2011年10月29日

評判


お客様からの評判・・・これは、どんなお店でも気になる事で

良い評判を頂く事、それがお店の繁盛につながる。


客観的に!というところがポイントで

正確で、客観的な意見が聞ける環境を作らないと・・

自社の進むべき道が、分からなくなってしまう。


低価格で売っているから、お客はたくさん来る・・と思っていても

品質が最低ランクだったら、そのうち飽きられて誰も来なくなる。

「安かろう悪かろう」では、お話にならない。

その逆も有りで、品質は最高だが、値段も高いでは・・・やはり売れない。


そこでしか手に入らないという希少価値が有れば、売れるかも知れないが

そういうものは、めったに無いし、開発するのに大変な苦労がある。


商売は、お客様が居て商品を買ってもらって、成り立っている。

一般の人には販売しない業販的な業種でも、それは同じで。

またサービス業も、目に見えないサービスを提供し対価を得ている。

ところが、サービスも・・よく見ていると・・・目に見える。


その目に見える良いサービスが出来た時に

お客様は、良い評判を立てて下さる。

会社の業績は、お客様の評判で決まる。


短期・中期・長期の目標を設定し・・・時代の変化の中で見直し

会社と言う「船」のようなモノを動かしていく。

しけに出会えば、荒波にもまれるし、羅針盤が無いと道にも迷う。




船長と乗組員は、運命共同体である。

自分の人生までも乗せて、みんなで協力し合い、航海を続けていく。

危険な海を進むには、船長の舵さばきだけでは進めない。

的確に進むためには、感度のいい正確なレーダーも必要だ。

感度のいい、正確なレーダーのようなもの・・・なんだろう?


お客様から返ってくる、率直な意見ではないだろうか

たまにはお叱りだったり、褒めてもらう事も

それを即座に取り入れて、業務に反映させていく・・・

大きな船には出来ない、フットワークの良さも大切だ。


| 日記