2011年03月14日

支援の輪を広げたい


ほとんどの人たちが、自分にも何か出来る事はないか・・と

考えているようで、募金を仲間内で集めて送ろうか?という話が来た。

その中で、付き合いのある会社が取りまとめをしてくれるという。

ありがたい事だ!


1人1人の力は、ほんとに小さい・・・

だからこそ、みんなで団結して・・自分たちに出来る事をしようと思う。

海外からも、多くの方々が救援に来てくれている。

自国の私たちが みんなで力を合わせれば・・復興までの道のりを

もっともっと縮める事が出来ると思う。



先日の「節電のチェーンメール」の件だが・・

友人からメールが来た・・・2チャンネルでは

知ったかぶりの・・・ネットオタクたちが

「俺らは60Hzの地域だから関係ないわ」と、完全に対岸の火事だと・・。


そんな薄情な連中の言う事は・・見たくも聞きたくもないが

エネルギーという事を考えた時に、電気自体は蓄えがきかないけど

発電するためには、エネルギー(燃料)が必要だという事が分かっているのか?


火力なら、天然の燃料、天然ガスや石炭、石油などが必要だ。

全日本的に節電する事で、どれほどの燃料を、必要な所に回せることか・・

ただ単に・・電気を送るという、それしか見えていない。


それに、一番大切な事・・・思いやる心

被災地でのテレビ報道を・・どんな気持ちで見ているんだろうか?

先日のテレビで・・

海に向かって「おかあさーん」と、何度も叫んでいる子供が、写されていた。

胸が締め付けられるようだった。

妻と子供の手を握って、懸命に走って逃げたが・・・妻と子供は

濁流に呑み込まれてしまった・・という男の人も・・・。

現場では・・・想像を絶する事が起こっていたのは 確かだ。

| 日記

テレビでは・・


震災後、テレビでは毎日惨状が報道されている

CMも流れない。

昨夜は遅くまで、友人と電話で話をしていた。

マスコミ関係の人にとっては・・・今回の事には

報道の仕方について、様々な想いがあるようで・・・


結局、様々な情報は・・・マスコミが流すものから派生しているわけで

その中から・・デマなども生まれていると・・・。

放射能汚染についてのデマは、酷いものが多く

死の雨や、死の雪が降ってくる・・とか、ヨウ素を摂取しろとか・・

不安をあおるものが多い。


本当に必要なら記者会見という形で、発表があるわけで・・

しかし、この記者会見がオブラートに包んだような報告である。

なぜ、はっきりと言わないのか? 言えないのか?

だから、情報が迷走しデマが流れる。


彼が言うには、報道規制が敷かれているという。

ここまでは言っていいが、これ以上は言うな・・と。

そう言えば・・・記憶に新しい「尖閣ビデオ」の件などもある。

確かに・・未確認のまま、報告は出来ないだろうが

正直に現状を伝えないと、見ているだけで不安になる。


実際に原発の爆発を見た人がいるわけで・・これが炉心であれば

チェルノブイリの再現で、大変な事態である。

あの時は、事実を公表しなかったがために・・大惨事になってしまった。

放射能汚染は、日本だけの問題ではなく・・地球全体の問題だし

将来のエネルギー事情を考えると、原子力に頼らなければ

化石燃料はいずれは、枯渇する。


多分・・今後、原発の建設については・・

大きな議論になると思う・・それも世界レベルで・・・。

| 日記