館という施設利用がメインになって10年以上になる。

今までは、自宅での葬儀だったから、お客様のご自宅が式場で

トラックで荷物を運びこむ。

規模が大きい時は、トラック3台分ほど運ぶことも珍しくなく

雨が降りそうなときは、テントと椅子をお客様の予想人数に合わせて

庭に設営する。

それが今は、お客様を迎える側だ「いらっしゃいませ」なんて

使った事もない言葉を・・・古い社員も覚えなければならない。

自宅の設営は、夏場は大変だった。汗まみれで作業した

だから、ワイシャツ、ネクタイ姿は 辛かった。

うちは割と早めに、ワイシャツ ネクタイで作業していたが

ある葬儀社は、作業ズボンにランニング!なんてところも・・。


回想はそれくらいにして・・・・本を買ってきた。

以前から買い続けている「〇〇のルール」シリーズ。

今回は「接客のルール」

それと、前から面白いと思ってた、勝間和代さんの解説本

021900054.jpg

「接客のルール」の本は、内容は誰にでも分かりやすい本で

なるほど・・と、そうなんだよなー を再確認できる。

人に指摘される前に、読んで一通り身につけておきたい。

必ず、役に立つ。

接客とは・・・作法もそうだが

心理的な部分の方が、大きい。クレーム処理にしても

マニュアルにばかり頼ってると、お客様からお叱りを受ける。

若い社員が、お客様からお誉め頂けるのは!なぜか?

そこを、ミーティング等で再確認しておきたい。

数年たって・・・仕事に慣れてきたころが・・・危ない。

「お客様第一主義」「初心忘るべからず」「目配り・気配り・心配り」
| 日記

2010年02月18日

お葬式:友人の奥様

都城千日通りの、有名な喫茶店「くろいわ」

02188003.jpg

落ち着いた純喫茶で、ジャズが流れている事でも、有名だが

オーナーのヘイちゃんとは仲良くさせていただいている。

02188003_1.jpg

合同庁舎に来た時など、よく昼食食べに行っていた。

ヘイちゃんは、相変わらずだが 奥様は落ち着いていて上品で

私も大好きな人だった。

ヘイちゃんは、奥様にぞっこんだったから・・・突然の逝去は

驚きでまだ、実感が無いだろうと思う。

実際に・・・何が起こったの?という いつもの顔だった。

021800046.jpg

都城のJA会館でお昼からだったので、お世話になったお礼と

最後のお別れを言いに行ってきた。

村岡宝飾店のノリも来ていた。村岡(父)は受付だった。

先日、棟上げで大騒ぎしたばかりだったのだが、今日は会話も少なく



あまりにも突然だった・・

聞けば数日前に、体がしびれる・・と言い

疲れかも?と、店を早じまいしてから ・・ 突然倒れたらしい。

その後、数日病院で懸命の手当てをしたらしいが、帰らぬ人となった。

牟田町にある、大きなお寺「摂護寺」の佐々木住職の法話は

「会者定離かねてありとは聞きしかど昨日今日とは思わざりけり」

という古歌だった。

会者定離:出会った者は、いつかは離れる(別れる)定め

その事は十分に、分かっているつもりだけど、昨日、今日に

こんなに早くに その時が訪れようとは・・思わなかった・・・という


この度の奥様の ご逝去は、まさに・・この歌の通りだ。

数年前に嫁いだ「娘のさっちゃん」に 久々に会えたが・・

さすがに・・目を合わせただけで・・声が出なかった。

これから先、家族が力を合わせ・・・生きていけるように

少しでも、悲しさが癒せるように 出来る事なら力になりたい。
| 日記

2010年02月17日

今日は久々に

時間が出来たので・・・モニターに張り付けた付箋紙の数を減らすべく

頑張ったわーい(嬉しい顔)  ・・・   ような、気がする。

午前午後と、予定を消化し、3枚ほど・・クリア

ふふふ  ふっふっふっ うっふっふ うふふ(^m^) 減った!減ったexclamation

ババ抜きかパンチビシッ


社員はみんな、それぞれ 「やるべき事リスト」 の中から

今やるべき仕事を、見つけ出し、夕方 遅くまで頑張ってくれた。


常に、やるべき事のリストを書き出し、それを追い続けている

それを、やっている限り、挫折やスランプは無い。

一番大切なのは、・・・・何と言っても・・すぐに、やること!

間を置かずに出来るか?  ここが、分かれ目だと思う。


かねてからの、懸案事項であった「山田会館」照明器具の交換作業

会館が常に動いているので、思っていても中々出来ない。

しかし、リストとして貼ってある以上・・・・早くクリアしなければ・・・。

今日はタービーと修行君が 遅くまで頑張って 

2ホールとも交換してくれた。聞けば、大変な作業だったらしい

明日は、その大変な作業の 一部始終を 

    皆さん・・・聞いてあげてね!

  ↓ 山田会館

201002174487.jpg


携帯の画像を見たが、全然違う!  そりゃそーか、オープンして

今年で5年目だもんね!

それから、これもかねてからの懸案事項であった

高原会館のロビーの・・・シャンデリア! 

頑張りましたーーー 綺麗になっています。

ごゆっくり ・・・ ご覧下さいませ  わーい(嬉しい顔)



takaharu0217.jpg
| 日記

2010年02月16日

HARU のコンサート

私の大好きな HARU(ハル)の お二人

ボーカル&ギターの オオガタミズオさんと

ボーカル・フルート・ケーナ・パーカッションのハルさんの お二人

Live[1].jpg


通常は福岡を中心に、活動中である。

宮崎は良く来てくれるので、その度に行って交流している。

主に南米の音楽、フォルクローレを中心に、歌と演奏を聴かせてくれるのだが

これが・・・心が洗われるような、感動的な演奏と歌声とメロディ。


ハルさんの歌声と、ケーナの演奏技術と音色・・・

オオガタさんのギターテクニックと歌唱力のあるボーカル・・・

一度聴いたら、絶対にファンになるはず。

そのお二人が、来月3月3日 高原町に来てくれる。

021600037.jpg


「星降る夜のコンサート」・・どこかで聞いたことのあるタイトルだが

主催は・・・「高原町自殺対策協議会」

「窓をあけて九州」」のテーマ曲「地上の人」は、HARUの有名な曲だが

その歌詞の中に「人はどうして生きているの〜」というフレーズが

何度も出てくる。

曲もいいが・・歌詞が沁み入るような詞なので、今回このような

フォーラムのゲストとして、招待されたのだろう。


宮崎県は毎年400人ほどの人が 自殺で亡くなっている。

当社でのご葬儀も、そういう事が少なくない。

残された者たちの事を考える、余裕すら無くなってしまうのだろうけど




友人が職場でイジメに遭い、自殺した時に 私は自分を責めた。

訃報を聞き 友人宅に駆けつけた時、別の友人が 私に向かって

「お前がいつもそばにいて、どうしてこうなった」と怒鳴った。

学校役員を一緒にしていたので、常に会い飲みに行ったり、していた仲だった。

「全く・・・分からなかった」 素振りさえ微塵も見せなかったから

残された家族は、妻と母と女の子3人 ・・  女性ばかり

これ以上は、つまってしまって書けないが

残された者たちの 悲しみを思うと 

思い切って退職し、求職活動でもして欲しかった。そしたら

私を始め、多くの友人たちは、目いっぱい手伝う事が出来たのに。
| 日記

2010年02月15日

名原部長の真剣な眼差し

02151052.jpg

とある、規模の大きな葬儀で 担当した 名原部長

いつになく真剣な 眼差し!

当社の業務部長として、業務全般の遂行から

社員間のコミュニケーションまで、全てをお任せしている。

今月・・・とうとう バレンタイン前に 誕生日を迎え 〇〇歳に

四捨五入すると・・・・


の、域に入ってしまったexclamation

「仲間やね!」わーい(嬉しい顔)「仲間やね!」 わーい(嬉しい顔)(社長&副社長より)


都城工業のバレーボール部で鍛えられた

タフな精神力とチームをまとめきる包容力。

当社30年の歴史の中で、彼の右に出るものしかいない。

若い社員の模範となり、当社の文字通りリーダーである。


02155595.jpg

どういうわけかexclamation&question 

こんな可愛い お嬢さんがいるexclamation


信じられないがく〜(落胆した顔)


そこで ・・・・・


「 お ・・ お父さん    顔が  ・・・


・・・・・・・ へん ・・・・・」 と 娘からナイスフォロー

02155598.jpg




親子で、大いに盛り上がり







その後・・・・油断してたら・・・・






こんなことに・・・・




02155566.jpg

タービー大規 と 高月ヒロシが ダッシュ(走り出すさま)

まあまあ、若い者は 若い者同士でいいんじゃない?



独身同士だしーー









02155568.jpg
       名原部長  と  飯塚部長


そんな 、 驚かんでもexclamation&question

| 日記

2010年02月14日

バレンタインの戦利品


021400034.jpg

全てが





義理  だった。


無念もうやだ〜(悲しい顔)

そりゃそーじゃろわーい(嬉しい顔)

まあ、貰っただけでもグッド(上向き矢印)

そーか、じゃ3月13日から15日まで、休暇を取る。

予定
| 日記

お返事を書いた


021400035.jpg


先日いただいた、お客様のお手紙に お返事を書きました。

内容は・・・・内緒です。
| 日記

NPO葬:中霧会館

よっしゃ、行こう。

向かった先は 山田会館併設の「中霧会館」

021400026.jpg

中霧会館の入り口です。平成20年オープンしました。

収容人員は、最大でも70名ほどの小さな会館ですが

ホールの付いた「自宅」的な 感覚で、お使いいただけるよう

レイアウトにこだわりました。

当然、事務所とは離れていますし、完全貸切ですので

自分たちだけのみで、気遣う事もなくご利用できます。

021400029.jpg

この度の、お客様は 家族葬でのご葬儀を ご希望され

また、当社が認定を頂いている NPO法人

「全国葬送支援協議会」でのセット、NPO葬でのご希望です。

私たち、葬祭事業者は事業の特殊性 故に「社会的な責任」があると

思っています。

私たち葬祭事業者全員が結束し、料金やサービスの統一を図り

格安料金で受注することを、拒んでしまったら

身寄りのない方々、生活保護世帯、生活困窮者家庭など

どうすればいいのでしょう。

葬儀は、他の消費行動とは違い、好む好まないにかかわらず

訪れるものです。自分の意思で決定できないのです。

かと言って、最近 都市部で行われている「直葬」という

病院から直接 火葬場へ・・葬儀はしない・・お坊様も呼ばない。

大切な家族に対し、生前のご苦労に対して

そんな事は、なかなかできるものではありません。

しかし、カルテルのごとき「葬儀料金設定」が有っては

お金を工面できない方々は、どうすればいいのでしょう。

そこで登場したのが、先述の「葬送支援協議会」の制度です。

内閣総理大臣認定のNPO法人なので、認定葬儀社になるためには

厳しい審査があります。

当社は、昨年に認定を受けておりますが、セット価格21万円という

破格値のために、逆に今まではあまりご利用のないセットでありました。

しかし、この不況の影響は確実に「一般家庭」までも巻き込んでいます。

そういう時代ですから

この度「NPO葬」セットを、写真のように一般葬と変わりなく

設営できるよう工夫しました。

これであれば、気兼ねなく お客様にもご連絡いただき、ご弔問頂けます。

02147736.jpg

不必要なムダな部分を排除し、必要な物のみに限定し実現しています。

当然、利益は無いに等しいと思っています。

しかし、私たち葬儀社は、社会の中で事業を営む上で責任があります。

ボランティア活動も大切な使命です。

もちろん、葬儀社も不況のさなかに・・・という、反発の業者様も

おられるかも知れません。

いずれまた、良い時代が来ます。いつか必ず・・・

私は、その時に「 お客様から選んでいただける 」

「お客様第一主義」そういう葬儀社を目指します。

アイワホールのホームページへ

http://www.aiwahall.com/

| NPOでの お葬式

2010年02月13日

お手紙をいただいた。

お客様より、お手紙をいただきました。

お客様から、こうしてお手紙を頂く事は多いのですが

この度のお客様のお手紙は、より具体的でしたので

同じように、不安を抱えている方も ご納得いただけるものと思い

固有名詞などは、省略させて頂き、ご紹介致したいと思います。


薄いピンクの 瀟洒な封筒で、社長とスタッフ宛てに

今日届きました。

早速、読んでみます。(ほぼ原文のまま・長文です)

021300033.jpg



あじさいホールの皆様へ

〇〇〇の慌ただしい時に 父は他界いたしました。

昨年で最初の 厳しい寒さを感じる日のことでした。

初めて 葬儀を執り行う側に座りました。

ありがたい事に我が家には、30年以上も身内に不幸がなかったのです。

この歳になっても、冷静にはなれず 

子供より手のつけにくい自分で有った事と恥ずかしく思う次第です。

葬儀に関しましては、ホールの皆様の お優しい言葉に支えられながら

学ぶことも多々あり、教養のなさを実感したものでした。

寒さも、深夜の眠さも 少しも態度に出さずに、ただ

「皆様で良いように ゆっくりとお考えください」

そう言って、静かに黙って、待って下さった高月様。

私より はるかに若いであろうに、まだ幼さも見える笑顔に

いかほど救われ、甘えたことか。


父との別れを、かけがえのない思い出として 残すために

どれ程に ご尽力いただいた事かと、言葉には言い表せないほどに

感謝いたしております。

葬儀を執り行う家族は、泣いている暇など本当は無いのですね。

だから、斎場が整うと、涙が止まらなくなるのでしょうね。

素敵な祭壇をありがとうございました。

201002132423.jpg


二度とできない父親との 最後の別れを、あじさいホールの

皆様に演出していただき、精一杯泣く事も出来て

亡くなったという事を、受け入れる時間も 取れた事に

皆様の お心遣いを感じました。


葬祭とは 大変なお仕事なんだと

ただただ頭の下がる思いでございます。

社長様の教えだと、高月様は話されて

「自分たちは、まだまだです」

と、笑顔でお返事を返されますと、自分たちにも 少しながら

笑顔が戻る気持ちが致しました。


取り乱し、ご迷惑をたくさん お掛け致しました事

お詫びするとともに、良い告別式をさせていただき

お礼の気持ちを

どうしても お伝えしたく 手紙など書くことに致しました。

201002132484.jpg


四十九日も過ぎ、父は天国にて笑ってくれていると思います。

社長様、ホールの皆様、本当にありがとうございました。

素晴らしい、社員の皆様を お持ちでいらっしゃると思います。

私も、見習わなければならないと 思っております。

ご多忙の毎日、くれぐれも お体を大事にされますように

本当に、お世話になりました。


----------------------------------------------------
私は、有難くて 涙が出ました。

また、社員をほめて下さった事にも、大変感謝いたしております。

今日のお手紙で私たちは また 良いお勉強をさせて頂きました。

私たちができる事・・それを・常に考えながら

もう、これで大丈夫!という事はない、何をするべきか

目配り・気配り・心配り

お客様と、真剣に向き合っていると、それが、見えてきます。

アイワホールのホームページへ

http://www.aiwahall.com/

| 日記