2012年02月01日

記憶がよみがえる


今日は、南よこいち会館で行われた葬儀の

司会に行ってきました。

最初は気づかなかったんだけど

供花の名札を見て、もしかしたら?と・・・。


式中のひ孫さんのお手紙で、確信しました。

やはり、若くして亡くなった友人のご家族でした。


もう20年以上も前の話で、記憶も薄れかけているものの

友人は20代で、車の事故で亡くなりましたが

結婚して子供が産まれたばかりでした。

独身時代からの付き合いで、お互いに連絡を取り合い

あちこちに遊びに行ったものでした。



午後から時間が出来た時に、ご家族に挨拶に伺い

その話をしたところ・・お母さん・・

つまり友人の奥さんが、私の事を覚えていてくれました。


そして・・・今日のお葬式は、とても暖かいお葬式でした・・と

担当をした、ミスター長尾くんを大変褒めていただきました。

当社では、一番新米の社員ですが

見てて分かります・・・ご家族のために一生懸命になっています。


一生懸命すぎて、大丈夫か?と心配になる時も有りますが

ご家族様には、暖かく感じられ、また心が伝わっているようです。


帰り際にも、その事を親せき一同様より、お聞きし

早速、ミスターに伝えました。

素晴らしいディレクターとして、まだまだ道のりは長いけど

お褒めの言葉がいただける仕事を、これからも丁寧に

やっていきましょう。


_YB_2250-sm.jpg


| 日記

基準


やはり、仕事の事を書くと・・・

同じような事を経験した同業者からメールが・・・。

他県だけど、似たような経験はどこも同じですね。


昨日のブログには書いてなかったけど

実際は、書類選考のあと面接をして

3ヶ月間の訓練期間で、本人の習得する態度を見る。

出来る出来ないは、後でついてくると思う。


たまに、訓練期間なのに建物の陰に隠れて、電話やメールをしている

電話もメールも禁止ではないので、堂々とやればいいんだけど・・。

これが・・・仲間から不信感を買ってしまう。


仕事はチームでやっているので、仲間意識が大切だ。

3ヶ月間で、仲間として現社員たちに認めてもらえば

実務は・・・その後・・コツコツ覚えていけばいい。


なので、実務に達しないところで、辞めていく

仕事の進め方は、各社様々だが・・どこも創意工夫をして

他社の見学や、勉強会など繰り返し、一昔前と比べ

各社、お客様から苦言が出る事は少ないのではないか?


でも、大切な事がある

お客様の声に耳を澄ませながら、常に軌道修正をしているか

そのチェックは・・・誰がどんな事を基準にやっているか?

基準を持っていないと・・・分からなくなる。


たとえば・・

1mという長さ、1Kgという重さ 1秒という時間

これには当然、世界基準がある。

「メートル原器」や「キログラム原器」は

フランスで作られ、日本にも届いている。


Platinum-Iridium_meter_bar.jpg


CGKilogram.jpg


ぶれない基準を、どこかに持っている事。

そして、ずれを修正する部分が機能している事など

大切な事だと思います。


| 日記