2011年05月09日

同業他社の存在


今日、上町会館の葬儀が終わり、見学に来ていたプロの司会者さんと

会館のとなりに有る、レストランで食事しながら・・・仕事の話を。

仕事柄、あちこちの葬儀社を見ているし

MC(マスターオブセレモニー)なので、式典の成功を司っているわけだ。


短時間だったけど、話しの内容は葬儀の中身になってしまう。

他社の良いところや悪いところ・・いろいろ比較も出来る立場にいるので

今日の葬儀を見て・・・素直な感想を聞いてみた。

やはり、プロだけあって・・・見てるところはしっかり見ている。


今日は、どちらかというと・・・企画物はほとんど入れていないが・・・。

式典の進行も・・初めて見る・・聞く・・・体験だったそうだ。

また社員のカチッとした動きに、ビックリしたという事だった。

いずれ・・どこかの葬儀社で指導する立場として、参考にするみたいです。


当社は、他社の葬儀社に囲まれて営業している・・。

他社の会館が出来た当初は・・シェアを奪われ、受注が半減した時期も有った。


都城方面から国道221を通り、初めてこの町に訪れて・・・

当社の近所に、他社の会館が林立していて、ビックリしたそうだ。

しかし・・当社の施行実績は、ここ数年上昇している。

話しをしていて、思ったんだけど・・・ボーっとしている・・余裕が無い

常にお客様に見比べられながら、営業しているのだから


だからこそ仕事のレベルを落とすことなく、顧客満足度を上げるために

毎日、努力する事が出来る。

「最近レベル落ちたねー」・・とか噂にでもなったら、田舎では致命的である。

社員も、その事が分かっているからこそ・・独自にレベルアップを目指し

お客様第一主義を、更に磨く努力をしている。


10年ほど前、同業他社がこの町に進出してくるまでは

考えられなかった進歩である・・・・・ありがたい事だと思う。

社長が毎日訴えても、ミーティングを重ねても・・・心の底から自分自身で

目配り、気配り、心配りに徹する社員を育てるのは、とても難しい。


今は、何も言わなくても・・・伝統的に社員に受け継がれている。

この事が、会社のイメージを作っているので、お客様から良い評判を頂いている。

一時期は・・・シェアがどれだけ減ってしまうのか?と、心配していたが

ここ数年は、大幅に増える結果となっている。

しっかり見て下さっているお客様に、心からお礼を申し上げたい。

| 日記

4つの世代を


今日、上町会館では明治41年生まれの女性の、お葬式でした。

友人の、おばあちゃんなんだけど・・亨年104歳です。


仏教では、亨年と言って満年齢とは別の表記を使うところもある。

これは、生まれた時には・・すでに 

母親のお腹の中で、10月10日経っているわけです。

なので、満年齢に1を加算する・・という考え方が一般的です・・が

この話は、長くなるので・・・またの機会に。

友人のおばあちゃんの場合は、満年齢は102歳でした。


100歳以上の、ご長寿の方は誕生日に県知事や市長から、お祝いが届きますが

今日のお葬式には、知事から弔電、市からは供花が届いていました。


IMG_9739.jpg


子供が7人、孫12人、ひ孫21人、玄孫1人・・・親族だけでも凄い人数です。

このおばあちゃんが居なかったら、誰もこの世に存在していない。

それほど・・・偉大なおばあちゃんですね。

みんな、その事が分かっていて・・・とても手厚い葬送の儀でした。


担当は、飯塚部長でしたので、スムーズに進行し お客様にも

また、友人からも大変 褒めて頂きました。


IMG_9782.jpg


お? ちょろっと・・私が写っていますね・・本日、司会進行をさせて頂きました。

今日は、プロの司会者の方が、葬儀を拝見させてください・・と

来られたので、ちょっと緊張気味の顔をしています。


IMG_9786.jpg


お? ここにも私が写っていますね・・・

社員一同、大切に大切に・・・最後までお見送りいたします。

奥に写っているのは・・・先日火災で燃えた住宅です。

かなり、復旧していますが・・・大変だった事と思います。

| 日記