2012年06月04日

チームが機能する仕事


今日は、南よこいち会館で司会を務めたんだけど

終始・・・目が潤んでしまいました。


式典を完璧に進行する役目を担っているので

失敗とか、段取りの悪さは絶対に出来ないんだけど

気持ちが入り過ぎてしまうと・・ふと見えなくなる事もあります。


事前に打ち合わせをしていたにしても、担当の名原部長は

ご家族との時間が長かっただけに、きつかったかも?


プライバシーも有るので、写真の掲載は出来ませんが

昨夜のお通夜から・・今日のお葬式に至るまで見ていて

故人がいかに・・家族や周りの方々に慕われていたか

うかがい知る事が出来ました。


ご友人の弔辞、娘さんの追悼の言葉・・・

声にならない言葉が、参列した方々の心を打ちました。


また、ご導師の心のこもった法話に

式場内が水を打ったように静まり返り、聞き入っていました。



私たちに出来る事は、なんでしょうか?

今一度・・考えて見ましょう。

心の支えを突然失った家族に・・・どうやって寄り添えばいいのか?

絶対にやってはいけない事・・・自分たち目線で物事を考えてしまう事

ルーチンワークで、仕事を単なる作業にしてしまう事


今日の総括を考えていました。

部長が、絶対にミスをしないという意気込みを感じました。

機器のトラブルにさえ、2重3重の防護策をしていたこと


そして、繊細な感覚を持つ、あかりちゃんの良い仕事が

素晴らしかったと思います。

休日を変更してまで仕事に向き合った、会館責任者の長野さん

そしてサブサポートの社員たち

チームワークを結集し、ご家族の悲しみを1%でも癒せたかな?


ふと思い・・17日の父の日には・・ちょっと早かったけど

白いバラの花束を、メッセージと共に収めていただきました。


| 日記