2012年03月27日

慣性の法則


慣性の法則  理科で・・・中学生くらいで習うのかな?

「 静止している物体は静止し続ける 」

または

「 ある速度を持って運動している物体はその速度で運動し続ける 」

という法則の事で「車は急に止まれない」って標語も有りましたね。

実は考え方や行動にも「慣性の法則」が有る。


出不精がクセになっている人は、出かけるのが面倒だし

毎日どこかに出かける人は、じっとしているのがイヤ・・とか

考え方に例えると、同じ事であっても捉え方が変わってくる。



そこで、ある有名なお話しがあります。

ある時、2人の営業マンに会社から指令が下されました。

「アフリカに飛んで、靴を売って来るように!」・・と


意気揚々と飛び立った2人は、アフリカに降り立って

早速、営業活動を始めました。


間もなく営業マンAさんは、会社にこのように報告しました。

「ここは無理です。全員、靴を履く習慣がありません!」


遅れて営業マンBさんは、会社にこのように報告しました。

「ここは宝の山です。誰も靴を履いていません!」


AさんとBさんとでは、どちらの考え方の方が売れるかは

一目瞭然ですよね。



物事の考え方や行動は・・・その人の個性であると同時に

捉え方の傾向に左右されます。

つまり・・・そういう物の見方をするクセ。


よく・・あの人は行動的だ・・とか消極的だ・・とか言うのも

その人は・・そういう傾向に有るというイメージです。


で、慣性の法則ですが

この性格のクセにも「慣性の法則」が有るようです。

自分が消極的だ・・と思っている人は、意識的に

行動を起こし、自分を変えていく工夫を続けていく事で

少しずつ変わっていく事が出来ます。

それは・・・私自身が変わった事で、実証されていると思います。



さて、明日は高崎会館、山田会館・・・

そして久々の自宅葬も重なっています。

選んで良かったと言っていただけるよう・・気合を入れて。


| 日記