2011年12月07日

駅前屋台村


都城駅前に、屋台村が出来ました。

そろそろ開店です。

昔は、よかにせどん が

たそがれています。

今は、何なんだ?と、聞かないでね!


今も『よかにせどん』らしいです(⌒-⌒; )


iPhoneから送信
写真.JPG
| 日記

アンケートの続きです


最近、この方の記事を読んでいますが

葬儀のコーディネーターという職業柄

葬儀業者、消費者・・・どちらとも関わっているので

地域性は有るにしろ、かなり正確な情報ですね。


--------------------------

2007年〜2010年にわたり、全国で葬儀勉強会を開き

そこで6630人にアンケートをとった結果です

回答年齢は60代が35.2%,70代が35.2%と大半を占めています

葬儀勉強会に出席しようと思ったきっかけは?(複数回答)

@知識を深めたい・・・・・・・46.8%

A自分や配偶者のために・・・・41.8%

B情報収集・・・・・・・・・・26.6%

C高齢者がいる・・・・・・・・20.0%

D実際に葬儀を経験して・・・・11.4%

E身内に容態の悪い人がいる・・ 6.3%

Fその他・・・・・・・・・・・ 2.8%


この結果を見ると

葬儀の情報が欲しい、ということ人がいかに多いかわかります

やはり葬儀は未だに、よくわからない世界なのですね

60代、70代の女性は

夫の両親

自分の両親

そして

寿命から考えれば

自分の夫と、5人の人を送る可能性があります


親の近くに子供たちが、住んでいるとは限らず

親の世代も、嫁より自分の娘に世話をしてもらいたいと思う人が

増えているそうです


この年代になると親の死を考えながら

同時に自分たちの死も考えるようになります

どちらが先に逝くか、解らない年になっているからです

だから、機会があれば知識を得たいと思うのですね



そして、次の質問は

葬儀、仏事に関することで

『不安』だと思うことを教えてください(複数回答)

@葬儀費用・・・・・・・・・・39.8%

A死亡後〜葬儀後の流れ・・・・37.3%

B葬儀社選択・・・・・・・・・33.5%

C知識不足・・・・・・・・・・33.2%

D宗教者のお礼・・・・・・・・31.7%

E葬儀後の手続き・・・・・・・28.8%

F安置先・・・・・・・・・・・16.3%

G宗教者の手配・・・・・・・・14.1%

H遺産相続・・・・・・・・・・13.8%

I墓地・・・・・・・・・・・・ 9.4%


葬儀そのものだけでなく

宗教者や

死にまつわるいろいろな手配、手続き

自分が動くべき内容など

多岐に渡る不安がみられます

この不安は、一体、どこで聞いたらいいのでしょう

きっと、聞く場所さえ見当がつかないのではないでしょうか


マスコミで常時取り沙汰されている、とはいえ

自分の欲しい情報がうまく聞き込めるとは限らないし


もしかしたら

あのマスコミの葬儀情報も

目にしたり、買いあさっていたのは

騒がれていた葬儀社自身で

一般の方たちは、ごく一部の方しか

見ていないのかもしれない・・・と最近になって

思い始めました


こういう不安は

地元の葬儀社に気軽に聞ける環境ができていると

いいですね

わざわざ「葬儀勉強会」などと、名付け無くても

買い物ついでにちょっと寄って聞けるように

なると良いですね

| 日記