2012年04月30日

不可抗力と過失


最近は、人災と思える交通事故が多いですね。

「不可抗力」という言葉がありますが

注意を払い、あらゆる方法を尽くしても

回避できない状態、または結果・・・ということだけど


逆に「過失」という、犯した責任を問われる事も・・

病気や車の不具合が原因でも・・・それは

過失とまで言われなくても、不可抗力にはならない。

回避する方法または、措置が出来たはずなので・・・。


というよりも、そんな理由で言い訳されても

大切な人を失った人たちは、到底納得なんかできない。



昨日の観光バスの事故も、ドライバーの居眠りだったという

明け方だったので、ほとんどの乗客はバスの中で眠っていたはず

起きていたとしても、逃げることは出来ないけど

身構えたり、車が車線をふらついたりと兆候が有れば

注意する事は可能だったかも・・と、今更だけど

思ってしまう。


GWの書き入れ時なので・・・過重労働になっている。

利益を優先する観光会社に、その責任が有りそうだが

過去にも何度か、似たような事故が起こっているのに

なぜ?過去の反省が生かされないのだろう。


先日、京都で相次いだ事故や

千葉、愛知での子供の列に車が突っ込む事故も・・・。

去年は、運転手がてんかんの発作を起こし

運転していたクレーン車が、子供の列に突っ込んでいる。


お年寄りの運転操作ミスによる、事故が多いなーと思ってたら

今回は、20代の若者たちが多い。

事故の理由は「ぼーっと運転していた」という事だ。

そんな事で、大切な家族を亡くしたら・・・何ともやりきれない。



| 日記