2012年08月13日

情けは人の為ならず


情けは人の為ならず・・・というと

よく勘違いされるのが、人に情けをかけるのは

その人の為にならないから・・と意味を取り違える。


情けをかける・・というと

なんだか上から目線みたいに感じるけど

人を大切にする事・・という意味合いが大きい。


0120093.gif


今日の、あじさいホールは

昔から大変ご縁の深い方の、お葬式でした。

お付き合いを大事にしている方で、お葬式にも頻繁に

訪れていましたが、最近見かけないなーと思っていたら

病気になり、急逝だったとの事です。


当社の社員をはじめ、私にも良く声をかけてくれて

お友達のような感覚でした。

早くにご主人を亡くされて、その後の面倒な作業を

社員が丁寧にやっていたので、頼りにしていたんだと思います。


人を大切にする事、周りの人を幸せにする事・・と、常に

子供や孫に教えていたそうで

そのエピソードも紹介してもらいました。

お盆に入った今日・・・大勢の方々がお別れに来られました。



人を大切にして、そして結果・・自分自身も周りの方々から

慕われ、大切にされてきた。

今日は・・・それが、身に沁みて感じられる温かいお葬式でした。

いつも笑顔で接してくれた姿を、式中に何度も思い出していました。

こんな人生を送らなきゃ・・・と、思います。


| 日記