2012年02月29日

到着


杜の穂倉邸です。

高原町の、狭野地区にあります。

先日の宮日新聞に掲載されていましたね。

じゃ、また後で

写真.JPG
| 日記

見えるかな?


下の画像を見つめながら・・・激しく左右に

首を振ります。

何が見えるでしょうか?


2_836764730_n.jpg






答えは・・・ジョンレノン・・という事ですが

そう言われれば、そう見えますね(≧ε≦)


(゜∇゜ ;)エッ!?  見えない??

(-_-)ウーム


とにかく、見えるようになるまで訓練して下さい。

健闘を祈ります。


さて・・・飲みに・・・ぢゃなかったΣ(・口・)

会議に行ってきます。


| 日記

2012年02月28日

司会者講座


以前、野外ライブの時に・・メイン司会者の到着が遅れ

TV局のアナウンサーが司会をしてたんだけど・・なんか堅くて

お客さんもノリきれなかった。


そしてその後、とあるメインDJが司会を始めた途端・・・

むちゃくちゃ盛り上がった・・という経験が有る。

MC・・マスターオブセレモニー 

式典、イベントの進行者は大切です。


そして・・葬儀司会講座なるものの案内が来たんだけど

場所は東京、受講料は4万円である。

確かに

どんな式典でも、司会者で雰囲気が変わると思う。

上手くない司会者は・・とても目立つ

しゃべりすぎる・・とかではなく、イントネーションや

滑舌で目立ってしまう。


じゃープロに任せれば!という安易なものでもない

特に葬儀の場合は・・・。

今は、葬儀に特化した、経験豊富なプロの司会者も多いので

需要には、応える事が出来ているんだけど

当然、プロなのでギャランティーが発生する。

以下・・・案内文の抜粋です。


1. 弔電で分かる葬儀司会者のレベル
 1)上手い司会者はどこが違うのか?
 2)ルール、約束事を知る

2. 葬儀司会のポイント
 1)葬儀司会の8つのポイント
 2)悪い葬儀司会の典型、やってはいけない事
 3)司会力向上のポイント

3. 司会表現の基礎
 1)〈フィジカル編〉 一般受けが良い発声の基本
  ○良い声の定義
  ○聴きやすい声をつくるトレーニング

 2)〈セオリー・テクニック編@〉 一般的な言語テクニック
  ○「伝える」ための3要素
  ○「ニュアンス」を表現する〜2次元から3次元へ
  ○「間」の使い方の妙

 3)〈セオリー・テクニック編A〉 葬儀司会の言語テクニック
  ○テクニックの三要素(高低、強弱、速度)
  ○葬儀司会における「音の向き」
  ○「正負陽陰」の司会表現フィールドと「呼吸」テクニック

 4)6つの葬儀司会基礎
  ○プロミネンス… 一番伝えたいポイントの表現方法
  ○間[ポーズ]… 間の三要素、並列の規則性
  ○切りきらず… 句読点の音の処理
  ○テンポ… 葬儀に相応しいリズムや速度
  ○スローダウン… 葬儀司会ならではの文末の音の処理、余韻の残る文章の終わり方
  ○チェンジオブペース… 聞き手を惹きつける緩急のつけ方

 1)聞きやすい「進行アナウンス」とは
  ○アナウンスの設計図の組立て(分析図)
  ○「アナウンス進行台本」の考え方
  ○進行アナウンスのトレーニング(解説付き)

 2)「弔電」
  ○弔電の意味、ポイント
  ○弔電の読みのコツ

 3)司会の約束事
  ○読点(、)と句点(。)… 書き言葉と話し言葉はルールが違う
  ○メリハリの付け方… 1つの文章に、強い部分と弱い部分をつくる



うーむ、恐ろしく難解な事が書いてある(・_・;)


私は「ふじもと美誠堂」での修行時代

小さなカセットレコーダーを買って

当時の社長の葬儀司会を、こっそり録音していた。


そして、家に帰ってから文字に起こして、同じように

読める・・ではなく、言えるように練習していた時代が有る。


今は、息子さんが社長になられ伝統を引き継いでいるけど

当時は、最高の司会者と同業者からも称えられる人だった。

確かにノウハウは・・・有る。


| 日記

2012年02月27日

FaceBookあれこれ


というわけで・・・ヽ(。_゜)ノ ヘッ?

今日からはFaceBookを、真面目に使おうと

あれこれ・・スマホを触りまくっていますが

いまだに・・・使い方が分からんです(~_~;)


ところが・・・

アッと言う間に、友達がなぜか?60人になってしまい

返信もコメントも・・まだ出来ていません。

なので・・・

ぼちぼち返しますので、あら?と思っている方

今しばらくお待ちいただきますよう、お願い申し上げます。


DVC00200.jpg


それにしても・・・FaceBookとは・・すごいもんですねー(◎-◎)


| 日記

2012年02月26日

FaceBookフェイスブック


とある組織の指令により

FaceBook「フェイスブック」で

連絡を取り合う必要が出てきました。


fbe4b8d071.jpg

うわーーまた、色んな事を覚えなきゃいかんです (゜O゜;)

うわーー超めんdks・・・i

| 日記

2012年02月25日

フィナーレです


結婚式も、いよいよフィナーレ

懐かしい仲間に会えた時間でも

ありました。

ご両人 いつまでも お幸せに!
写真.JPG
| 日記

惜しい


カニではなく、伊勢エビでした。
写真.JPG
| 日記

結婚式場から


そろそろ始まります。

人が多過ぎて、うるさいです。

あ、いや

始まる前から、盛り上がっています。
写真.JPG
| 日記

さて


そろそろ・・行きますかな

(゜∇゜ ;)エッ!?どこに?

友人の息子さんの結婚式でございます。

そろそろ、中山荘のバスが迎えに来る時間です。

夜は・・・地元に帰ってきて、親父たちだけで

遅くまで飲むそうです。


明日も早いし、最近寝不足なので・・

カンベンして欲しいです。 ┐(´-`)┌ マッタク


1930951_0.jpg


| 日記

2012年02月24日

別途・・に・・注意です。


先日の新聞に入っていた「チラシ」

他社の事なので、放っとこうと思ったんだけど・・・

さすがに・・・これは、マズイなー・・と思う。


どこの会社かは・・さすがに書けないけど

もう何日も過ぎている事と、社名が分からないように

画像を配慮しました。

このブログもここ最近、アクセスが多くなってきたし

恥かしいけど、まだまだ、こういう事実が有る事を知って欲しい。


その問題のチラシは・・・ ↓


001.jpg


まず、60万円が 36万円 「なんと24万円も おトク」となっている。

これだけ見れば、すごい!安い!・・と思うんだけど

見ると・・・「別途内容」という小さな文字が気になる。


さらに良く見て・・・驚いた。

「祭壇花」は別料金である・・という事は

60万円もの祭壇に生花は付いていない・・・・・という事になる。

お花が全く無い祭壇をお客様が希望する・・とは思えないので

オプションで祭壇に飾る花を、追加注文する・・となるんだと思う。



その他の部分を見ると・・・見た事もない項目の料金が!

「式典奉仕料」「式後準備費」などなど・・・・なんだろう??


司会も別料金だし、会場使用料、控え室使用料、寝台車、霊柩車

先導車、マイクロバス、火葬料金、返礼品、料理・・・etc

全ての合計金額は?・・・・ゾッとする。


ここに依頼するのも、お客様の自由なんだけど

必ず!「総額」全部でいくらかかるのか?・・・それを聞いて

そして、必ず!「見積書を取る」総額が書いてある事。

追加料金は発生しないのか?確認してから決める!・・ですね。


一番確かなのは・・・

出来る事なら、事前にあちこち相談に行ってみることです。

問題が有ったり、対応が悪かったり、料金が高かったり・・

不信感を感じたら、別の業者にも行ってみることです。


いくつか回ってみて、キチンと対応してくれて

見積もりをしっかり発行してくれる業者を選びましょう。

相談に来たお客さんを、大切にしない業者はいないと思うので

堂々と疑問に思う事を聞いて欲しいと思います。


もし・・上記のチラシを見て頼んでしまったら・・・

絶対に!36万円では出来ません。

安く見積もっても・・・プラス20万円以上はかかると思います。

なぜ?正直に書かないのか?不思議だ。


当社では・・というか・・・最近はどこも・・だと思いますが

素人に分かりにくい表示は、避けていると思います。

なぜか?と言うと・・・トリックは、いずれ、バレてしまって

うわさが広まり、評判を落とす事になるからです。


この業界のレベルを落とさないためにも、こういった表示は

止めて欲しいと思います。

正直に・・お客様第一主義でお願いしたいと思います。



※もし、チラシの関係者の方がこのブログを見ることがあり

苦言を呈したい場合は、直接私に申し述べてください。

私は御社を、悪戯に中傷しているわけではありません。

この業界のレベルアップのためにも、お客様目線で

正直な仕事をして欲しいだけです。


| 日記

2012年02月23日

昨日のフォーラム


早速、今日の宮日新聞に掲載されていましたね。

0210 009.jpg


昨日のフォーラムですが、宮崎県内を中心に中小企業の

経営者や社員がたくさん集まりました。

県知事、市長、銀行頭取その他多くの来賓も参加され

総勢800名もの企業家が、宮観に集結しました。


0210 005.jpg


前半の「基調講演」では、 3.11の東日本大震災で

家も工場も全て失った老舗蔵元の会長「河野氏」の講演でした。

200年の歴史が、たった10分で全て消えました・・・と


しかし、再建することを決断し一人の社員も解雇することなく

多くの仲間たちの協力を得て、復興しました。

まさに、ドラマのようなお話で・・しかし想像を絶する体験談は

会場内の多くの参加者が涙を流していました。


0210 006.jpg

私のグループは、第1分科会の第5グループ

各テーブルには、グループ長と副グループ長がいて

グループごとに、参加者をまとめていきます。


基調講演の後、分科会ごとの会場に移動し

地域との連携をテーマに、パネルディスカッション。

それを踏まえて、グループごとに討論し勉強する。


会場に着いたのは、午前10時で、終了したのは

午後7時半という、長丁場でした。

その後、懇親会も有ったのですが・・・さすがに

疲れていたので、都城のメンバーと一緒に帰ってきました。


グループ討論では、それぞれの意見や思いを集約して

まとめて行くという・・・大変な作業でしたが

都城から来てくれた仲間が、副グループ長を務めてくれて

きれいに纏めてくれたので、大変助かりました。

感謝感謝でございました。(^o^)


さすがに・・・ここ数ヶ月間、会議を重ね

2.22に、照準を合わせ頑張ってきたという事と

基調講演や分科会の内容が素晴らしく

参加者が「来て良かった」と、言ってくれた事が

何よりの、癒しになりました。


| 日記

2012年02月22日

開会です


いやー

すごく、多くの人で溢れてます
写真.JPG
| 日記

フォーラムそろそろ


会場設営中です。
写真.JPG
| 日記

2012年02月21日

人の為に尽くしなさい


今日は、ほぼ同時刻に本社「あじさいホール」と

「南よこいち会館」で、葬儀が執り行われました。


私は本社で司会を務めましたが、友人のご家族です。

おばあちゃんが亡くなられたんだけど

経歴をお聞きして、驚くやら、尊敬するやら・・


IMG_1391.jpg


大正3年生まれの、亨年99歳です。

結婚したのが20歳の頃、時は日本中が

戦争と言う激動の時代で、結婚して長男を出産し

その後すぐに、ご主人を戦争で亡くした。

なのでご長男は、昭和初期生まれには珍しく、一人っ子です。


その後は、大変なご苦労をされましたが

感動したのは、人の為に出来る事を・・・と

保健婦の国家資格を取り、看護師として助産婦として

70歳半ばまで、現役で赤ちゃんを取り上げられたそうです。

取り上げた総数は・・なんと2.500人以上。


戦後の食糧難の時は、近所の方々に自分の食料を配り

お産の時は、真夜中でも幼い息子を自転車の後ろに乗せ

妊婦さんの元に駆けつけました。


当時、大流行した伝染病の時は、不足した医者の代わりに

身を粉にして働き、多くの患者さんを救いました。

眠気覚ましに、お茶の葉を噛んで、食事もそこそこに

お茶漬けをすすりながら、懸命に尽くされました。

そして、一段落すると

畑に出て、農作業に汗を流すという日々でした。


「人の為に尽くしなさい」と言うのが口癖だったそうです。

子供、孫、ひ孫・・みんな立派に成長し

安心されたのか、ご主人の待つお浄土へ還って逝かれました。


お別れに、ひ孫さんが・・お手紙を読まれましたが

友人の娘さんです・・・はっきりと、ゆっくりと

いかに大切にされていたのか・・・大ばあちゃんへの想いを。

そして、結婚式を見せられなくてゴメンね。

玄孫を見せたかった・・・と、綴られていました。


IMG_1432.jpg


担当は、当社のパワフルな男「修行くん」です。

平山君と同じく、山田会館がテリトリー地域なので

本社で担当をしたのは、2度目だという事ですが

丁寧な仕事振りは、お客様アンケートでも分かります。


お客様が帰られる際に、わざわざ事務所内にまで

お越しいただき、お礼と感謝の言葉を頂きました。


本当にありがたいと思います。

大きいおばあちゃんの、お葬式の時は・・・と思い出され

お客様の記憶に残る、良い仕事が出来たらと思います。


IMG_1457.jpg


| 日記

モチベーション


またまた、原稿書きながら深夜になっていますが・・

基本的に、深夜に無音の状態で考える・・というクセですね。

早朝の予定が入っている時は、ほとんど眠らない時も・・。

若い頃なら翌日もOKなんだけど・・・(×_×;)


最近は・・・昼間にカクッっと眠くなる時があります

やばいですね・・・ (゜O゜;) 運転中とか?!

でも今度の車は、ハンドリングがシビアで片手運転も危ないです。

なので、ハンドルもホームポジションを守ってしっかり運転しています。

anzen00213.jpg


明日のフォーラムの第一分科会で、グループ長を任されていますので

せっかく来ていただいた方々に、満足し尚且つ気づきを感じて頂きたい。

そのためには、講演もさることながら、その後の討論が大切です。


物事の成功は、準備で決まる。

いつものセリフですが、100やって当たり前なので・・・

集中して取り組みます。


どうも上手くいかないとか、勝手が違う・・といった場合は

準備不足です・・というか、慣れていない・・という事です。

スポーツ選手・・特にプロの選手だと有り得ない話ですが

形は違えど、プロとして仕事をしているのに

プロのスポーツ選手ほど、自分を鍛えられないのは何故でしょう?

2201236.jpg


これは、とあるコンサルタントの社長が、いつも話している

人事評価に原因がありそうです。

プロのスポーツ選手は、成績もスランプも怪我も全てが自己責任です。

そして成績や貢献度に応じた報酬が年俸として契約されます。


しかし、通常の仕事の現場ではどうでしょうか?

そういう評価制度を取り入れている会社も実際には有りますが

現実に取り入れるのは、なかなか難しいものです。

日本人は特に、ギクシャクした人間関係を嫌いますから・・・。

頑張っているんだから、気持ちを優先しよう・・という傾向に有ります。


100%ノルマの会社も有りますし

個人の成績に応じた給与システムの会社も多く存在します。

特に外資系の会社は、その傾向が強いと思います。


昔は「終身雇用」という言葉があり

自ら辞表を出したり、不祥事を起こさない限りは

定年まで勤めることが出来た。

個人の成績を左右する会社でも、日陰に置かれたりしても

クビになる事は少なかった時代。


反面・・・今は、好きな仕事に就くことさえも難しい時代です。

求人倍率は・・0.6倍と言っていますが

ここには・・業種の好き嫌いは入っていません。

つまり、働きたい業種の求人倍率ではない・・という事です。

10人の人が仕事を探していて、6社が求人しているという話です。


かといって、求人している会社が優位か・というと

そうでもありません。

魅力のない会社には・・やはり誰も応募しません。

魅力ある会社になるために、社員を幸せにするために

努力を重ねている会社・・・そういう会社の経営者になるために

経営者は常に自分を磨き勉強し、心を高める必要が有ります。


そのためにも、こういったフォーラムに参加し経営者仲間に会って

自分自身のモチベーションを、さらに高める手段にすべきです。


| 日記

2012年02月20日

地域の中で生きている


昨日は、やるべき事リストから3つの事が処理できた。

時間的に、2つ出来ればOKか?と、思ってたけど

ヒロシと大規が、時間のかかる作業を代行してくれて

結果もなかなか素晴らしい出来だった。(^o^)


さて、先日の「ライオンズクラブの40周年祭」と同じく

大掛かりなイベントが、明後日22日に開催されます。


何度も、川南まで車をすっ飛ばして、会議に参加してきました。

県内の企業家を中心に、なんと700名以上の参加です。

都城地区からも、100名近いメンバーが参加するようです。


ここ数日、そのために資料の確認とミーティングの組み立てを

考えていますが、他のメンバーは当日が初顔合わせなので・・・

予定通りに進むかどうか?まったく分かりません。(≧ε≦)

出たとこ勝負の、ぶっつけ本番です。


00236.jpg


今回、聞いて欲しい企業家のスピーチは

東日本大震災の被災地「岩手、陸前高田市」から来られる

株ェ木澤商店の会長:河野和義氏

歴史ある醸造元は、3.11の大震災で、蔵も工場も全てを失う

失意の中から、復興、再建するまでの感情の推移や、手法や道のりを・・・。



そして、もうおひと方は、同じく岩手県の轄sc自動車学校の

社長、田村満氏

広い敷地を持つ学校敷地は、救援物資の拠点となり復興を支えた。

自社も被災しながらも、地域の復興のために尽力されている。

復興作業が進むこの地域では、特殊車両:ブルドーザなどの

運転免許を取得しに、多くの方々が入校してくるという。

全ては、地域に根ざし復興のために出来る事を・・・。


00237.jpg


震災から、もうすぐ1年が経とうとしている。

残されたものたちが出来る事を、決して風化させてはいけないし

中小企業家だからこそ出来る事を、地域を越えて取り組んでいこう。


| 日記

2012年02月19日

出来る事からコツコツと


ここ最近、忙しかったので

やらねばならない事が・・・全然出来なかったっす。

リストアップしているけど、ほとんど手付かずです。


今月も残り少ないけど・・・あせらずに

とりあえず、出来る事からコツコツと丁寧に・・・・


kotsukotsu.jpg.jpg



| 日記

2012年02月17日

片目をつぶって見る


昨夜も、遅くまで原稿を書きながら

自己採点表を見ていましたが・・・読みながら

ある言葉を・・・思い出していました。

001.jpg


それは、先日開催された「(株)ながやま新春会」で

社長の永山ちゃんが、挨拶で言っていた言葉


120 006.jpg


「最近やっと、社員の事を片目をつぶって見る事を覚えました。」

かなり意味が深くて、思わず笑ってしまったんだけど

その後の2次会で、その話をした理由を聞いて・・・

またまた、笑ってしまいました。(^o^)


有名な経営者の書籍にも、書いてありますが・・・

確かに、そういう風に見なきゃいけない社員もいます。

その人その人・・・レベルはそれぞれ違いますから・・・。


ただ、社風と言うか・・・空気感は全員で統一させたい

と、思うんだけど・・・中には意味が通じない人もいる。

当面、役割分担しているので

求められる仕事が出来ればOK!・・・と諦めて

片目をつぶらないと・・・

その人を不純物のような目で見てしまう。


今まで過ごして来た環境等でも、個性が出てきますが

やはり、お陰様の心や、お客様を大切にする心

仲間を大切にする心、給料を頂けることのありがたさ

働く場所がある事のありがたさ・・など

当たり前の事ですが・・・身の回りの、全てのものに

感謝できる人になりたいものです。


働いているんだから給料をもらって当たり前と言う人

確かに!・・本当にそうですね!

しかし、こんな人もいます。


こうして働ける場所が有り、給料も毎月もらえ

会社側の心遣いも理解でき、ありがたい・・と言う人。


同じ仕事が出来る人なら、人間的にどちらの人に

居て欲しいでしょうか?

他人に接する時に、この基本的な考え方の差が・・・

大きく現れます。

肌で感じる空気感でも、それが感じられます。


経営者は誰でも、その事に・・とても敏感です。

たとえパートさんでも、それは同じです。

給与が少なくて済む人ではなく・・・当然ですが

仲間と感じられる、一緒にいて気持ちの良い人ですね。


| 日記

2012年02月16日

Time is money


仕事もプライベートも、忙しくなってきましたが

時間をうまく使って、乗り越えねばなりません。


アメリカの100ドル札の肖像画にもなっている

ベンジャミン・フランクリンは

Time is money・・・・「時は金なり」と言い

時間を浪費するな と、教えてくれました。

Usdollar100front[1].jpg


明日の原稿を書いていて・・すでに深夜になってしまいましたが

今日、明日眠れないのなら・・・2〜3日後にぐっすり寝ればいいか?

というくらいの・・アバウトな感覚で生きています。(^o^)

あまり長生きしないタイプですね・・・(ё_ё)



今日、尊敬する・・とある方から電話をいただきました。

50歳の節目の年に、とある勉強会に参加してきたという事ですが

話を聞いて・・・その、向上心や真っ直ぐな心に感動しました。


実は・・・これからの葬儀社に一番必要とされる事になる!であろう・・

そのものズバリだったからです。

知識として・・とか、自社の売りとして・・とかいう物ではなく

チームが・・その色に染まる・・こと

とても難しい事ですが、今後・・大切な企業理念の柱になるものです。



当社は、まだまだ・・規模が小さく、出張など出来ないレベルですが

そろそろ、様々な情報を収集して、経営者自身がまず学んで

的確な方向性を出していく事・・。

経営者の勉強不足は、取り返せないほどの遅れを生み出します。


今日の話は、その事を明確にしていただきました・・・が

グリーフワーク(グリーフケア)という、心のサービス

それが自然体で出来るチームを作る・・・

究極の〇〇〇でしょうね。


理想的だね!・・・などと言わず・・今やる価値が大いに有りますね。


| 日記

2012年02月15日

褒めていただける


あまり寒くないのが救いだけど

今日もまた、シトシトと、降り続いている雨

当社の若手のホープ、ヒロシが担当するお客様です。


2012021501.jpg


大規と共に、20歳で入社して

この仕事は、極めようと思うと難しい仕事ですから

がむしゃらに勉強し、ここまで頑張ってきました。


今は、ヒロシも大規も・・・全て安心してお任せできます。

私の知る、この年代の若者より、相当レベルが高いです。


今日の お客様は、ヒロシの母方のご親戚だったので

身内が、いっぱい居て・・やり辛そう?だったかな。


でも、いつものように完璧に決めてくれたので

出棺後また、多くの方々に褒めて頂きました。


一昨日の平山君の時と言い・・社員を褒めて頂けると

嬉しいものです。


まだまだ、身に着けなければならないものは

数えきれないほど、たくさん有りますが

お客様から、本物の言葉を頂ける

そういう仕事が出来る若者です。


| 日記