2011年05月07日

いろいろ学んだ


今回の研修では、色々な事を学んだ。

最初は期待してなかったんだけど、聞くうちに・・・

ポツポツと・・・ヒントになるキーワードが・・・アンテナに反応する。


その都度、メモに書き込み記録するんだけど・・・

大切なのは、これをどうするか?   だよね。

とりあえず、まとめて整理する・・・・具体的に形に出来るように

精製して純度を上げる。


今日は、あじさいホールでお通夜だったんだけど・・・これを始めたら

思考が切れないように、まとめるのに夢中になっていた。


お陰で、かなり目に見える形で・・・うちの会社に生かせると思う。

常にアンテナを張り、感度を上げるために・・・ピカピカに磨いておく。

| 日記

研修中なう


ただ今、とあるところで・・・経営セミナー受講中です。


DVC00134.jpg



ちょっと・・・眠いです

いや、かなり眠いです・・・が、がんばります。





詳細は・・・また
| 日記

感覚のずれ


今月は、とある計画で忙しいのだけど・・・どうにも

専門業者に・・・委託したとたん・・動きが停滞する。

顧客満足度をアップしようというのなら、もう少し迅速にやって欲しい。


業種により、そういう風潮があるような気がする。

たとえば、公共工事が多かった時代・・・公共工事主体の会社では

営業力が無く、アフターサービスも良くなかった。

そして、公共工事が減った今・・・・淘汰されて、多くの会社が廃業した。


昔は、競争入札なのに「談合」という悪しき風習があり、裏で話し合いが行われ

特定の業者が受注したり、エリア内で順番に受注を回していた。

知り合いに言わせると・・・談合は、違法ではあるけれど

エリア内の小さな業者にも、均等に仕事を回せるシステムで

悪い事ばかりではなかった・・という。


そうだろうか?

営業努力をしなくても、順番に仕事が回ってくるシステムに甘んじてきたから

談合が禁止され、公共工事が減った今・・・営業力の無い業者は淘汰された。

しかし・・昔から公共工事に頼らず

営業力で仕事を受注してきた・・とある業者は、確実に業績を伸ばしている。


公共工事に頼ってきた業者は、こんな時代が来る事は「想定外」だったのだろう

もっと一般消費者に目を向けて、お客様第一主義を貫いてきていたら

営業力も付いただろうし、ノウハウも蓄積された事と思うのだが・・・。


とある地域では、国の制度で、区画の大幅な整理事業が始まり

そこでは、何百件もの住宅の立て替えという、大きな需要が発生した

しかし良く見てみると・・・地元の建設業が受注している住宅は、少ない。

ほとんどが、エリア外や県外の、有名住宅メーカーが受注している。


自分の営業エリアの・・・ど真ん中なんだけど・・・

営業マンが居ない事や、営業マニュアルが無いなどで、アプローチしていないのだ

ライバル社と変わらぬ料金でも、地元の利であるアフター重視の提案をすれば

消費者は、近所の業者さんの方が安心できる。

実際、当社の会館も新築後 1〜2年は何らかのトラブルが発生し

内容によっては、無償で修復してもらったケースも多い。


うちのような業種は、一般のご家族がお客様なので「地域での口コミ」

良い評判が、最大の広告である。

さすがに、スーパーみたいに頻繁な広告宣伝はできないし

広告には、良い事しか書かないから・・・

お客様もチラシを見て、そのまま鵜呑みにはしないだろう。


やはり・・・近所の人たちの良い評判・・・これに勝るものは無い。

そして大切なのは、経験した事がある・・・という事だ。

知らない業者の仕事内容を、評価する事は出来ないから

実際に関わって、その結果の評価だから、信憑性も大きい。


松下幸之助さんが「商圏は会社ではなく、顧客が決める」と言ってるように

自分達の思惑は、目標ではあるかも知れないが、結果は、お客さんが決める。

実際は料金だってそうだと思う・・お客様が適正だと思う価格になっていく。

だから、高い・・と思われる会社は、口コミで排除されていく。

しかし、サービス業なら

提供するサービスの内容と、価格とが適正かどうか?を比べられる。

激安店や安売り店が、決して繁栄しないのは・・・顧客満足度が低いからだ。


また、逆に、高い料金設定の会社でも繁栄しているところも有る

それは、お客様が・・・内容と価格とを見比べて、納得しているから成り立っている。


最終的には、顧客の満足度・・・お客様第一主義を会社の理念としているか

「業績の繁栄は、お客様の評判で決まる」・・・当社の社訓でもある。


という事で、今回の顧客は私なので・・・満足度をアップしていただきたい。

仕事内容は、いい仕事を適正価格でやってくれるので・・・そこはいいんだけど

出来ない理由を、並べるよりも・・・自社の強みと努力している事を並べて欲しい。

| 日記