2013年03月11日

震災の日


2年前の今日・・・

3月11日(金)14時46分、東日本大震災が発生しました。

あの日から、日本と言う国は

様々な事で、考え方を変えてきたように思います。


真実を知り、変えざるを得なかった事も有るし

試練を乗り切るために、人と人が絆を深める大切さを知り

辛い思いをした分、人に優しくなれる事も有るし


でも・・いまだに

仮設住宅で過ごす、多くの被災者がいて

福島原発事故の影響で、故郷に帰れない人々

津波で流された町の姿は、依然と荒れ果てたままで

被災地の復興は・・まだまだ進んでいない。


今日は、マスコミでもネットでも震災の話題一色。

宮崎県もテレビで、午後2時46分・・・黙とうを捧げましょうと

県民に向け・・報道されていた。


とてつもなく大きな被害が出たので、風化する事は

無い・・と、思いたいが

昨日のニュースでは最近、被災地の報道が減ったと伝えていた。

特に、離れた地域に住んでいる人たちは

しだいに、頭の中から記憶が薄れて行ってしまう。


家族を失った人たちは、どこにも悲しみをぶつける処が無い

悲しみのエネルギーを、吸収してくれるものが無い

だから、いつまでも・・ずっと心の中に仕舞っておかねばならない

天災だから・・仕方がない・・と、割り切る事が出来ない


その悲しみを、少しでも癒せるような行動を

国を挙げて、みんなで取り組まねばならないと思う。


原発反対集会や、ガレキ受け入れ反対集会の人たちの

顔を見る度に・・がっかりする。

誰かを苦しめるために、頑張っている人なんていない

もう何かを批判する事は止めて、まあるい心で・・・。

出来る事を探し、みんなで助け合いたい。


| 日記