2011年02月28日

ダウンしています


先日の、腕や肩の痛みに加え・・・・

なんと表現していいのか・・・具合が悪いです。ふらふら


朝から、ずっと・・・ダウン・・・しています。


このくらいの、忙しさなら・・今までにも何回も有ったし

ハードスケジュールのせいではないと思うけど・・

体調が悪いと、脳の働きも鈍ってくるので・・・仕事もはかどりません。


ちょっと・・休憩喫茶店
| 日記

2011年02月27日

昨夜の後遺症


昨夜は、牟田町にて・・先日のパーティの・・打ち上げパーティでした(≧ε≦)

ようは・・・理由は何でもいいんだね!みんな集まってワイワイできれば・・

って事で、7時に会場入りし・・・参加者を待つ間に・・・段取りを考える。


結局・・司会進行で、忙しく・・みんなとゆっくり話せなかった(´・ω・`)

ま、でもみんなが楽しんでくれたようで、結果オーライか


その後、食い足りないメンバーと、最近お気に入りの居酒屋へ

ところが・・・やはり・・というべきか? またもや・・爆睡(_ _).. 。o 0

友人が気を利かせて・・・代行を呼んでくれたんで、早々に帰れた。

今日も山田会館で お葬式だったんで・・・これもまた結果オーライか


でも、さすがに・・・昼頃まで・・・フラフラする

やっぱり・・知らん間に・・・飲みすぎているようだ(≧ε≦)

つーか、司会進行で盛り上げようという サービス精神に火がついて

全く食べずに・・・飲みながら、マイク離さず・・だったのが・・災いしたみたい。


今日は、ちと・・ゆっくりしよう・・・と 考えているが・・・・さて・・・



昨日の夕陽・・・きれいでした。

P1040224.jpg
| 日記

2011年02月26日

暑い日でした


今日は、朝は若干冷えたものの・・・昼から気温はグングン上昇

一時24℃まで・・・久々にエアコンつけて走りました。


そんな中、あじさいホール、山田本館、中霧会館と

3件のお葬式が、営まれました。

私は、山田会館へ 2件の式の司会進行でした。

相変わらず、風が吹くと・・・猛烈な勢いで、駐車場の灰を舞い上げます。


業務用のロードスィーパーを購入したので、時間が出来たら

全てのホールを掃除して回りたいと思います。

この機械・・・なかなかの優れものです。

ビフォーアフターは、後日・・ご報告申し上げます。


さて、昨日のブログに・・・腕や肩が痛い・・と書いていたら

様々な方々から・・「大丈夫?」と、メールや電話を頂きました。

全然・・大丈夫じゃないです。(≧ε≦) びりびり痺れております。


しかし・・・今日も、所用で・・牟田町実車でございます。

明日も山田会館で、お葬式が行われますので・・・早めに帰らねば・・

最近・・・ぜんぜん・・・無理できないっす。(´・ω・`)

なんでだろー┐(´-`)┌
| 日記

2011年02月25日

腕と肩がしびれる・・


ここ数日・・・腕と肩が・・しびれます

血流の関係かな?と、思い・・ちょっと運動しては・・

パソコンに向かうのですが・・・10分もしないうちに・・・びりびり

あぁーーーいってぇーーー・・・と、言いながら・・・

今も、パソコンに向かっています。


仕事が一段落したら・・整骨院か・・どこかで、診てもらおうかなー

・・・・・と、先週も・・・思ってたんだふらふら


ま、近々・・・新たな計画が有るので・・・あれこれ考えて

よし!と 思える仕事をしなきゃ・・!!


お蔭様で、お客様からのご依頼は、ここ数年・・増え続けております。

ありがたいことです。

ただ、よく見て下さっている!と 思います。


今、ベストメンバーで、仕事にあたっています。不具合が、全くありません。

たぶん、創業以来・・・一番のメンバーではないかと・・・自負しております。


そんなメンバーの前で、弱音も吐けませんが・・・肩と腕の しびれが

今も・・・うーー痛いです

| 日記

2011年02月24日

質を上げるために


化粧品でも、電子機器でも・・・その他、様々な物は

品質向上のために、研究を重ね・・・消費者の声を聞き

さらに、高品質な物へと成長させる。


では、サービスはどうだろうか?

昨日書いた「程よい余裕を」に通じる部分も、有るかもしれない。

葬儀社はサービス業だが・・私は「究極のサービス業」だと思っている。


大切な人を亡くしたばかりの、ご家族と・・・最初に接し・・・

お金に絡む商談も・・そのご家族と、しなければならない。

それも、短時間で確実に・・ミスが有ったら取り返しがつかない事も多い。

しかし、一番大切な事は・・まず、お客様と向き合う姿勢

絶対に「こっちで全部やりますので・・」なんて、言ってはいけない。


他県の友人が、とある葬儀社に、詳しく聞くために相談に行ったらしい・・

出てきた葬儀社の方は

「とにかく、亡くなったら、うちに電話してくれれば大丈夫です」と

名刺を渡して、詳しい説明をしてくれなかったそうだ。

パンフレットを貰おうとしたが・・それも無く

見積書は、白紙の紙にボールペンで・・・適当に書いて・・

「だいたい、こんな感じです」と渡されたそうだ・・・。


うーむ、すごい・・と、思うけど・・以外と

まだまだ、この手の業者は多いと思う。

実際に都城市内にも・・・有った! 過去形にしたのは・・最近の情報が

無いので、今は改善されているかもしれないので・・・。


これを、自分が相談に行ったと 仮定して・・・考えてみよう。

せっかく貴重な時間を割いて行ってるので、きちんと納得して帰りたいし

帰ってから、あれこれ考えられる程度の資料は欲しい。

また、いくつかのシュミレーションも出してもらえれば・・・帰ってから

家族とも相談する材料になる。

そこに、ある程度・・想像できる「料金」が分かると・・なお具体的に

預貯金、保険・・など考慮して・・結果によっては「安心」が得られる。


サービス品質の向上は、自分に置き換える事で・・ある程度分かる事が多い。

男が化粧品について・・というテーマでは、なかなか考えられないけど

自分が携わっていて、常にお客様と接していて、生の声も聴いているからこそ

分かる部分も有る・・・いかに、お客様の声を聴いているか?が大切なキモになる。


ボーっとして、ただ何となく・・・業務をこなしている人を見かける事があるが

まず、自分自身を向上させる・・そして、自分の仕事のスキルを向上させる。

そのレベルになると、お客様の声が・・ビンビン入ってくる。

そうなる事が・・空気を読める人になる・・第一歩だと思う。


葬儀社・・・この仕事は、空気が読める人にならないと・・難しいと思う。

そのためには、自分を鍛える事だ

筋肉を鍛えるときに・・人は、バーベルを挙げたり、走ったり、腹筋したり・・

これは、筋肉に負荷をかけて・・・より強い負荷に耐えられるようにするため

では、自分を鍛える時は?

昨日も書いたが「程よい余裕・」余裕を生み出すためには、何をすればいいのか?
| 日記

2011年02月23日

程よい、余裕を・・・


仕事でも、なんでもそうだけど・・・何かをするときに

いっぱい いっぱいで 余裕が無いと・・・失敗する確率が高くなる。

なぜか?  簡単だ・・・・心の中(または頭の中)は・・・

やらなきゃいけない事!・・以外の心配事(不安)で満たされている。


要するに・・・最高速度が、80Km/hしか出ない車なのに

80Km/hで、高速道路を走っているようなものだ。

残りの余裕が無い。限界ギリギリで・・・走っている。

想像してみると・・・とても恐いという事が、理解できると思う。


この場合の心配事(不安)は・・いつ、ぶっ壊れるか?とか・・タイヤが外れないか?

エンジンが壊れないか? ブレーキは大丈夫か? ハンドルはガタガタしているけど・・

こんな、心配事を抱えながら走っているときに・・・

目の前に急に 動物が飛び出して来たり、前を走っている車が急ブレーキをかけたり

事故を起こす確率は、とても高い。


一番大切な・・・安全に運転する・・周りをよく見て運転する・・という

基本的な事が・・・余裕がないために、どこかに飛んで行ってしまっている。



急なハプニングやトラブルに・・即座に対応できない。余裕が無いから・・・

仕事での事を、考えてみよう。  例えば・・・

余裕が無いと・・・お客様に説明をするとき、舞い上がって・・・チンプンカンプン

お客様・・・こいつ何言ってんだ?   商談・・・失敗

他にも・・いろいろ有るんだけど・・・


余裕・・・これは、キャパシティ(容量)でも有るわけで・・

私はギターを弾くので・・・出演前は・・当然、練習をする。

でも、1回出来たからって・・・終わりにはしない。

目をつぶってでも出来るまで、何回も何回も・・練習する。

本番でコケたくないので・・・余裕を持ってできるようにしておく。

上手くいかなくて・・・後悔するのは、自分自身だから・・・。


スポーツ選手もそうだ・・先日のフィギュアスケートでは

安藤美姫や浅田真央の 練習風景がテレビで映し出されたが・・・

何回も何回も、同じ練習を繰り返している。

これは、誰でもわかる事だけど・・・本番で上手くいくために必要だ。



では、生活を支えている 「自分の仕事」 に対しては・・・どうだろう。

そこまで、自分を追い込みながら、自分磨きをしているか?

誰かに依存していないか? 人任せになっていないか? 

自分はパーツになっていないか?

責任感を持って、プライドを持って取り組んでいるか?


多くの ? を ! に変えるために・・・頑張ってみよう。

自分自身の、最高速度やポテンシャルを上げるために!

プロ・・一流・・と呼ばれる人たちは、実はとんでもない量の練習をしている。
| 日記

2011年02月22日

シャッター通りの活性化について


昨日の宮日新聞の 3面「客論」のコラムに

興味深い記事が、掲載されていた。「シャッター通りの処方箋」


何と言っても・・・この方の経歴がスゴイので 気になったんだけど

日南市生まれ、東大文学部卒、TBSプロデューサー、学習院大学非常勤講師

・・で、見た目が、スキンヘッドの・・サンプラザ中野っぽい

P1040202.jpg

中央通りがシャッター通りになる その原因は・・・と、聞かれれば

今までの考え方は、ほぼ全員・・・駐車場が整備されていない・・と答える。

もちろん、それだけではなくて・・魅力的なショッピングセンターに

お客を奪われているわけだけど・・・。


まず、既存の中央通り商店街は不便・・となる。

都城の例でも、大型SCが出来てから、商店街からお客が目に見えて減った。


郊外に大型の駐車場を備え、巨大なフロアに、様々な専門店が並んでいるので

カートを押しながら、ほぼ全ての欲しいものが手に入る。

そして、そのまま車に積み込んで・・・自宅まで。

大きな荷物を抱えて、買い物をする 今までのスタイルとは

比べ物にならないほど便利である。


では、魅力的な店が集まっていて、便利な駐車場が有れば・・

お客は帰ってくるのか?・・・しかし、現実には・・・

さらにお客は減り、採算の取れない店舗は撤退し、シャッターが目立つ。

行政も地域の商工会と、様々な国の施策を利用して、ハードの整備を続ける。

しかし、全国的にも 上手くいってる例は少ない。


不便と便利の違いを 見て行くと・・・やはり違いは、駐車場と思う。

が、今回の記事は・・全く逆転の発想をしている。

車中心の商店街を・・・車を排除する商店街に!という記事だ。

商店街の中から、車を・・所によっては自転車まで、排除しようというのだ。

どんな効果が有るか・・というと

子供や高齢者に安全な 買い物スペースとしての商店街だ。

そのエリアには、車が入れないので 事故の心配は皆無である。


確かに現在の商店街は、店舗と駐車場が隣り合わせで

小さな子供は危ないので、お母さんは子供の手を離す事は出来ない。

高齢者も、荷物を持っておちおち歩いていられない。


買い物ゾーンと、駐車ゾーンを切り離した考え方は

確かに今までも有ったが・・・車を完全にシャットアウトする・・という

ところまでは、徹底できなかった。

というより、様々な地権者が混在する地域の 区画割りは容易ではないので

実現不可能と、計画すらされなかったのだろうと思う。


このまま商店街が無くなって、完全に空洞化が進めば

町の中心部は寂れれいて、端っこが盛隆している

しかし、中心部の地価は・・今なお高い・・・

固定資産評価は、相変わらず高いので

税負担は、不便な場所にも関わらず高いという・・・

分けのわからん現象が起こっている。

これでは、住む人さえいなくなってしまう。


現実には、中心部に住んでいる人は・・かなり少なくて

ドーナツ化現象により、ベッドタウンに多くの人は住んでいる。

そして、さらに地価評価の低い地域がベッドタウンになり

さらに、税負担の少ない地域へと・・・新築住宅地が広がっている。


これも・・多少の距離は何でもない・・便利な車を誰でも持っている。

そこの人口増に目を付けた・・食品スーパーや病院が出来る。

そこに今度は、イオンなどの大型SCが出来ると・・一変、便利な場所となる。


中心市街地に活気を取り戻すには、そこに住んでる人たち

お店の経営者「地権者」が

利己主義を排除し、この場所を何とかしたいと・・・熱望し

みんなで団結して、取り組むしかない。


みんなで、土地の有効活用を話し合い・・区画割りを実施し

今まで有った 都城大丸のような核店舗を中心に据えて、再開発を進める。


現実には、集客イベントの開催にさえも、眉をひそめて

開催に批判的な、お店のオーナー達が居る限り、かなり難しいだろう。


実際の例でも、店舗の移動は・・・してもいいけど・・

保証金はいくらだ?そんな金額じゃ?・・と、相変わらず利己的である。

これじゃ、やる気のある行政マンや商工会担当者も・・パワーを削がれる。

やはり・・・とんでもない カリスマ的なリーダーが必要だ。

商店街をまとめ、人の気持ちをまとめ、ぐいぐい引っ張っていくリーダーが。

| 活性化について

2011年02月21日

居酒屋ライブ


最近、行きつけの居酒屋「我が家」 牟田町のビルの奥に最近できたお店。

ここのメニューが好みのメニュー揃い・・おまけに、むっちゃ美味い。


串焼きも定番メニューなんだけど・・焼き加減が 絶妙なのかもね!

好きなのは、レバー 

刺しでも焼きでも・・美味いっす。(^o^)


あ、お勧めは「我が家丼ぶり」 焼き鳥どんぶり・・なんだけど・・

これが、絶妙のコゲ味で美味い・・・必ず注文しますな。

あ、そうそう・・・忘れちゃいかんのは・・手作り豆腐!マジ美味い。


という、居酒屋で・・・ライブでした。

オーナーがライブ好き・・と言うよりギター弾きなので、プレーヤー!


先日も来てくれた、ハワイアンなChyotia「チヨティア」&濱中裕二。

先日のライブも、すごく良かったんだけど

今回は、美味い料理を食べながら・・という、贅沢三昧わーい(嬉しい顔)

P1040189.jpg

いつもの仲間と、大いに盛り上がりました。


そして、ライブの後は・・・

一周「イッシュー」さんというプロのマジシャンも来てくれて・・いたので

テーブルマジックで・・またまた、大盛り上がり(^o^)

なかなか、楽しい よか晩でございました。

| 日記

2011年02月20日

辛すぎるお別れ


辛くない お別れが有るのかどうか・・分からないけど

今日 ヒロシが担当した お客様

昨日の、大規が担当した方と、年齢は変わらず・・お若い方だった

亨年64歳。


最近、生まれたお孫さんを お風呂に入れるのが、何よりの楽しみだったという。

聞けば 腕のいい左官さんとして 引っ張りだこだったそうだ。

自分の事よりも、人の事を大切にして 面倒を見るのが好きだったそうで

ご縁をいただいた、多くの方々が、お別れに見えられた。

IMG_6940.jpg

娘さんも 息子さんも まだ若く

娘さんのメッセージに「お父さん、今まで育ててくれて、ありがとう」

「こんな言葉は、結婚式の時に、親に感謝の手紙を書く時の 言葉だよね」

「お父さんは、人を大切にする人だったから、見習って自分も人を大切に・・・」

と・・・綴られていました。


ご夫婦の出会いは、ご主人が 奥様に一目惚れされたそうです。

お別れの最中・・・奥様も子供さんも、棺から離れず、すがり付いていました。

IMG_6963.jpg


担当のヒロシも、そばで見ていて辛かったと思いますが

やはり・・・・空気を読むセンスは、当社でも抜群だと思う。

お別れの間・・・微動だにしないで・・ただ立っているだけ

これが大切です。


ここで時間を気にして、時計を見たり ウロウロするのは禁物です。

写真を撮るのさえ、気を使います。

確かに、火葬場には予約を入れているので、いつまでもOKではないけど


目を配り、間を読む 空気を読む・・・そうとうアンテナを張っていないと

気配りや心配りは 出来ません。

「お客様第一主義」ですから・・・何とかします。

この「何とか」・・は、ノウハウだと思う。

IMG_6979.jpg

だから、ただ単に・・・スムーズに、事を進行するばかりが、仕事ではなくて

何もしない事が、大切な時も有る

最後の最後・・・お別れの時は、せめて そっとしておいてあげたい

| 日記

2011年02月19日

お客様担当は・・・


今日の、あじさいホールの、お客様担当はタービー大規です。


まだまだ若い、亨年65歳・・・10年ほど前に脳内出血で右半身が麻痺してしまい

ご家族も含め・・大変ご苦労をされたようでした。

故人は農林水産省という、官庁に勤務されていたので転勤も多かったそうです。

娘さんのお手紙の中に、その事についての記述がありました。


とても厳しい父に反発していた頃の事・・・

それでも、不慣れな土地での我が子を思いやる、優しい父の姿・・・

でも、素直になれなかった頃の事・・・

しかし・・

病に倒れ・・それでも、強く頑張る父の姿に胸を打たれ・・・

これから生きて行く自分たちの、心の糧として・・

父の面影は、これからも存在する事・・・・

やっと楽になれたね・・・という ご家族の最後の言葉・・

IMG_6852.jpg

担当者は、そのご家族の心のケアも 心配りしなければならない。

「目配り 気配り 心配り」当社のスローガンであるが・・・


タービー大規・・・とても素晴らしい社員であり、若者である。

特に気配り、心配り・・は抜群のセンスを、持っている。

お客様の心理を読み取り、話し方や動作にも気を使い

また、式のスムーズな進行にも、配慮や気配りが利いている。

同年齢のヒロシと言い・・・つくづく年齢は関係ない・・。


この2人は、お客様のアンケートでは、毎回褒めて頂く。

一生懸命さと、細やかな心配りが、そういう評価を頂けると思う。

IMG_6914.jpg


お客様の立場になって・・行動できる。

当然、言葉遣いにも 動作にも・・それが出てくる・・・

当たり前の事なんだけど、出来ない人はとても多いと思う。

常に、その事にアンテナを張っているかどうかだと思う。

| 日記

2011年02月18日

結構見てるようです


この、ブログ・・・結構、色んな人が見てるみたい(◎-◎)

先日会った、とある会社の営業マン

初対面だったけど・・・いろんな事に詳しい・・・聞くと

あ、ブログ見てますから Σ(゜◇゜;) ゲッ

営業に行く前にホームページをチェックするのは、当然だわなーー

ちょっとは・・真面目な事も書いとかないといかんかなー


昨夜は、ライオンズクラブの2月例会でした。

協議事項は少なかったんだけど、クラブ仲間が先日亡くなられて

会長が弔辞を読んで、みんなは参列して下さった。


昨夜の会議でも、その話が中心で・・・でも、実感が全くわかない

もう二度と会えないのだ、以前のように長話に付き合えないのだ

延べ600人ほどの方々が、弔問に訪れているが・・それぞれに本人と縁の深い方

ご家族と縁の深い方が来られて、急逝に驚き ご家族をいたわる姿が・・・。


謝辞の中で、県外で働くご長男が「母を頼みます」と、述べられた。

地域の中で共生しながら、私たちは生きている。

地域の友人 知人に支えられながら、誰もが生きていると思う。

俺が俺が・・という、人も稀に見かけるが、「お互い様」が、心のより所となる。


ライオンズクラブでは、ボランティア事業を事業の柱とする。

We Serve:我々は奉仕する

そして、Each for All and All for Each

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」を提唱している。

他にも、献血、献眼、献腎への取り組みや 子供たちへの育成事業

海外研修や、ホームスティの受け入れなどの事業もあり多岐にわたっている。


アメリカでは、裕福な人が恵まれない人に手を差し伸べるのは・・当然という

風潮があるようだが、日本はどうだろう・・

最近、伊達直人という名前でのボランティア活動が「伊達直人現象」とか

言われている・・現象?  こういうとらえ方は、どうかと思うが

無縁社会・・と言われて久しい日本

この活動に感動した人たちが・・贈り物をする風潮は、一過性の流行ではなく

常に有っていいのだと思うし、組織でなければ出来ないという事も無い。


隣人を愛する運動が広がれば、昔の日本には普通に有ったはずの

絆社会という 現代人に最も大切なモノを取り戻せるかもしれない。



最近増えたと思う「家族葬」も

隣人を拒否しているようで、悲しくなる時が有る。

家族の知らないところで、故人は周りの方々を大切に生きてきたはずである。

ご縁の有った方や、お世話になった方は・・最後にお礼を言いたいはずである。


だから、家族限定とする・・・今の流れを

家族と、故人とゆかりの有った親しい方々・・まで、範囲を広げる事を勧めたい。

きっと、故人と家族、そして縁者・・・・納得の一番良い送りになると思う。

その事で、わずらわしくなる事や、手出しのお金が増える事は・・

まず無いと・・・当社ではアンケート及びデータも有る。


面倒だからと言う理由だけで「家族葬」を選ぶ方が、弊害が多い。

その事も、確認済みである。

「家族葬」を考えている人は、今一度考えて欲しいし

その事で、不安や疑問が有れば 気軽に相談に来てほしいと思う。

| 日記

2011年02月17日

ノウハウの伝達


ノウハウ:経験から習得し、蓄積された知識や技能


実は、これ以外に・・・一番大切な事が有るんだけど・・・

それは、さすがに「なんだこいつ」と思われるので・・・

ブログには書けません(≧ε≦)ププッ

気になる人は、メール下さい。


でも、その・・ワビサビを理解してもらう事が難しいと思う。

自分も聖人君子じゃないから・・くだらん事に怒ってみたり

嫌な奴には、それなりの態度で接してしまうし・・仕方がない。

その程度の自分が・・・伝達できる物があるのか?と聞かれると

ちと、恥ずかしい。(≧ε≦)プッ


ただ、長年・・仕事もイベントも、やってきた中で・・思う事は

ノウハウを伝達する難しさ・・自分では分かっていて

そこから先には、伝える事が出来たとしても・・

難しいのは・・その先だ 伝達するためのノウハウがそこに存在する。


これは、自分がリーダーを育て上げても、そのリーダーが・・

次の人を育てて行く事が出来るか?

組織の中で、一番難しいのでは?と思う。

学生時代にスポーツ部の キャプテンとかを経験した人なら

何となく、理解してくれるかもしれない。


頭だけで、物事を判断しようとするタイプは・・なかなか、難しいと思う。
| 目標を達成する方法

ノウハウを伝達する


リーダーづくりで、一番大変なのは・・・ノウハウの伝達だろうと思う。

これは、会社社長が引退し・・例えば息子さんへ引き継ぐ時にも

同じ事が言えると思う。


自分が創業者であった場合・・仕事を覚え、資金を調達し、店舗を構え

お客様に支持され・・・・経営を行う。

途中の様々なトラブルを乗り越えて、解決するたびに、ノウハウが蓄積され

現在に至っている・・と、するならば

その、長時間かかって作り上げた・・または学習したノウハウを・・いかに

勘違いさせずに、効率よく伝えられるか?


この部分は・・・

リーダー育成や後継者育成・・という書籍が売れ

セミナーも数多く開催されている事を見れば、大切で難しい・・という事がわかる。


いずれ、自分にも その時期がやって来るわけだけど・・・

自分は世襲にこだわっていないので、気持ち的には楽である。


負け続けているアメフトチームのオーナーが、一番強いチームを作ってくれ・・と

有名なコーチに、頼み込んだ。

そのコーチは、それでは負けず嫌いの選手だけを集めてくれ・・と申し出た。

テクニックだけでは、勝てない。負けることが一番嫌いなヤツだけだ。

精神的に弱い奴は、イザと言う時に使えない。


この事は、リーダーを育成する時にも、言えることで

仕事が上手いからという理由だけでは リーダーは決められない。

目標に対して執着心を持って、それを成し遂げるために工夫出来る人が

リーダーには求められる。

もちろん人に支持されない性格では、それ以前の問題だけど。


だから、ただ性格がいいだけでもダメなのである。

仏様のような人・・と、形容される人がいるけど

それが、事業の繁栄と比例するかは・・・どうだろうか?


個人経営で、自分たち家族が幸せならば・・それは、とてもいい事だけど

会社には、社員がいて・・家族を養い 生活している。

昨今の大不況や 就職難も有り・・その中で、ライバルと差別化を図る。

なので・・・・商売とは、利益を出し その利益を有効に使う。

家族を守り、社員を守り、地域に貢献する・・ギリギリの経営では

きれいごとも言えなくなってしまう。

この話も長くなりそうな気配だが・・・

| 目標を達成する方法

2011年02月16日

勉強会


昨夜は、税の勉強会でした。ここ最近、ちょっと疲れていたんだけど

相続税などのテーマも有ったので、この機会に勉強しておこうと・・

行ってまいりました。

P1040178.jpg

さすがに・・・途中、睡魔に襲われたが・・・講師の先生が面白くて

法人税なども楽しく勉強できました。

ま、イザとなれば、その方面に詳しい友人が何人もいるので・・

心配には及ばないが、お客様が相談に見えられた時に・・

即座に答えるためにも、必要な知識である。


その後、牟田町で・・・

今日、お勉強した仲間たちと・・・さらに交流会。(≧ε≦)

会社経営の話に花が咲いて、(゜O゜;アッ!という間に4時間も・・

なかなか、楽しくためになる・・・一日でありました。
| 日記

2011年02月15日

あじさいホールで


ここ最近、若い方の お葬式が多いと思う。

亨年64歳だから・・・満年齢では62歳、今年の7月に63歳になる方である。

昔の人生50年時代から、考えれば・・・平均寿命が大幅に伸びたので

60代は、とても若い事になる。

IMG_6660.jpg

私も、ずいぶん昔から 親しくさせて頂いてる方だったので、驚いている。

建設業を経営され、技術と人柄の良さで・・人気の会社だった。

それを、象徴するべく・・・昨夜のお通夜から 今日の葬儀にかけて

多くの方々が訪れた。

IMG_6671.jpg

また、ライオンズクラブの仲間なので・・一緒に行動する事が多かったし

先日の新春会では、一緒に盛り上がって、2次会にも来てカラオケも歌った。

人生とは分からないもの・・・必ず明日が来ると・・誰も断言できない。

来るかも知れないし、来ないかも知れない


ご長男が、謝辞を述べられた

父とは、卒業後・・県外に就職し・・多くても年に数回しか会えなかった。

子供をとても大切にする父だった・・と、思い出をかみしめるように

ぽつりぽつり・・と、話された。

残る母を・・皆様方・・どうか・・と、言ったところで

我慢していたんだと思う。涙が・・せきを切ったように、流れた。


IMG_6710.jpg


私も良く知っている・・・子煩悩な人だった。

部活に燃える子供たちの応援に、遠いところまで、良く行っていた。


シャイで、優しくて・・・飲むと・・・話しが大好きで

長話に何度もつき合わされた事も有る・・・

こんなに急に、お別れの日が来るとは・・誰もが信じられないと・・。

別れを惜しむ人たちが・・大勢、見送りに来てくださった。

せめてもの・・旅立ちの日・・・今日は、降灰も無く

霧島連山も綺麗に見えて・・・暖かい日差しが、降り注いでいた。


IMG_6735.jpg
| 日記

2011年02月14日

バレンタインデイ


今日は、バレンタインデイだったので・・社員や友人から

義理チョコが・・たくさん届いた。申し訳ないけど・・ありがたい事だ。


そんな日・・今日は、各会館で 4件のお葬式が営まれた。

社員みんなで、各会館を分担し・・私は、高原会館で午前・午後と・・勤めた。

IMG_6709.jpg


・・どちらの方も、若い方だった。

午前中のお葬式の方は、私と同級生だ・・・知り合いではないが

お子さんは、娘2人・・・同じだなーーと思いながら、式典を進行する。

その、2人の娘さんが・・お父さんへの お手紙を読んだ


愛する者との別れは、辛い・・・それは、誰でもわかっている

今日の、娘さんの手紙は・・・胸が熱くなった。

お父さん・・という存在・・・

いなくなってから、こんなにも・・大きい存在だったとは!

よくケンカもしたねーでも、大好きだった・・と、綴られていました。

IMG_6735.jpg


高原町は・・新燃岳の噴石・降灰が有り

今度は雨が降って、土石流の危険性が有ります。・・・今、大変な時です。

でも、どちらの お葬式にも多くの方々が お越しくださいました。

これが、田舎ならではの良さなのかも・・と、思う。

身近な人・・友人、知人・・多くの方々に見送られて・・・静かに旅立ちます。

IMG_6764.jpg



午後からの ご家庭は、私が昔から知る方でもありました。

42歳の時 仕事中に薬品の爆発で、失明し・・・・

でも、不屈の精神で・・様々な事にチャレンジして

当時、とても難しかった「アマチュア無線」の国家試験を 

奥様と二人三脚で 合格しました。


それからは、健常者でも出来ないような・・難しい事にチャレンジして

周りの方々を、驚かせ、感動させました。

きっと、その行動力に励まされ・・元気づけられた方も多かったと思います。


式典の中で、お孫さんが「献奏」 ピアノの演奏をしてくださいました。

おじいちゃんは、入院してから・・お孫さんの、成長に触れる機会が減りました。


長い間、入院していた おじいちゃんに、今日は 3人のお孫さんが・・

一生懸命に練習した ピアノを披露しました。

可愛い お孫さんの成長ぶりに・・目を細めながら、聞いておられた事と思います。


演奏の間、お客様方も  目をぬぐう人の姿が 多く

いかに、大切な存在だったのか・・・最後の最後・・お葬式の この場所で

大切な、大好きな おじいちゃんのために・・何か出来る事を・・と

亡くなられてから、短時間にもかかわらず・・一生懸命に練習されたそうです。

IMG_6791.jpg
| 日記

2011年02月13日

自己採点表の返却


みんなが出してくれた、自己採点表を読ませてもらい

一言メッセージを書いて、返却する。

たったこれだけの事だが、毎回かなり時間がかかる。


適当に返却できない事と、問題点を探り・・・ベストな解決策を

コメントとして書いておく。

なので、普段の様子をじっくり見ていないと・・アドバイスできない。

P1040166.jpg


先月の忙しさで・・・鍛えられたのか?新人3人のレベルが上がっている。

みんな同じように成長するとは思っていなくて、ちょっと時間のかかる人もいる

ただ、怠けていて・・伸びないのなら・・見ていて分かる。


怠けるようなメンバーは居ないが・・技術を無理に伸ばすことよりも

それなら、一生懸命さや ご家族を思う優しい心を 伸ばしてほしい。

その方が、ご家族にとっては、よっぽど嬉しいスタッフである。

テキパキとこなす事も・・とても大切だけど、心を配るスタッフの方が

お客様は何倍も嬉しいはず。



以前、斎場(火葬場)主催で、市職員と葬儀社との懇親会が開かれた。

葬祭業者だけなので、安心しているのか

自社で施行したお客様の、悪口を披露し合っていた。

さすがに、社長でその話に加わる者はいなかったけど・他社の社員たちだ。


そうとう、日ごろの不満がストレスとして、溜まっているのか?

そのテーブルだけ、わいわい盛り上がっていた。

確かに、とんでもない無理難題を依頼する人は、稀にいる。

別に、怒らなくてもいいのだ、きちんと説明をすればいいと思う。


そのお客様が下さる お金であんたらは生活できてるんだよ!

子供を育て、毎日の日暮らしをさせていただいている。

そんな事は、言われなくても分かっているだろうが・・・心の中は

そういう気持ちで お客様と接しているってことだよね。


ちょっとでも、面倒な事を依頼されると・・あからさまに嫌な顔をする。

または、心の中で舌打ちして 顔は笑っているのか?

いずれにしろ・・社長をしている私としては、そんな社員はいらない。


だから、うちの会社は・・経験者を雇わないと決めている。

素人に教えて行くよりも、そんな人間の心を変えて行く方が大変だ。


葬儀社を何社も渡り歩く人に、この傾向は強いと思う。

お客様よりも、自分を優先する・・・でも、勤務した会社の社長には

とても従順であるかのような・・フリ・・振る舞いをする。

実は・・・何か有ったら・・・辞めれば済むと・・心の中では思っている。

こういう社員がいたら、会社の評判は口コミで・・どんどん落ちて行く。


だから、組織は「人間力」なんだ。

人材は、部品ではない 「人財」 宝なんだ。

| 日記

ちょっとハードに・・・


昨日から、今日にかけて・・・お葬式のご依頼が続き

アイワホール各会館とも、忙しくなっております。

さすがに、休みの社員を呼び出せないので・・

何とかみんなで協力し合って、傍楽(はたらく)を実践している。


こんな時は、普段しないようなミスを出しやすい

ミスは、出した本人だけでなく・・・仕事仲間にも迷惑をかける。

ひとつひとつの確認と、想定される状態をその都度予測し、準備しておく。

そういう事態に、ならなかったらOKで

想定外でした・・というのはミスだ・・というくらいの気構えで

事に当たらなくては、と思う。


お客様の予測は・・・ご家族の当事者でも外れる事は・・良くある。

そういう段取りの悪さを、お客様のせいにする事は出来ないから・・。
| 日記

2011年02月12日

段取り


段取り・・本番前の準備・・と、考えると

いつも、言っている「準備が100なら・・・」と、なってしまうのだが

事前準備の100なら・・・実は時間の猶予が有る分・・誰でもできる。

しかし、本番中にも・・次の行動に移るための・・段取りが存在する。

これは、全ての動作が頭に入っていないと・・・ぎこちない動きになる。


ぎこちないなー・・・その程度で済めばいいが

その動き・・一挙手一投足を お客様は見ている。当然・・私も見ているが・・

それを、フォローできるのは・・・ひたすら一生懸命な姿なんだけど・・

やはり、プロフェッショナルならば、出来て当たり前のレベルにはなりたい。

| 日記

霧島おろしが・・


霧島連山から降りてくる、冷たい北風・・通称「霧島おろし」

しばらく暖かい日が続いたと思ったら・・・今朝は雪もチラホラ・・


おまけに今日は、風の強い日です。新燃岳の降灰が 舞い上がって

あたり一面、スモッグ状態だ。

山田会館は、西向きに入り口が有るので、自動ドアが開いた途端

一応、風除室は有るんだが・・・ロビーの中まで、粉のような灰が舞い込んでいる。

早く収まって、くれんかなー┐(´-`)┌

毎日、噴火してるんで・・掃除をしてもしても・・追いつかない。


今日は、夏尾町のお客様だったんだけど・・・避難勧告が出ているので

危険回避も考えて、病院から直接、山田会館にお越しいただいた。

夏尾町は大変な事になっている、連日の報道映像でも・・・灰が積もっている。

昨年夏に水害に見舞われて、河川の氾濫などで、田畑が被害を受けたばかりだった

何とも自然が相手だけに・・・怒りの矛先をどこに向けようもないが・・


友人のブログによると、県外からもボランティアの人たちが

灰などの清掃作業に来てくれているそうだ。

ありがたい事だと思う。

献血のスローガンだけど・・・人を救えるのは、やっぱり人なんだね。


そう言えば、今日の宮日に血液が不足していると・・書いてあった。

うちのライオンズでも先日開催したが、やはり冬場は献血者が少ない。

風邪引きさんが多い事や、寒くてなかなか来ていただけない。

今回は特に、鳥インフルエンザに加え・・新燃岳の降灰とダブルパンチだ。

でも冬場は血管の病気も多いので・・大きな手術も多いんだよね。


外出すれば・・マスク着用でも、体は灰まみれになってしまう

車に乗っていても、トラックの後ろを走ろうものなら・・前が見えない

今日も山田会館からの帰り道・・・砂嵐の中を走ってる感じだった。


地中に溜まった巨大なエネルギーを すべて放出するまでは、続くんだろうなー

| 日記