2012年05月17日

90歳のブロガー


テレビで 「さっちゃんのお気楽ブログ」と いう内容の放送があった。

なんと、90歳でブログ(インターネット上に書く日記)を

手書きの水彩画や 油絵を描き 絵日記風にコメント付きで載せている。


23970.jpg


ここ最近、毎日見ているが・・・毎日更新している・・すごい


098_3.jpg


その記事に・・いろんな人がコメントを寄せている。

コメントを見ていると、みんな、さっちゃんのファンになっているようだ。


記事2s.jpg



さっちゃんは

四国は徳島県吉野川市に住む「堀江幸子さん御年90歳 である」

文章も、とても90歳の人が書いているとは思えないが

豊かな人生経験が感じ取れる・・あったかくなるブログです。



こちら ⇒ さっちゃんのお気楽ブログ2


そして・・・さっちゃんを紹介するニュースは多いのですが

分かりやすい、記事がありました。  ↓


堀江幸子さん90歳。
6年前に始めたブログには、趣味の水彩画と、暮らしのなかでの発見や
思い出話などがつづられている。
アクセス数は1日500〜800件。
その反響が、今日もさっちゃんをパソコンに向かわせている。

「見てくださる人が増えて、うれしいなあ。朝起きて
(読者の)コメントを読むのが楽しみでねえ。
このごろは待ちきれなくて、夜中トイレに起きたときに
ブログをのぞくようになってるんよ(笑)」

お菓子の缶を積み、高さを調節した台の上にパソコンを置いて
ブログを執筆するさっちゃん。
「今日は寒いなあ。今年の春は、道草しながらくるんかなあ」というと、
右手の人さし指と中指だけを使って、感じたことをゆっくりと入力していく。
さらにさっちゃんは「春はもうすぐそこに」と続けた。
友人の田中福子さん(75)はこう話す。

「カルチャーセンターで私が習ったことを、さっちゃんに
教えるというという形で平成13年パソコンを始めました。
始めたころは、私が電話で『今メール送ったけど、ちゃんと届いた?』と聞くと
『いや、きてない。どこ押したらわかるん?』という程度でした(笑)。
さっちゃんはすごいわ。
ブログのアップ率90%以上なんて。ほんまに感心します」


堀江幸子さん.jpg




90歳だから・・・老けている・・・という認識は、これからは

当てはまらないかも知れませんね。

高齢ではあるが・・・老けてはいない・・・

この事は、何かのヒントになるんじゃないか?と思う。


最近、あちこちに建設されている、高齢者施設

宿泊型の施設や、朝から夕方までのデイサービスなど様々だけど

ただ単に、高齢者を預かる・・というのではなく

高齢者を生き生きさせるための、様々な工夫をしているようだ。


仕事が有るので、自宅で診ることが出来ないので預ける・・

という方が多いのも、事実ではあるけど・・・

預けた先の施設が、こういう活動をする事で認知症が治ったり

高齢者に生きがいを持たせる事が出来たら・・というか

さっちゃんの例を見れば、出来ない事は無い・・と思う。


先ほどの説明では、10年前の80歳でパソコンを始めた・・という

ブログを始めたのは、7年前という事です

教える側も、根気が必要だけど・・・すごい実話ですね。



| 日記

さて、行きますかな


昨日は、商工会総会が終わった後・・・

懇親会が予定されていたんだけど・・・いやーな予感がしたので

酒を飲まない友人と、とっとと・・・退散した。(^o^)


連チャンは、さすがに・・きつい

お陰様で仕事の依頼も、多く頂いているので

体調不良で、ポイントを下げるわけにはいかないし

社員の手前、見本にならなければ!


という事で・・・今から葬儀司会に

高原会館へ行ってきます。


01 015.jpg





| 日記

写真家「芥川 仁」


最近フェイスブックで再会した・・・

友人と言うには、あまりにも雲の上の人だけど

写真家の「芥川 仁」さんがいる。⇒ 芥川 仁ホームページ

もう、20年くらい前のことで記憶も薄らいでいる・・が

なぜか・・・友達の友達・・・と言う事でヒットした。


今は宮崎に住んでいるんだけど・・・会う機会が全く無かったし

テリトリーが・・ぜんぜん違う事も・・。


物腰柔らかく・・それでいて背が高く颯爽としていて

かっこいいのだ・・

2月の終わり頃にメッセージを送ってみたら



種子田さんと何所で出会ったのか、思い出そうとしていました。

上々颱風の頃なんですか!  ・・・・中略・・・・

又、よろしくお願いします。

薄っすらと雪の残る博多にて。


と・・返事が来ていた。

上々颱風という横須賀のバンドを呼んで

高崎町でイベントをしていた頃に、縁有って知り合った人である。

とにかく・・・今、会ってみたい人です。


当時は

土呂久や水俣の公害病の写真を撮り続けていた、写真家・・

という印象でしたが、海外でも写真展を開いている

すごい人だった・・と、後で知りました。


20070717205329.jpg


そういう事も含めて

フェイスブックの意味は大きいと思います。

最近は、マスコミでも色々言われていますが

自分に合ったペースで、ゆっくり利用していくのも

いいですね。


| 日記