2011年09月16日

自分を鍛える


学生時代なら、先生が自分を鍛えてくれる事もあるが

社会人になったら、適応能力も含めて

自分で自分を鍛えるべきだと思う。

ダサイ自分が嫌なら、そうでない自分を造るべきだと・・・・。


しかし、それも・・・気づき・・・が無ければ行動出来ない。

どうしたら・・気づきの部分が敏感になれるんだろうか?

思いつく事は

どれだけ身の回りのことに敏感になっているか?

どれだけ多くの人と交流しているか?

どれだけ多くの知識を吸収しているか?


最終的には、知っている・・が、気づきにつながるのかも?

最近の自己採点表では・・面白い現象が出てきている

新聞や本に興味を持ち、読み吸収する努力を始めている。

これだけは、断言できる

読んでない人と、読む事をクセに出来た人とでは

将来・・いや、半年、一年後・・・大きな差が出てくる。


面倒だと思う事を、簡単に出来るようにする・・・コツ

それは

クセ(習慣)にしてしまう事。これに勝るものは無い。

最初は、面倒だなー・・と言いながら頑張る・・それでも良い。

それを、続けていくと・・・少しずつ負担が軽くなる。


スポーツだって、いきなりハードなレベルをこなすのはきつい。

マラソンにチャレンジしても、いきなり40Kmから始めないだろう。

少しずつ体や脳を慣らしていけばいいと思う。


課題を引き出し、やるべき事リストを作る。

優先順位を決めて、すぐに行動する。

出てきた結果を考察し、新たなリストを作る。

そういう行動も、気づきがないと・・・できない・・いや

やらない自分がいる。


という事で、疲れている時、パワーダウンした時ほど・・・

じっくりと、無音状態の中で本を読むようにしている。

最近、読んでいるのは・・・こちら

203054.jpg

著者は、リーダーの中のリーダーと呼ばれる「ジョン・C・マクスウェル」

そして、この本を監訳しているのは・・・今や誰でも知っている

ワタミグループ・・ワタミ(株)の会長:渡邉美樹氏

内容は難しすぎず、読みやすく・・・あらゆるポイントに

気づきを提供してくれる。


そして、もう20年以上も同じ本を、ボロボロになっては買い替えて

読み続けている「成功哲学」

ビジネス書の基本は、ここからスタートしているんだろうと思う。

が・・・一回読んだだけでは、意味すら分からない


2035569.jpg


いたるところに・・・マーカーで線を引いていくが

読み返すたびに、気づく場所が違ってきている事に・・気づく

(-_-)ウーム 

2030559.jpg

| 目標を達成する方法