2011年04月30日

GW


巷では、ゴールデンウィーク・・

長いところでは10日間も休みがあるそうだ。


葬儀関係の仕事には、休みは無い。年中無休24時間営業

33年もやってると・・別にどうってことは無いんだけど

社員は違う。慣れるまでの間は大変だろうと思う。

だから、仕事量よりも若干多めの社員がいる

ローテーションを楽にして、きちんと休みが取れるようにしている。


昔、家族だけでやってる頃は・・・そんな事は出来なかった。

だから、子供たちは、どこにも連れて行ってやれなかった

想い出も作ってやれず、可哀そうな事をしたなーと思っている。


あの頃は創業時の借金が重くのしかかり、満足に食べられない日々が長かったから

今は、仕事をさせて頂けるだけで、生活ができありがたいと思う。

休みが欲しいと・・当時は思えなかった・・・というより

そんな贅沢をいう余裕は無かった、生活に精一杯だった。


しかし・・・社員たちには家族が有り、子供がいて・・・私たちと同じように

きつい思いをしなさいとは言えないので、私たちはGWは率先して仕事だ。

小さい子供のいる社員を優先して、休みを取り・・家庭サービスもして欲しい。


その事で、不満が解消されれば・・出社してきた時に

連休中に頑張ってくれた、仲間の社員に感謝し頑張る事が出来る。

ただ、連休でゆっくりできるわけではなく、逆に疲れるはずなので

体調管理し、睡眠はしっかりとって・・出社した時に、いい顔をしてて欲しい。


新入社員も、そろそろ1ヶ月・・・意味も分からず、多くの現場を見てきた。

5月からは、次のステップに向けて1つずつクリアして行こう。


さて・・いよいよ5月、年度末の決算準備で考える事も、やる事も多い。

仕事以外の催事や会議もすでに、いくつか入ってきている。

自分自身も体調管理し、運動不足も睡眠もしっかりしなければ・・・。
| 日記

2011年04月28日

チャレンジする事


大事manブラザーズバンドの「それが大事」という曲の歌詞・・・

リフレインの部分の

「 負けない事 投げ出さない事 逃げ出さない事 信じ抜く事

   涙見せてもいいよ それを忘れなければ  」


シンプルで当たり前なんだけど・・・元気にさせてくれる歌詞だと思う。


人は誰でも、行動の選択を繰り返しながら・・・人生を歩んでいるが

その選択の仕方で、その後の人生を大きく変えてしまうと思う。

どちらを選んでも同じ・・・という事はないのではないか


迷った時に・・どちらを選ぶのか? 三叉路でどちらに行くのか?

時には・・・もっと複雑な、五叉路や六叉路も有るかもしれない。


簡単な例だと・・自分の一日の行動だって、その繰り返し

朝・・・何時に起きるか?

昨夜遅かったから、あと30分寝ていよう・・・・と思うかもしれないし

寝坊したら大変だし、朝食もしっかり取りたいから早めに・・と

思うかもしれない。


大事な仕事も午前中に済ませられれば、午後からの空いた時間で

お得意様を、何件か回れるかもしれない。

でもアポも取ってないし、急に行っても迷惑になるかも?と思えば

行く事が出来ないし、行かなかった自分への言い訳にはなる。


このブログの中で、何回も書いているが・・・こういう行動や思考は

その人の「 傾向 」 クセである。

積極的な思考の人・・・すぐに行動する人・・・そういう傾向にある人


しかし・・・迷いが無いわけではなくて・・・決断が速いのだ。

迷った時に、プラスの方を選べる人・・たいていプラスの決断は・・・キツイ

だから、迷った時にキツイ方を選べる人なのだ。


チャレンジ・・・挑戦・・・楽な事なら挑戦とか言わないだろうと思うので

チャレンジ「挑戦」は、通常キツイ事だと思う。


何かにつけて・・・言い訳をしながら、簡単な道を選んでいるA君と

がんばろう・・と、言いながら、キツイ道を選んでいるB君がいる。


この2人の、将来の姿は・・・・夢を叶えているのはどっちだろうか?

もし・・同じと思う人がいたら・・・その人は

今までに大した決断をしてこなかった人・・または誰かのお蔭で生活している人

かもしれない。


違うはず・・と、答えた人は・・・どこが違うのか分かっているわけで


そこまで分かっているのに・・・

三叉路で迷ってしまい、楽な方の道を選んでいる自分がいる。

そして、それは・・・私が毎日・・「キツイなー」と思いながら

チャレンジしている事でもある。

| 目標を達成する方法

プロとしての誇り


今日は・・社員を見ながら・・そんな事を感じた日でした。

山田会館で、午前10時から開式と・・・中霧会館で、午前11時からの開式

1時間ずれてるので、大丈夫そうだけど・・式は約1時間かかるので

10時から葬儀の出棺時間と、次の開式時間とだぶってしまう。


会館は50m以上離れているので、干渉しないんだけど・・・

さすがに・・・若干長引いたので・・・次の開式に5分ほど間に合わなかった

走って行ってみると、すでに読経が聞こえる。

担当のイケメン平山・・覚悟を決めて進行したようだ。


様々な要因が絡んでの、日時決定だけど「お客様第一主義」

お客様が願われるように、出来るだけ意向に合わせて努めたい。


10時から開式のお客様は、担当の修行クンと・・

友達のように打ち解けて、打合せをしている。

ん?知り合い? と、思えるほどの・・スムーズなやり取りである。

お客様も・・話しやすい雰囲気に、気軽に何度も質問をしている。

最近特に、気配りや心配りの配慮が、素晴らしいので、その結果かも?


IMG_9425.jpg


11時からは、イケメン平山・・子供も出来て、ますます気合が入っている。

彼もまた、お客様とのコミュニケーション能力が素晴らしい。

見栄えがいいだけでなく、仕事中の所作も・・・機転が利き・・安心感がある。

通常なら、このレベルになるには何年もかかると思うのだが・・・

見えないところで、努力してるんだと思う。


IMG_9240.jpg


中霧会館は、50〜60名程度の小さなホールだけど・・・

ご家族と近親者のみで使うには、とても使い勝手がいい。

本館と離れているので、事務所の電話音も聞こえないし・・自分たちだけの

貸切スペースなので、ゆっくりと過ごせる。

設備としては、平成20年に完成したので・・・最新の設備が導入されている。

今日の洋花アレンジ祭壇も・・・ホールの内装と良くマッチしていると思う。


IMG_9213.jpg

| 日記

2011年04月26日

久々・・深夜にレコードを・・・


最近、なかなか疲れが取れなくて・・・動きが悪い。


今、明日の原稿を書きながら、レコードを聴いている。

真空管の音色が・・・古いコーラルのスピーカーに良く合う。

真空管は6AQ5プッシュプル、前段は12AX7です。

DVC00108.jpg


昔は・・・廃棄されたテレビをぶっ壊して部品を取り

水平偏光出力管をパワー管にして、アンプを作ってたなー

あの頃作った自作のアンプは・・どこへ?・・などと回顧しながら

今日は、さだまさしのLPレコード「帰去来」を聴いている。

DVC00111.jpg


レコードの掃除が行き届いてなくて・・チリチリと針の音が・・・

ま、これもレコードの良いところか?

懐かしいメロディーと・・・真空管独特のふくよかな音に癒される。

| 日記

今、出来ること


昨日、口蹄疫の感染疑いの牛が 都城市内で発見されたが

前回の教訓が生かされて・・・通報が早かった。


口蹄疫ではなかった・・と・・・(´▽`) ホッと一安心。

昨夜、畜産業の友人から電話で・・・ひょっとしたら!と、電話が来ていて

え?! マジ・・このタイミングで?!  と、引きつったんだけど

ホントに良かった。


で、その電話での話の中で・・・あれから1年過ぎて・・・

最近、防疫意識というか・・消毒の徹底がされていないように感じると

言う事だった。

また、普段の生活を取り戻しつつある時に・・・ちょっとした油断が

出てきているように感じると・・・。


今回の件は・・・たまたま陰性だったが、この恐怖を教訓として

再度、初心に帰り・・引き締めなければならないと思う。

もう・・あの・・戦場のような悲惨な光景は見たくない。


今出来ることを、それぞれが考えて行かねばならない

家畜に接する人は、畜産業の人でなくても・・・徹底した消毒と防疫を

特に、畜舎のあるところに車で乗り入れる人も注意が必要だ。


震災の被災者を西日本から救おうと・・・みんなが応援している時に

宮崎県民の気の緩みを、全国から指摘される事にも・・なるだろう。


口蹄疫で被災した方々が、早く普段の生活に戻れるように

そして、全国から頂いた暖かい支援の恩返しを・・・

今度は、東日本へ向けて返していかなければならないと思う。


やらなければならない事は、たくさんあると思う。

最近は、行き過ぎた自粛ムードはやめて・・・経済を活性化するために

普段の生活に戻りましょうと、考える人が増えてきた。


しかし、問題は次々に出てくる

長期間まとまった雨が降らないために・・ダムが枯渇し・・・水不足が起きている。

農作業が本格的にスタートする時に、飲み水にも影響が出るかもしれない状況。

行政も節水を呼びかけている。


梅雨時期になって、まとまった雨が降ると・・・今度は新燃岳の土石流が心配になる。

現在、堆積した火山灰を除去し・・・梅雨時期に備えているようだ。


もしも・・・のために避難場所の確認や、連絡方法の確認ができているのか?

雨が降り続いたときに、避難指示に従い素早く非難する事。

突然降りかかってくる・・・・震災や家畜伝染病・・・

でも、不幸をバネにして・・・私たちは、学ばなければならない。

| 日記

2011年04月25日

講演依頼


先日、とある市の団体様より「講演依頼」なるものが来た。

以前は、行政や商工会から頼まれて、宮崎県内各地から

鹿児島、大分、福岡・・と、出かけていた時期が有る。


最近は、仕事量が増えたのと、様々な会の役員を務める事が多くなり

なかなか日程の調整が出来ず、お断わりするケースが増え

そして・・・それっきり打診も来なくなってしまっていた。


今回の依頼は・・「生涯学習」の勉強会の講師である。

高齢者のための勉強会と聞いているが・・・参加は誰でもOKという事だ。

まだテーマを決めていないが、そろそろ受講生募集を始めるらしいので

何か考えねば・・・


最近は「老いる」をテーマに、各地でセミナーが行われていて

後悔しない老後・・・自分の歴史を振り返る・・・そして自分らしい葬儀

というテーマのセミナー受講者が、多いと聞いている。


確かに・・・漠然と知っていても・・・理解している・・とは言い難い。

何となく・・こうなんじゃないか?と・・

仕事柄、そのようなテーマの話であれば、何時間でも話せるのだが

事前に聞きたい事を、いくつかピックアップしていただいて

そこから掘り下げて行く方が、より充実するのでは?とも思っている。


先日の「家族葬」の勉強会も・・・ビックリするほど多くの方々にお越し頂いた。

そして質問コーナーになると・・・現実的な質問がどんどん飛んでくる。

いかに関心が高いか・・そして現実には、分かりにくく・・聞きにくい事なんだと

改めて感じたところである。


この仕事に携わって33年目・・・こうなればいいのになーと、思う事も多い。

しかし・・・社会のシステム上、どうにもならない事も有るし

希薄化した人付き合いと、関わりを遠慮する風潮に・・・危機感も有る。

だからこそ・・・・「老いる」をテーマに思う事も多い。


楽しく、生きがいを持って過ごすための上手な方法

高齢者になってから、始めてみたい事・・・

子供や周りに・・・迷惑をかけないための、考え方と具体的な方法など


作者不詳の有名な詩だが・・・こんな言葉がある

「 子供叱るな 来た道だもの
 
    年寄り笑うな 行く道だもの

      来た道 行く道 二人旅

         これから通る 今日の道

              通り直しの できぬ道 」

| 日記

おはようございます


ここ数日は、会の会計監査、反省会・・新築祝いと

飲み会続きで睡眠不足・・・昨夜は、とっとと寝ました。

あ、ではなくて・・・・いつの間にか・・・寝ておりました。


お蔭で今朝は、スッキリ(。・_・。)ノ

仕事も忙しくなっておりますので、集中して臨みます。

今月も残すところ数日、来月は、会計年度の最終月

行動スケジュールを再検討して、効率よく動かねば!

それでは・・・
| 日記

2011年04月23日

今から・・・打ち上げです


打ち上げと言うと、単なる飲み会と勘違いされるので・・

反省会です。(≧ε≦)プッ


あ、今日の・・初対面の・・・

スムーズに商談もまとまり・・なかなか、良かったです。(^O^)

南よこいち会館が、集合場所としてベストだったので

そこで・・と・・決めたら・・・お仕事の、ご依頼を頂きました。



| 日記

初対面の人と会うときは・・・


最近は、特に・・・初対面の人と会う機会が多いなー

年度替りで、新任の挨拶や・・・今までオファーの無かった会社なども

ありがたい事なので、できるだけ時間を作って会う時間を作ろう。


ま、たまーーーに・・・アレレ? と、感じる時もあるけど

初対面の時の、要領って・・・有るよね!

仕事的に、いつも同じ人と仕事をしている訳じゃないので

うちの社員達も・・自然にそのノウハウが、身についているみたいだ。


さて、行きますかな

詳しい事は、また後ほど
| 日記

2011年04月22日

チャリティーライブ


昨夜は、牟田町にて チャリティーライブでした。

前回のライブは、わたくしが務めたのですが・・・

今回は「さゆり嬢」のピアノライブ。


仕事が長引き・・・遅くなってからの参加でしたが

久々に見るお友達が・・・客席に

今日は、午前午後と お葬式が有るので・・早く帰らねば!!と

思っていました。  が・・・酒が進むにつれて・・話に花が咲き・・・

代行に電話したのは・・・午前2時前 (・_・;)ヤッパリ

1P1040943.jpg


それはそうと・・・ヤフーオークションに出ていた

YOSHIKIの クリスタルピアノ・・・いたずら入札が有ったみたいで

現在・・・53,057,000 円となっています。

それにしても・・凄い金額です・・・プレミア度を考えるとそうなのかも?

いやいや、お金持ちの方々には大変ありがたいですね。

全額、被災者に寄付されるのですから・・・。

| 日記

2011年04月21日

止まない雨はない


東日本大震災の津波で、打ち上げられた車のボディに

「 止まない雨はない 」と、書かれていたそうだ。

同じように比べる事は出来ないが・・・宮崎県も、あの悲惨な口蹄疫から

徐々に復興の兆しを見せている。


九州にいるので現地の事は、テレビの画面でしか窺い知る事は出来ないが

悲しみで沈んでいる姿よりも、前を向いて歩き始めた姿が目立ってきた気がする。

一時は・・あまりの大惨事に声を失い・・・

何をするにも、自粛して・・・喪に服したい気分だった。


でも・・もうそろそろ・・応援のパワーに切り替えるべきと気づいた。

日本全国・いや海外からも人と企業、ミュージシャンやタレント、スポーツ選手

多くの人たちが、大きな支援の風を送っている。

ジャッキーチェンもソフトバンクの孫社長も・・すごい人たちである。

先日の、長淵剛の自衛隊への慰問・・・さすが!・・・さすがだな!と感動した。


サザンの桑田さんも応援の楽曲を作り、50名以上のミュージシャンやタレントと

PVを配信する・・みんながダウンロードすれば、全額義援金として送られる。

それから、びっくりしたのは XジャパンのリーダーのYOSHIKIが

「ヤフーオークション」に出品した、愛用のクリスタルピアノ!

4月 24日 22時 2分が終了日時だが・・・

な、なんと・・・現在・・60億円を越えている。


yfa_charity-12962[1].jpg

7ヶ国語に対応できるように、出品しているらしいので・・ひょっとしたら

海外のセレブが入札しているのかもしれない・・いずれにしろ・・・

現在もライブで使っていると言う、大切なピアノである。


もちろん、誰でも出来る事ではないから・・

私たちは・・私たちなりに、自分で出来る事を続けていこうと思う。

国は復興財源として、3%の税金を徴収しようとしている・・が

消費税と言う形だと、被災者も払わなければならなくなる。


消費税は商品価格に5%+3%=8%となるわけだが・・・財源確保に

税金・・・と、政府の安直な思考回路も疑問視されている。
| 日記

2011年04月20日

1年前だった


1年前の今日・・・宮崎県都農町で・・口蹄疫に感染疑いの牛は見つかった。

それから・・・あっという間に、川南町、えびの市と感染牛が見つかり

殺処分の様子が、毎日のようにテレビの画面に映し出された。

P1040939.jpg

今日の宮日新聞は、特別号が組まれていた。

そういえば・・

日が経つにつれ・・・全国紙は・・徐々に記事の扱いが、小さくなっていく中

宮日だけは「口蹄疫取材班」というチームを作り、報道を続けていた。

被災した農家が立ち直っていく姿や、地域の応援イベントを取り上げていた。

あれから・・1年・・少しずつ立ち直り、前を向いて進み始めた畜産農家

思えば、多くの方々から支援していただいた。


日本全国から義援金が届いたし、タレントやミュージシャンの応援イベント

長淵剛、泉谷しげる、コブクロ、今井美樹などなど

TOSHI−NAGAI トシさんも応援イベントを立ち上げたんだったなー

プロゴルファー、野球やサッカーチーム・・

多くの方々に支えられ、ようやく復興できそう・・という感覚が感じ取れる。


友人の牛も感染し、全頭殺処分し・・・牛舎を消毒・・・そして

牛のいなくなった牛舎で「畜魂慰霊祭」を行った・・・つい先日の事のようだ。


| 日記

2011年04月19日

少しずつ・・・


震災の規模が、大きすぎて・・・復興と言う言葉を、確信出来なかったが

ここ最近・・・やっと、長時間かかるだろうが・・・少しずつ元に戻せる・・と

感じる事が、出来るようになった。


きっと、この経験は・・・日本を日本人を・・いや、全世界の人々を

強くする事が出来ると思う。

生き残った者たちが、教訓として、この災難を・・・次世代へ活かしていく事が

亡くなられた方々への、せめてもの、弔意だろうと思う。


地震や台風などは、どうしようもない・・・天災だけは・・・誰のせいでもない

でも、原子力発電所の災害は・・・予想される災害に耐えうる設計・・と言う事なので

今回の事を、想定外・・と言う。

想定外ではなく、予測が甘かっただけだろう。

過去のデータを元にして、設計した・・・原子力・・放射能放出と言う

人体のDNAを壊すという、とんでもなく恐いものを。


放射能が、どれだけ恐いのか・・・日本だけでなく・・地球も滅ぼしかねないもの

チャイナシンドロームという言葉を、聞いた事もあるかも知れないが・・

これは、アメリカ映画のタイトルである。

81Ir7notzxL._AA1413_[1].jpg

映画は、見た事は無いが・・・今回の原発事故を見た時に、原作を思い出した。

アメリカで原発事故が起こり、炉心が溶融し・・・超高温となり

そのままメルトダウンし・・・

地球を突き抜けて、反対側の中国に到達するかも知れないと言う・・

原子力の恐さを、訴える映画だったような気がするが

実際、その後スリーマイル島の原発事故が発生している。


今回の福島原発の事故は、ここまでひどくないが・・・もし冷却できなければ

もし、汚水の処理が出来なければ、もし爆発でもしたら・・と不安は消えない。


こうなると、原子力の利用・・というものについて・・・消極的にならざるを得ない

まだ、この難易度の高いエネルギーを使うべき時ではない・・と言う事になる。

しかし、いずれ、石炭・石油・天然ガス・・などの資源は枯渇する。

となると、発電するための エネルギーを探さなければならない

残念ながら、太陽光も風力も・・・コストの割りに不安定で・・メインにはなれない。

水力発電も・・ダム建設の問題、雨量に頼る不安定な要素もある。


となると・・・プルトニウムの核分裂を熱源に使う「原子力」というエネルギーが

二酸化炭素もないので、地球温暖化を抑える事が出来る。

なかなか、一長一短で・・・うまくいかないが

先進国は、今でも「原子力」を上手に使おう・・と、思っている。

だから、今回の事故の収束のために、先進国からあらゆる機器が導入されている。


この事故で、勉強した事は・・・今後の、地球のために大いに活かされるのだろう。

実際に、高台にあれば・・今回の震災でも・・ここまでの被害は無かったはず

揺れには耐えたが、津波で壊された。


教訓は人々を賢くしてくれる・・・想定という、大した根拠も無く作ったハードル

今後・・・どのような議論が交わされ・・・安全だと言う壊れた神話を

人々に どうやって、植え付けていくのだろうか?

もう、だまされる人は・・いないと思う。


でも、このまま・・・地球の化石燃料が枯渇した時に・・・

膨大な電力を、どうやって賄うのか? いずれにしろ・・・深刻な問題である。

| 日記

2011年04月17日

母を送る・・娘達の想い


1年前の・・4月・・・ご主人が事故のために逝去された。

その奥様の お葬式・・・子供は娘3人・・孫は5人

お父さんの、お葬式の時も・・お孫さんたちの暖かいお手紙があった。


そして・・今日のお母さんの・・・いや、おばあちゃんの お葬式でも

お孫さんたちの、暖かいお手紙が、添えられた。


娘さんたちの・・・お母さんを送る・・暖かい気持ちに・・

うちのスタッフ全員が、気持ちが入ってしまった。


担当は、お父さんの時と同じ・・わが社の誇る、タービー大規

さすがに・・目配り、気配り、心配りは素晴らしい・・・

お客様が、わざわざ来られ、お礼の言葉を頂いたほど・・・

言わなかったが、実は、私も・・ちょっとだけ・・・親戚筋に当たる。


祭壇は、娘さんたちが・・・こだわりを持って決められた。 

お母さんらしいピンクを基調とした、総幅10mの大型祭壇にメインは胡蝶蘭とバラ。

妻として、母として祖母として・・・80年間 がんばってきた お母さんへ

娘達と家族、親戚 みんなが・・・心を込めた・・・お別れの日。


IMG_9023.jpg


私たちも、この気持ちに精一杯応えなければならない。

現場が、他にも入っていたので、部長クラスは現場に行っている。

でも・・・ヒロシと大規がいると安心する。

お客様第一主義・・・・100出来て当たり前!が 良く分かっている。


お父さんの時も、多くのお客様にお越し頂いたが・・・お母さんの時も

多くの、会葬者で溢れた。

IMG_9031.jpg


IMG_9032.jpg


お客様への謝辞は お孫さんが述べられたんだけど・・

ゆっくりと、はっきりした口調で・・・おばあちゃんとの想い出を語り

ご苦労頂いた方々へ感謝を述べ・・残された家族をお願いします・・と

とても、素晴らしいご挨拶だった。


IMG_9055.jpg

今日は、風は有ったものの・・・暖かく・・穏やかな日で

ご家族の優しさを・・・感じさせてくれる・・そんな暖かい葬送の日でした。


ちょうど1年・・・お父さんが、寂しくなって・・・・・

お母さんを、迎えに来たのかもね?

娘さんたちの・・そんな会話に・・・本当に・・そうだったのかも!・・と

私も、司会をしながら・・・昨年の事を思い出していました。



春風に乗って・・・優しかったお母さんは、お父さんの元へ向かいます。

「ありがとうお母さん・・私たちは、あなた達の子供で、幸せでした」・・と

娘さんたちからの、メッセージに・・・涙腺が・・・また・・・


IMG_9083.jpg
| 日記

2011年04月16日

読書


忙しい時ほど、読書をして・・・まったり時間を作るべき・・と

いつも思っているんだけど、今月初めに買ったのに・・・今頃です。

今回は、知る人ぞ知る 寺尾俊一さんの「老いじたく練習帖」

寺尾氏の考え方に、疑問も有るんだけど・・・面白いところも・・・


DVC00095.jpg

この手の本は、結構出版されていて、今回は それぞれの考え方を

比べたくて・・・3冊同時に買い込んだ。

他の本は、いずれ紹介したいと思います。

DVC00096.jpg


当社のセミナーでも、質問される方の悩みは・・・老後・・・今後の事が多い

ある方は、多くのパンフレットを持ち帰り、自分の葬儀も含めた

「終焉の設計」を組み立てていた。


その方には、「自分史」を作られたらどうですか?と勧めてみた。

生きてきた証を、細かく紐解いていくうちに・・・全体像が見える事もある。

ただ周りに迷惑をかけたくないから、自分で・・最後の最後まで・・・と言う。

あなたが亡くなる事は 誰かが迷惑をこうむる事ですか?

はたして・・・そうだろうか?


しかし・・最近良く聞く話に「無縁死」「孤独死」という、言葉を聞く。

血縁、地縁、社縁という・・・人と人とのつながりが・・・希薄にはなっている。

人口は減っているのに、世帯数は増えている。

確実に「核家族化」しているのだと思う。

じいちゃん、ばあちゃんと住まない息子や孫達・・・時代の流れと括れないが


そこまで・・追い詰めてしまった原因は・・・どこにあるのだろう?

都会では「直葬」と言って・・・病院で亡くなったら、自宅には帰らず

そのまま、火葬場へと行き・・・火葬を済ませ お骨は、お寺に預かってもらう。

火葬場で、お坊さんを呼んで読経してもらうのは・・ごく一部だと言う事だ。


決して、お金の問題だけで・・こういう方法を選んでいるのではないはず

温かく送ってくれる人が いないのだろう。

もちろん・・・縁者が居なくて・・行政の代表者が喪主になって、葬儀を行う例は

昔から有ったけど・・それは、独り者で親戚すら居ない方だった。


今は、縁者が居ても・・・申し訳ないと・・遠慮して

死亡通知もしない例が増えてきたと、言う事だ。


人一人の人生が終わるときに・・ひっそりと火葬場で・・見送りは

葬儀社社員だけ・・・これではいけないと思う。

家族葬という・・葬儀形態が・・・葬儀を簡略にする傾向の、火付け役になったと

私は思っている。

家族葬は、葬儀を簡略にするのではなく・・・お客様の扱いを省略するのだ。

そうして生まれる余裕を、故人と家族だけで、ゆっくり過ごそう・・・と

考えられて、生まれた形態である・・・はず、だった。


最初にこの造語を作って広めた会社が・・・そこの部分をあいまいにしたので

受け止めた消費者が・・・家族葬=簡単葬儀=格安葬儀  と解釈した。

その消費者の動向に反応した、葬儀社が

「家族葬パック:〇〇万円」と・・格安葬儀を打ち出し・・現在のように・・。


このブログでも・・何度も書いているが・・

お葬式は・・・葬儀式+告別式=お葬式である

家族葬は、告別式とお客様の接待部分だけに限った・・・簡略である。

亡くなった方の尊厳という事を 考えるなら・・・残された者のためにも

葬儀式はやった方がいい。


当社にも、その事で問い合わせをされる方が、多くなってきた。

直葬などは・・絶対に勧めないが

金銭的な悩みであれば、相談のうえ・・当社の出来る範囲で支援するし

NPO葬という・・通常よりも規模は小さいが、一般葬と全く変わらず

低料金でお葬式を行う事が出来るのだ。


この本の著者、寺尾氏は「家族葬」を勧めている方なので・・その部分を

しっかり読んで・・本質をつかみたいと思います。

| 日記

2011年04月15日

大木の桜が散ってしまった


今日は、高原会館、山田会館と お葬式が営まれたんだけど

私は、友人のお父さんの 葬儀司会で山田会館へ・・・。


会館に着いて、挨拶に伺うと・・・突然の事で慌てた!という事だったが

担当の平山君を知っていて、遠慮なく何でも話せるので助かる・・と言って頂いた。

昨日の記事でもふれたが・・やはり建設会社の社長・・・という立場であっても

葬儀の事となると・・特に・・担当者との意思の疎通が大切になる。


祭壇は、建設業を起業された故人に因み、総幅9mの大きなものになった。

昨夜のお通夜から、今日の葬儀にかけて 大勢のお客様が見えられ

2つの式場を開放し、大ホールとして使用した。


夫婦で・・裸一貫から起業し、周りの人たちに慕われていた故人・・

多くの弔問の方々を見ると・・・そんな人柄が、窺い知れる。

引退後は息子さんに託して、夫婦で旅行やドライブを楽しんでおられた。


IMG_8924.jpg

式の中で、ご住職より「院号の伝達式」が、行われました。

IMG_8934.jpg

お孫さんの お別れのお手紙は・・・じいちゃんとの思い出をつづり

多くの方々が、目をぬぐっておられた。

IMG_8966.jpg

担当のイケメン平山・・毎回いい仕事をしてくれる。

今回も・・機転が利き・・きっちり、こなしてくれた。

IMG_8996.jpg

最後の、ご遺族の謝辞の中で・・・私たちスタッフの事を褒めて頂いた・・。

こんなに、光栄なことはないと思う。

もったいないほど、ありがたい言葉を頂き・・胸が熱くなった。



大木の桜の花が・・・散ってしまったような・・そんな寂しさを感じた。

でも、息子さんが最後に・・私たちに思い出をたくさん作ってくれたし

本人も引退後に、たくさんの想い出づくりが出来たから・・・

これで、良かったのかも知れない・・と・・・

ありがとう・・お父さん!と・・感謝の心で、送り出したいと・・・・・

とても、心に残る お話でした。

IMG_9006.jpg
| 日記

年度末の計画


通常は、4月から新年度なんだけど、うちは6月からです。

なので、今は年度末と言う事になります。

となると・・・色々と忙しくなります。

なぜか?というと・・・・納税の準備という大切な仕事が・・・

税理士事務所から毎月のデータが来るので、慌てる事は無いけど

やはり、社員任せに出来ない部分も有るので・・今朝もがんばっています。


それから、昨年から伸び伸びになっていた計画を・・・そろそろ具現化しないと

と言う事で・・・パソコン使いすぎて・・・肩凝りがピークにふらふら

整骨院に行く時間を作らねば・・・


DVC00094.jpg
| 日記

2011年04月14日

自己採点表とコーチング


さすがに、4月・・・会合がレンチャンで入ってくるので

予定を消化出来ない(ーー;)

こうなったら、感情は押さえ込んで、物理的に動いてクリアしよう。


新入社員2人・・休みも取らずに、真面目に一生懸命に頑張ってる。

年齢は関係ないなー・・・真摯に仕事を覚えようと、打ち込んでいる姿・・・

先輩達に、聞きながら・・良くやっていると思う。


自分も頑張らねば・・・・ヽ( ゚ 3゚)ノウッシャー


という事で、午前中の打ち合わせを済ませて

先日、社員の皆さんが提出してくれた「自己採点表とコーチング」を見ながら

返却のために、アドバイスを書き込んでいく。


DVC00093.jpg


これを見れば、一人一人のレベルも把握できるし・・悩みも分かる。

誰にも見られないように、工夫されているので・・・書きにくい事も書けるし・・。

ただ、正直に書いてくれているか・・までは、分からないけど。

社内に不協和音が有ったら、仕事が楽しくないので、ここはしっかり書いて欲しい。

早めに分かれば、早急に手を打てて、社内環境を改善できる。


仕事が肉体的に多少きつくても、楽しい仲間がいれば・・・我慢できる

しかし、社員同士が楽しくなければ仕事的に楽であっても、精神的に続かない。

そして、それは・・・お客様への態度にも出てしまう

結果的に、お客様からの評価を下げてしまう・・・これは、会社にとっても

大きなマイナス要因となってしまう。


お客様は、どんな会社か?よりも・・・どんな人か?  を見ている。

担当者の人柄や能力を見ている。

だから、人を大切に出来ない人は・・・どんなに能力や経験が豊富でも

うちではお断りしている。


先日、とある団体の役員さんとお話をしていて、お葬式の話になった

色んな役職を持った経験豊富な方でも・・・いざ、お葬式で喪主を・・となると

何をしていいのか分からなかった・・と・・ここまでは、誰でも同じなんだけど

担当者の人柄に話が及んだ時に・・・

とある葬儀社職員の、高飛車な態度に「ムッ」ときたそうだ。


お客が お葬式について知らないのをいい事に、リーダーシップを取ってきたと

要するに・・・あれこれ指示をするようになったらしい。

さすがに・・・「おい・・キミ!何か勘違いしてないか?」と、言ったらしいが


年季の入った葬儀社社員と、とある資格を持った人に、この傾向は強いと思う。

私はプロ・・ベテランですから、私の言う事を聞いておけば、間違いはありません・・

という事を思っているわけだ。


ここ10年ほど前から・・異業種参入を阻止しようと企てられた制度に

「葬祭ディレクター」資格というものがある。

葬祭業を起業するためには、この資格が無いと、営業できません・・という

言わば、弁護士資格が無いと弁護士業務が出来ないのと同じで

新規や異業種参入業者が、容易に葬祭業を起業できないように

国家資格にしたかったようだ・・が、残念ながら、そこまで出来ていない。


2級と1級があるので、現状は既存の葬儀社が

社員の「ハク付け」のために受講させている。

試験に合格し認定証を貰うわけだが・・・これが・・困った事に

先述の勘違いな「高飛車な社員」を生み出している。

「私は、1級の!!葬祭ディレクターですが・・何か?」と・・さすがに高飛車である。

ちょっと言いにくいが・・・実際の試験は・・・実に〇〇である。


みんながそうではないが・・・何人かに会ってみて・・(・へ・;;)うーむ・・・・

こんな人が、担当者だったら・・お客様は大変だろうなーと・・・。


昔は、お葬式は地域の方々が出していた・・・地域に密着した文化的な宗教行事である

だから、ところ違えば、作法も変わる・・また宗派が違えば、作法が違う

宗派は同じでも・・お寺や神社で、やり方が違う・・と、ますます難解にさせている。

基本的なことは変わらないが、地域で変化するものを国家資格と括る事は難しい。

だから、1級の資格を持っていても、どこでも即座に対応できるわけではない。


対応できる事は、一般的な作法や書類などの手続き、法的な手続きなどで

自宅葬が減った今、祭壇の設営や装飾幕の設営と言った技術的な作業も無い。

そして、そういった一般的な事は・・インターネットで誰でも検索できる。


「ハク付け」をする事で、高飛車な社員を生み出すのなら、止めた方がいい

お客様が、葬儀社を選ぶ理由は、アンケート調査でも「地域での良い評判」である。

親切で丁寧で、何でも知っていて・・お客様を大切にする人がいる葬儀社である。

ま、しかし・・・これは、あくまでも・・私の自論です。

33年間、この仕事一筋でやってきて、つくづく・・そう思うので・・。
| 日記

2011年04月13日

陽だまりのような人


今日、山田会館では、午前 午後と2件のお葬式が営まれました。

どちらも、お客様より、大変褒めて頂きました。


午前中のヒロシ担当のお客様は、高崎町のご出身で

私の知り合いも、多く参列しておられました。


式は・・・亡くなられた方の人柄が・・伝わってくる・・

そんな暖かい お葬式でした。

明るく良く通る声で・・・周りの方々を元気にしてくれる

そして料理上手で、みんなに振る舞うのが、大好きだったそうです。


IMG_8838.jpg

たくさんの幸せを、周りにふりまいていた・・・

陽だまりのような人・・と

娘さんは・・そう言っておられました。

今日の山田会館は・・桜吹雪が舞い散る中・・・

暖かな春の陽射しを受けながら・・・旅立って行かれました。



IMG_8893.jpg



午後からは、隣接の「中霧会館」にて、ご家族と親しい友人だけで・・お葬式です。


中霧会館のホールは、50名ほどの席数で・・・コンパクトです。

本館とは、50m以上離れていますし、控室は和室洋室ともに別棟にありますので

ご家族とご友人とで、自宅のように気兼ねなく

ゆっくりと過ごせる事を第一に設計されています。


IMG_8520.jpg


今日は・・少し変則的な・・・難しい式進行・・・

担当は修行君でしたが、機転の利いた、かなり素晴らしい内容でした。

亡くなった方は、知り合いの・・会社社長さんのお姉さんでしたが

終了後すぐに、私のところに来られて、大変 褒めて頂きました。

IMG_8580.jpg



IMG_8583.jpg
| 日記

2011年04月12日

研修


先日、土日に行った、佐賀県での研修風景を・・駆け足で・・・

たくさん写真を撮りすぎて、収拾がつかない(/・ω・)/


宿泊先のホテルで食べた「呼子のイカ:活き造り」・・まだ、動いている。

と、クジラ肉の刺身・・などなど

DVC00076.jpg

久留米駅前に有る「世界一のタイヤ」

P1040675.jpg

吉野ヶ里遺跡では 広い施設内を歩き回って・・・暑っつーーー

P1040705.jpg

翌朝・・・呼子の朝市へ繰り出す。

慣れてるので、商売が上手い・・・値切らんと損・・てな感じ(≧ε≦)

P1040731.jpg

おばちゃんが、試食で出してくれた、ウニがまた・・・美味い(^o^)マイウー

P1040733.jpg

こちらの、おばちゃんからは・・・イカの一夜干しを・・

P1040734.jpg

この看板に顔を突っ込んで写真を・・・

・・と、思ったけど・・こっぱずかしいので・・やめた(≧ε≦)

P1040737.jpg

とっとと移動して・・桜の綺麗な「名護屋城跡」へ

当時の地図と・・変わらぬ・・道路、内堀、外堀が・・・今も、はっきりと分かる。

P1040755.jpg

桜は・・今が旬・・・満開の桜であった(^o^)

それにしても、きれいに整備されている。

P1040759.jpg

コンデジで マクロ撮影に挑戦!

( ^ω^)おっ なかなか・・・なかなか かな

P1040765.jpg


そして・・玄海原子力発電所へ

さすがに・・このタイミングなので・・職員さん むちゃくちゃ緊張している。


  ↓ これは・・構造説明用の模型なんだけど・・

       毎日テレビで見ている原子炉

P1040785.jpg

これは、核燃料(ペレット)が詰まった「燃料棒」の集合体

ちなみにペレットの大きさは、小指の先よりも小さい

「8mm×11mm」そのペレット1個で、一般家庭の電力を、半年間も維持できるそうだ。

なんとも・・・原子力のパワーとは、凄い・・


燃料棒のパイプ1本には、そのペレットが、300個ほど入っていて

そのパイプを四角に組んだ物が・・・写真に有る「燃料集合体」である。

ひとつの原子炉に入っている、ペレットの総数は・・・なんと

1620万個・・・途方もない代物である

P1040796.jpg

これは、ウラン鉱石  現在はアメリカやカナダ、インドなどで採掘されている。

P1040801.jpg

ここは、訓練用制御室

ここで、みっちり訓練をしてから、実際の操作に当たる。

なので・・本物と同じように作られている。

本物で操作ミスなど、絶対に有ってはならないからだ・・・が・・

以前、操作ミスで事故が有ったような気が・・それも福島原発で・・

P1040821.jpg

佐賀県唐津市の沿岸に広がる「虹の松原」

せっかく来たので、通ってみましょう・・と言う事で・・素通りのみ!

P1040841.jpg

ここは、昼食に寄った「おさかな村」

新鮮な魚が・・・超破格値で並んでいる。

魚好きとしては・・・買って帰りたいが・・・あちこち寄り道してるうちに

傷んじゃうかなーーーと、断念 ┐(´-`)┌

P1040854.jpg

という事で・・・かなーり、端折ってご紹介申し上げました。

帰ってきてから・・社員の皆さんへ、少しずつだけど・・海産物のお土産を。


2日間も仕事に穴を空けたので・・・現在、超多忙でございます。

牟田町の活性化は・・・・もうしばらくしてから、お誘い下さい。

くれぐれも・・・お願いします。

| 日記