2012年08月30日

季節の変わり目


ここ数日、夜風がひんやりしてきましたね。

季節の変わり目でしょうか?

♪ 季節の変わり目を あなたの心で知るなんて♪

という歌が有りましたね・・あ、関係ないですね。





暑さ寒さも彼岸まで・・となると、もうチョイですな。

明日から、怒涛の10レンチャン

予定表は、びっしり埋まっています。

そのほとんどは、夕方からですので・・お察しの通りです。


その間隙を縫って・・・経営を軌道に乗せねばなりませんが

ありがたい事に、今最高のメンバーに恵まれています。

私は、仕事に関しては、こだわるタイプなので

気になる事を放っとく事が出来ません。


なので、もし社員の仕上がりに疑問点があると

求めるプロレベルになるまで、何回でもチェックします。


当然、ベテランでも

気の緩みで・・・仕事の精度が落ちた場合も同じです。

そういう事は、当社でも日常的にとても多く

知らぬうちに、ルーチンワーク・・・にはまってしまう。


そろそろ、求人をしなければいけないんだけど

大切な事なので、かなりパワーを消費します。


求人する側は、なぜ当社を選んだのですか?というところを

必ず聞きますので、答えを考えていて欲しいですね。

たまに、働ければどこでも良かったので・・と

言う人に遭遇しますが、どこに行っても採用されないと思います。


自分は、何が出来るので貢献できる・・という明確な答えを

持っていて欲しいと思います。

いずれにしても、自分を鍛えていないと何も実現できません。


| 日記

「お迎え」という番組


お通夜準備も一段落した頃、急いでテレビを見に帰ります。

なぜか?と言うと・・・7時半からのNHK総合

「クローズアップ現代」という番組の特集で


「天国からの お迎え・・穏やかな最期とは・・」

という、番組が有る事を、今朝の新聞で見ていたからです。


51989MENJWL._SL500_AA300_[1].jpg


これは、見ておかねば・・と、iphoneのスケジュールに

インプットしました。


内容は、終末医療の現場で、医者は当たり前のように

認識している事・・「お迎え」という一種の幻覚の特集です。


でも、この幻覚が死への恐怖を和らげ、穏やかなものにするという。

私たちの仕事は、遺族としか接点が有りませんから

この番組だけは見ておきたかったのです。


以前、お笑い番組で ボケ について語っていた時

死の恐怖を無くすために、人はボケるんだ・・というコントが有りました。

今日の番組を見ていて、それは・・間違っていないのかも?と・・・。


元気な時、ピストルでも向けられたら・・・全財産投げ打ってでも

助かりたいと思うでしょう・・・それほど、生への執着は強いのです。


亡くなったら、向こうの世界で・・・懐かしい人々に会える

そう思ったら・・・向こうの世界も悪くない


医者は、幻覚の一種だろうと解説しますが

現代の科学でも解明できない世界は・・まだまだ多く存在します。


| 日記