2012年10月22日

人を集めたがる人々


10月も下旬になりました。

7月に、とある組織の新年度が始まり、慌しく過ぎる日々

やらねばならない事が、先送りされています。


今日も2つの団体から連絡が有った。

ひとつは式の最中に

明日が締め切りのパーティにご連絡のハガキが届いていません。

「出席しますと出しましたが・・・

    昨日出したので、今日か明日には届くと思います。」

あーそうでしたか、お待ちしております・・・・。


"o(-_-;*) ウゥム… 電話は明日以降でも良かったのでは?

出席者が少なくて、焦っているような雰囲気・・・。




そして・・もうひとつは

先日、FAXにて参加申し込みを送ったのだが・・・

1名参加・・というのが気に入らないらしい。

「再送」と・・大きな見出し付きで送られてきた。


またしても・・1名参加・・と同じ文面を送るが

※印を書き・・当日は多くの催事が有り、会員は皆さん多忙ですので・・。

と付け加えた。


ご苦労な事である。

動員動員・・と、人を集めたがる主催者の方々。


会長職とは

こういった煩わしい文書や電話を全て処理しなければならない。

仕事どころではない。


結果・・・組織は縮小傾向にある・・・。

当然のような気がする。


行く必要を感じない会合に、仕事を中断し・・または

他に依頼し、その分出費をして・・出ているのが現状である。

行かねばならないと思える会合には、時間を作って参加している。

なぜ、もう少し末端の会員の事を考えて運営できないんだろう。


昨日も書いたけど、小さな地域で一生懸命に活動している

その事で、何か貢献できているのでは?と自負も有る。

どうか・・・大きな組織の中から、上から見下ろすような目で

地域で頑張っている人たちを見ないで欲しい。


| 日記