2011年04月11日

あれから、一ヶ月


東日本大震災から、今日で1ヶ月

あちこちで・・・追悼のサイレンが鳴り響きましたね。

1ヶ月・・・もう?

・・・早いのか・・・まだ、1ヶ月なのか


今も、早ければ生きていたであろう、多くの人が・・・見つかる。

先日・・・ガレキの山から発見された子供・・・

「もう少し、早く発見できれば・・・」と両親は語っておられた。


そして被災した人たちは、まだ・・・不便な生活を強いられている。

避難所では、そこで自治会が生まれて、自分達で工夫し生活している。


日本という、先進国で・・・大丈夫か? 政府は?

民主党内からも、批判の声が聞こえる

石原都知事が・・・未熟な者の集団だから・・・と言う発言が・・・

今回の統一地方選でも・・・民主党は大惨敗

この期に及んで・・・もう、保身はいらない!・・情けない・・・。


未曾有の大災害・・・仕方が無いと思う・・が・・・

こんなにリーダーシップを発揮できない人たちを、今までに見た事が無い

保身にばかり神経が回ってるので、原発の危機すらも表に出さない。


きっと、この体たらくの付けは・・・今後回ってくる。

地震翌日にアメリカやロシアから、最新機器搬入の申し入れが

有ったのに、なぜ断ったのか?



実は、今回の研修は佐賀県の 玄海原子力発電所に見学に行った

研修は震災前から決まっていたんだけど、急遽、原発もコースに入れた。

大量の冷却水が必要なため、海岸近くに建設される「原子力発電所」

揚水方式でもいいから、高台に作らねばならないと、強く感じた。


既存の鹿児島県川内市の原発・・そして、現在議論されている串間市の原発

今回の事故の反省を踏まえ・・・どう対処するのか?


地球の岩盤に基礎を組んでいるので、地震の揺れに対しては

クリアできそうだが・・・

大津波に対する、危機意識が明らかに足りないと思う。

どの原発も・・・過去の津波データに基づいて作られているようだけど

「想定外でした」という言い訳は、通用しない。


とにかく早く終息しないと、日本の農産物、海産物は輸出できないし

人体に対する、影響も・・・・

外国の放射能に対する基準は・・・とても、厳しい。

だから、マスコミも政府も、真実を伝えなければならない

楽観視と過少報告は・・・くれぐれも止めて欲しい。

| 日記

帰ってきました


9日から研修のために佐賀県に行っておりました。

昨夜遅く帰ってきたんだけど・・・さすがに、超ハードだったので

今日は体が動かない。

んが・・・お土産はしっかり買ってきたので

社員の皆様に配らねば・・・と思ったが、面倒なので・・・

本社まで取りに来てもらおうかな(≧ε≦)

佐賀県と言えば、呼子の朝市・・・なので

イカ・・サザエ・・などなど


今から、山田会館で お葬式なので、その後

パワーが残っていたら、記事をアップする!

予定


| 日記

2011年04月08日

期日前投票


明日と明後日は、佐賀県に研修に行くので・・・

先ほど、期日前投票に行ってきました。


行ってみると、知り合いの市の職員さんが・・

期日前投票は、今年は例年より多いという事だが

今回の県議選は、関心が高いのかな?


ま、いずれにしろ・・・大切な権利なので

しっかり・・・支持している候補者に、投票してきました。

言いたい事も、しっかり伝えて、町の声を政治に反映してもらいたい。


選挙に行かない人が・・政治に対し意見は言えないと思うので・・

たかが一票、されど一票    大切です。

| 日記

2011年04月07日

名刺


最近は、あっという間に名刺が無くなる

それほど、人に会う機会が増えた・・出会いの多い時期でもあるんだけど・・


うちの会社では、名刺も全社員分を内製している。

カラーレーザーで名刺専用紙に印刷し

名刺カッターという専用の業務機でカットする。

出来栄えは、かなり素晴らしい・・・と、思っている。

デザイン次第と言うところもあるけど・・長女の紗圭が作ってくれる。


昨夜の会合でも、飲み会の席で名刺交換が始まり・・・お互いの

詳細が分かるにつれ・・・2次会で盛り上がり

3次会までも繰り出し・・・さらに、交流が深まる。


さすがに、今日はお昼頃まで・・本調子が出なかったけど

高原会館では、会館と自宅と 同時刻に お葬式だったので

いつも通り、100以上の仕事が出来るように、準備に時間をかける。

体調がすぐれない時ほど・・単純ミスを起こしやすいので

いつもより、先手先手で準備する。


仕事の出来不出来は・・・準備で決まる。

細かくチェックし、スタート間際に再度チェックする。

ここまでやっても、100以上の仕事だったか?と、不満が出る時も有る。

自分自身が「よし!」と、思えない仕事なら、それは100ではない。


たとえ、お客様から褒めて頂いたとしても・・である。

なぜなら、何年もこの仕事に関わってきて・・専門家であるからこそ

の、感覚でもある。

以前は、機械の突然の故障に、泣かされる事もあった。

しかし、機械は当てにならない、壊れるものだ・・と、思っていれば

過信しないで済む。

そのために、同じ機械をスペアとして設置しておく。

なので、放送設備もかなり複雑に組まれている。

これも、準備のひとつだと思う。


しかし・・・誰の目にも明らかなミスは、お話にならない。

なぜ?そうなったのか・・・再発防止のための方策は?・・と

徹底的に検証し、工夫を凝らし、2度とミスを出さない解決策を

話し合って、見出さなければならない。

| 日記

2011年04月06日

新入社員


先日、面接が終わり・・今日から新入社員が2名出社しています。

うちでは、経験者を雇わないと決めているので、今回も未経験者。


毎回、多くの方から応募を頂くけど、どうしても時間の都合上

全員と会う事が出来ず、書類選考で返却した方もいる。


ハローワークに行くと、今でも多くの求職者で溢れているし

知り合いからは、求人してない? と、電話が来たりする。

知人の紹介も悪くはないんだけど、やはりハローワークに出向く

履歴書を書いて送る・・面接を受ける、という一連の段取りを

きっちりこなす手間を、かけた方がいい。


その方が、新たな職場で 心機一転がんばるぞ!という

気持ちに、違いが出てくるような気がする。


ただ、準備期間が有るので・・・この間は・・どちらも50:50である。

仕事が合わないと思えば、その期間中に申し出れば、辞めやすいし

また、勤務態度を見て、こちらから・・辞めてもらう事も考えられる。


頑張っている間は、こちらから辞めてもらう事は少ないが

言葉づかい、歩き方、態度などに問題が有れば、当然だが注文を付ける。

直すように努力してる人ならば、焦らず、ゆっくりと待つんだけど

たまに・・「これは、私の個性ですから無理です」と、開き直る人がいる。

「じゃ、この職業には向いていないね」と、促すことになる。

違和感を持ったまま、共に行動する事は難しい。


さて、今日から・・名原部長の指示の元 すでに高原の現場に行ってるようだ。

初めて見る事、聞く事ばかりで・・最初はキツイ事だろうが

先輩はみんな 仕事もできるし性格もいいので

精神的なストレスは無いだろうと思う。頑張ってほしい。

| 日記

宮崎のミュージシャンも


口蹄疫の時も、率先してMGプロジェクトを立ち上げて

宮崎を救おう・・・と立ち上がった プロドラマーのTOSHI-NAGAI

永井さんとは、2000年の時からの付き合いなので、もう10年以上になるけど

ドラミング同様、パワフルに活動している。

今回の震災も、いち早くボーカリストのWhoopinさんと

チャリティライブを開催していた。

  ↓ 「宮日新聞の記事」

P1040616.jpg

パワフルなドラミングではあるが・・・永井さん本人は・・・意外と

通常は、謙虚で控えめ・・・どちらかと言うと・・静かに語るタイプ。

もちろん時と場合で異なるので、騒ぐ時は一緒になって大騒ぎするけど。


誰かが困っていると・・何もせずには居れない人なんだねーと思う。

人の為に出来る事が有るなら、やろうじゃないか!って・・・やはり

永井さんらしい・・と、思った。


最近、なかなか会えないけど・・・

また都城でライブをやってくれそうなので、会えるのが楽しみです。

| 日記

2011年04月05日

ひらめきについて


ひらめき・・・直感と同じように感じるけど・・ちょっとニュアンスが違うと思う。

第六感(sixth sense)とも、若干違うかな?

インスピレーション、勘、直感、霊感・・など・・似たような言葉は

たくさん有るけど・・・。


今回テーマにしたい「ひらめき」は・・気づきでもある。

あ!分かった!なるほど! ・・・ である。


神がかり的な・・霊感とは違う・・・もっと分かりやすい感覚。

そうでないと・・その事を利用しにくいから。

どんな事に利用するのかと言うと・・

出来ない事が、出来るようになるために・・・・「目標実現」のために・・。



ひらめくためには・・何が必要かと言うと

今までに蓄積された「経験や知識」なんだけど

ただ、脳の中では断片的に記憶されているので・・・

それらを、うまく結び付けて最良の答えを引き出せない。

脳の中に堆積した多くのパーツの中から・・・関連する物を結び付けて

ひとつのまとまった形で、答えやヒントを導き出す。


その道のプロは、雑多に詰まったパーツを・・即座に組み合わせ

完成形として、提供する事が早くて、的確であると思う。

依頼主が希望した事に対して、的確な答えが導き出せるし

一見・・無理難題と思われるような事にも

ウルトラC的な、逆転の発想が出来たりする。


見分を深める意味で、海外に行く事も必要で・・

一度も外国に行った事の無い人が、その事を語れないし

脳に蓄積されていないデータは、ひらめきの中に現れる事はない。

ただ、今はインターネットが有るので、そこそこ理解はできると思うけど。


という事は、脳に蓄えるデータを たっぷり蓄えた方がいい事になるし

その引き出し方や、利用の仕方にも 要領が有る。


この話は、やはり・・長くなるので・・・またの機会に
| 目標を達成する方法

2011年04月04日

義援金


各組織の仲間達が、義援金を募ってるので、その都度

入れるようにしてるんだけど・・・先日は、ちょっと大き目の・・

といっても、大した事ないけど 金額を寄付したので

領収書をもらいました。

で・・税法上・・損金として勘定できるかを調べると・・

----------------------------------------

個人の方が義援金を支払った場合には
特定寄附金として寄附金控除(所得控除)の対象となり
法人が義援金を支払った場合には
その支払額の全額が損金算入の対象となります。

----------------------------------------

という事みたいです。

なので・・・個人も法人も・・領収書を貰った方がいいかも?

ただし・・・個人の方は、寄付金額−2.000円=控除対象 になるようです。

もちろん、税金はたくさんした方がいいのですが・・・。


いまや・・全世界的に義援金活動が 行われていますね

これも、世界中の被災に対し・・今までに日本が救援してきた事も大きいようです。

各地で「恩返し・・」という、イベントが行われているようですね。

ありがたいと思います。

| 日記

2011年04月03日

新年度


4月に入り、新年度に入ったんだけど・・・うちの会計年度は

6月からなので、会計関係は終盤に入っている。

ただ仕事の成績や、総括は一般的な会計年度で集計している。


そのような事なので、4月から新規スタートと考えて

新入社員の求人を2月からはじめ、面接も終了した。

新メンバーと共に、これから新年度・・・良い成績が残せるよう

そして、社員一同とその家族が、笑顔で過ごせるように努力しなければと思う。


それで、手始めに・・

昨年末から取り組んでいた計画が、やっと形になってきたので

今月から実行しようと思う。

業務成績も大した事ないしなー、でも社員の労働条件も収入も・・もう少し

手厚くしてあげなくちゃ いかんよね。


そんな事を考えていたら、どこから情報が入ったのか?

今まで、見向きもしなかった別の銀行さんから・・・アポイントが・・・

うーむ、今までこちらからアプローチした事が無かったし

地元の銀行さんで困らないので・・・全く接点が無い。


ただ、友人の経営者は・・・大切な事だよ!!と・アレコレ・・

"φ(・ェ・o)~・・・・なるほど


やはり・・・当たり前だけど・・・コンサルタントより

実際に経験し結果を出している人の方が、説得力が有る。

評論家みたいな・・アドバイスや意見は・・・どうも苦手だーー

| 日記

コンサルタント


「コンサルタント」という職業があるんだけど

私の知人も、その道のプロフェッショナルがいる。

しかし・・なぜか?よく分からんが・・・彼の事務所は儲かっていない。

それは、本人も・・悩んで試行錯誤しているようだ。

でも、企業の経営について アドバイスを続けている。


私も彼から・・・こうした方がいいよ!と アドバイスをもらったが

確かに教科書に書いてあるような、基本的な事で・・もうすでに何年も前に

やってきたことばかり・・・。


私は・・どちらかというと・・・現場主義なので、机上の論理は当てにしない。

現場では、相手が居る事なので・・・ケースバイケースとなる事が多い。

でも、決して揺るがない基本的原則がある・・・・・それは

「お客様第一主義」である。

この、基本を守っている限り・・お客様からダメ出しを貰う事はない。

ただ、あまり儲からない、利益の出ない会社ではある。

経費のかかるボランティアばかり・・やっている。


しかし、ここ2〜3年で、何とかしようという事も無いし

このスタイルは・・ずっと守って行きたい。


なぜ、そう思うのか?と、聞かれれば・・・それは 大切な恩師の教えと

今までの 33年間やってきた、経験と勘!

何とも・・・頼りない話に聞こえるが・・・それが

一番大切だと、思っている。


私の好きな講演者に「田中真澄」さんがいるけど・・・

決め台詞が「こつこつこつ」だ!

大きな躍進を望んでいても・・・基本は「こつこつこつ」である。


今のIT業界の社長さんは別としても・・・通常の産業の経営者は

裸一貫立ち上げて、苦労して築いてきた人が多い。

だから、次期社長は息子にしてみたり・・・専務は次男にしてみたり・・

だから、2代目は・・3代目は・・・衰退となる例もあるらしい。


なぜか? 一流大学を出て、基本的な経営戦略も理解していて

中には、MBAを修得し 学歴や取得している資格も素晴らしい。

でも、結果的に・・・芳しくない。と、言うより大した事ない。

なぜだろう?

仕事は・・・お金を払って下さる「お客様」が居て・・初めて完結する。

と、言う事は・・お客様から支持されていない・・・と言うことか


ここに、大切な何かが・・潜んでいるような気がします。

だから、コンサルタントも・・儲かっていないと・・言葉に説得力がありません。

ファイナンシャルアドバイザーもコンサルタントも・・まず自分を見られている

スタートは、そこから始まると思います。


お客様の声に「こつこつこつ」と・・耳を傾けて

それを、真面目に繰り返していく事・・・それが大切なのでは・・と

地味かもしれないけれど・・・それが、迷わずに進める道ではないかと

思う・・今日この頃・・・。

| 日記

2011年04月02日

restart:リスタート


コツコツ積み上げてきたものが、崩れてしまう事は良くある。

そんな時は、気分を入れ替えて restart 再起動だ。

昨日までは、リハーサル  今日から本番

よっしゃー!と、気分を入れ替える事は、時として必要である。


ただ、崩れてしまった原因を取り除いておかないと・・・

また、同じ事を繰り返してしまう。

原因を突き止め、対処法を練って、実行しなければならない。


自分自身が、その原因なら・・自分を鍛えればいいので簡単だけど

そうでない場合は、なかなか・・・・

| 日記

2011年04月01日

統一地方選挙スタート


いよいよ統一地方選挙のスタートです。

宮崎県議選は、今日告示 10日投開票となります。

今回は、震災の事を考え・・・

大きな声で名前を連呼する従来のやり方は、控えましょうと・・

自粛ムードになっているらしい。


今までの、名前だけを叫んで通り過ぎる車には、違和感が有ったので

これからも、開催場所を決めて政策を述べる、演説会を中心にしてほしい。


そうとう昔の話だが、とある候補者の応援弁士を務めた事が有る。

これは、なかなか大変な役目だった。


公民館とかで 午後8時から候補者の演説会を開催します・・・と、告知して

地域の支持者に応援をもらい、ご近所の方々を誘って来られるんだけど・・

これが、なかなか・・・予定通りにはいかない。

早い時間の演説で、候補者が熱弁を奮いすぎて・・・時間をオーバーする・・

当然、8時の到着予定が・・・段々・・・遅れてくる。


聞きに来る人は時間キッチリに集まっているので

忙しい最中に、来てくれた支持者たち、また誘われて来た人たち・・

待たせるわけにはいかない。


そこで、時間つなぎの 応援弁士の登場となるわけだけど・・・

待っている人たちは、応援弁士の演説を聞きに来ているわけではない

候補者本人の人柄を見に・・また、政策を聞きに来ているのだ。


ここで、くだらなく・・面白くもない話を、長々しようものなら・・

会場内から、ブーイングの嵐になる。

なので、ちょっと面白い事や・・興味を持ってもらえる話をするんだけど

乗ってきたところで・・・候補者到着!というのは、良くあるパターン。


携帯で連絡を取り合っている担当者が「あと何分です」 と

言うので それを聞きながら 話をつないでいくのは

本当に大変だった。

ある時は、30分以上遅れてきて・・宇宙の神秘の話や

ガリレイの話をネタに、持ち出した事も有る。


いずれにしろ、多くの支持者に後押しされて・・政治家を目指すわけだが

今日の「宮日新聞」の社説に、面白い見出しが・・・

「議員の”就活”で終わらせるな」

P1040614.jpg


選挙運動は・・・四年に一度の就活!と・・・書いてある。

そうなんだよねー政治屋ではなく・・政治家でなくてはいけない。

でなければ、被災地の方々に顔向けできない・・と、結ばれている。


日本全国には、すごい数の政治家がいるんだけど・・・被災地のゴタゴタ

マスコミも特定の議員を、写せないのは分かるけど

ちゃんとやってる人を、しっかりとらえて放送してもいいと思う。

あ、そうすると・・ポーズだけの議員も出てくるのかなー


避難場所に議員を、1人ずつ配置して・・その情報をすべて

一カ所の事務局に送るようにすれば、ゴタゴタや後手後手は・・幾分

解消するかもしれない。

今は、政党の壁を越えて、全議員が一丸となって復旧に力を注ぐ時である。

いずれにしろ・・圧倒的なリーダーが必要だ。

| 日記

面接


先日、ハローワークに求人票を提出し

すでに、多くの履歴書が送られてきている。

今日は、2回目の面接日・・・

仕事柄、何日も前から面接日時の決定が出来ない。

先日も急遽面接を行ったんだけど、皆さんキッチリ時間通り・・

というか、さすがに早めに到着し・・服装もしっかりしている。

中には・・・とんでもない人が・・・たまに・・・がく〜(落胆した顔)


前にも書いた事が有るけど・・・ハローワークに求人に行くと

特別な理由が無い限り・・年齢や性別は指定できない。

全ての人に・・平等に面接のチャンスを!という事らしいが・・・

友人の経営者は・・まったく┐(´-`)┌ と 呆れていた。

当然だ・・


やみ雲に求人するわけではなく、目的を持ってやっているわけで

結局、書類選考となって・・履歴書を送ってもらい

振り分けたのち、選考漏れした人には・・その理由などを書いて

書類を返送する。

忙しい時には、面接の時間を取る事すら大変なのに

こういった作業に時間をとられて、とても困っている。


ある会社の社長さんと話をした時に、年齢を決めて求人を出しているので

合致しない年齢の方の履歴書は、見ていないという。

結局、事務員さんが事務的に・・・即座に返送作業をしていると・・・。

先日は、求職者から当社に

「不採用の返事が遅すぎる!」と お叱りの電話が来たらしいので

この方法は・・あながち間違いではないかも知れない。



うちは、業種的に年齢に幅が有るので・・・年齢性別不問でも、構わないが

年中無休24時間営業・・・さすがに・・仕事はかなりハードである。

それに加え・・・お客様は多種多様である。

基本的には農家の方が多いけど、自営業の方や、サラリーマン

それから、政治家、医者、弁護士、会社役員、先生などなど・・・

これらの方々と、綿密な打ち合わせをして、スムーズに進行する。


中には、ご家族だけで送る方、会社や地域を挙げて送る方など・・・様々

長年やってきて思うのは・・・適応能力が無いと・・務まらないと思う。

同じ事の繰り返しではないので、その都度の機転が利かなければ

お客様の不満となって現れるし、プロとしての資質を問われる。


接客態度も重要で、普段は穏やかな優しい人も

愛する家族を亡くし・・いつもと違う精神状態である事が多い。

そこに・・高飛車な態度の葬儀社社員が出てきたら

気分の悪い思いをするだろうし、気の短い人ならトラブルの元になる。


そういう事なので・・・面接では、人を大切に出来る人かどうか・・を

見させてもらう。

技術的な事は、研修期間で先輩を見習い、頑張ってくれればいい。


しかし・・・就職難のご時世

 「この際、仕方がないから葬儀屋でもいいかー」

と言った感じの勘違いが・・たまに来る。

有名な一流大学を出た、その人は・・面接中それが自慢げだったが・・

こういう人は、検討する前に・・面接中に、その場でお断わりしている。

目をまん丸くして、急に態度を変えて・・初めて頭を下げたが・・

時すでに遅く・・・お帰りいただいた。


今どき・・・学歴のみで採用を決める・・・そんな職場は無いと思う。

中卒でも、高卒でも全然かまわない。

人を大切に出来て、向上するために頑張る事が出来る人なら・・。

結果は・・努力の量と・・・吊りあっている。

| 日記