2012年01月03日

言霊(ことだま)の力


昔から日本人は、言葉には魔力が宿っていると信じてきた

それは、日本だけに限らないかも知れないけど・・。


伝達の手段として、言葉を上手に使う事は大切だと思う。

昔の頑固親父は、上手にしゃべれなかった分・・手が先に出てきた。

「目は口ほどにものを言い」「言わずもがな」と

言わなくても通じる・・という感覚ももちろん有るんだけど。


昔の人の名言とかに「( ゜o゜)ハッ」と気づかされる事も有る。

特に・・・経団連名誉会長、元東芝の社長 土光敏夫氏の言葉には

経験に基づく迫力が有る。


多くの名言を残しているが・・・印象深いのは

「諸君にはこれから3倍働いてもらう。

     役員は10倍働け。俺はそれ以上に働く。」

この言葉は当時「東芝」が経営危機に瀕している時

社長に就任した土光氏が、就任の挨拶で全社員の前で話した言葉だが

この後、東芝は誰もが知っているように、快進撃を続ける企業になる。


そして・・・どこかの企業の社訓にも採用されているようだが

「会社で働くなら知恵を出せ。知恵のない者は汗を出せ。

    知恵も汗も出ない者は静かに去っていけ。」


土光氏は社長就任後、休みも取らず、朝から晩まで

毎日仕事をしていたという。

自分にも厳しかったが、社員にも当然厳しい人だった。

だから、あれほどまでの大企業に成長する事が出来た。


| 日記