2013年03月17日

「命のあしあと」


2010年、宮崎県を襲った家畜伝染病・口てい疫。

県下には非常事態宣言が発令され、 牛と豚

合わせておよそ30万頭が処分されました。


昨夜 NHKにて放送された

NHK宮崎放送局 BSプレミアムドラマ「命のあしあと」

宮日新聞のテレビ番組欄は・・特別に赤く掲載されていました。


IMG_5596.jpg


川南町の友人も、出演しているという話だったので

これは・・見なければ!とお誘いを断り午後9時にはスタンバイ。

 ↓の相関図には・・地元のエキストラは入っていません。


img_soukanzu.jpg


宮崎出身の温水洋一さんも出演していて

当たり前ですが・・宮崎弁は・・さすが!でした。

それと、昨年高崎町にも来てくれた「泉谷しげる」さんも

居酒屋の大将として、出演していて いい味を出しています。



しかし、何と言っても・・・

陣内孝則の演技が素晴らしくて・・感動しました。


E591BDE381AEE38182E38197E38182E381A8.jpg


001.jpg


たぶん・・これから見る機会が有るでしょう

ぜひ、見て頂きたい素晴らしい映画です。


(゜∇゜ ;)エッ!? 友人ですか?

川南町名物「軽トラ市」のシーンが出たんだけど

テントの中で、お客さんに鍋を振る舞っていて

カメラ目線も無し、セリフも無し・・

完璧にエキストラでした。


| 日記

TPP


日本語では「環太平洋パートナーシップ協定」

Trans-Pacific Partnershipの 頭文字を取って

TPP ティーピーピー

ここ最近、毎日のように世間をにぎわせている言葉



ウィキペディアに、お尋ねしたところ

「環太平洋地域の国々による経済の自由化を目的とした

 多角的な経済連携協定 (EPA) である」という事だ。


800px-P-4_Countries_162E_svg.jpg



簡単に言うと、太平洋を囲んだ国々で、自由に取引をしましょう。

関税を取っ払いましょう・・。

という事なんだけど・・現在は、関税と言う税金を国別に設けて

物の値段に上乗せして取引している。



外国から入ってくる農畜産物で例えると

例えば、100円の商品に、関税を50円上乗せして

輸入価格は150円・・などの金額にして

国内の商品と、価格面でのバランスを取っている。


そうしないと・・安い外国産に価格面で負けて

国内産は、売れなくなってしまう。


それでも、中国製品などは安い金額で入ってきているが

日本製の物の良さで、そんなに影響は無かったんだけど

もし・・この関税が無くなってしまうと

100円の商品は、そのまま100円で入ってきてしまう。


となると・・・多少品質が良くても、値段の高い日本製品は

売れなくなってしまう。

それに外国産の商品も研究を重ね・・徐々に品質を上げてきている。


テレビなどの電化製品にも、影響は出ているけど

特に農畜産物は・・

広大な土地で、フルに機械化されたアメリカなどに比べ

日本のような狭い土地で、営農している零細農家は

様々なコストが高く、安価で販売できない。

関税で、どうにかバランスを取っているが

無くなったら、大打撃を受ける事になるのは間違いない。



しかし・・外国に輸出する事を考えると

全く逆の事が言える

関税が無ければ、日本の優秀な車や電子機器を

適正価格で販売できるので、競争力が上がる。


とある農業法人は

品質、価格面でも・・諸外国と戦える農畜産物を

今後作り出していく必要が有る・・と、言っている。

確かに・・それが、国際的に見ても・・正しいと思う。

日本の農業は、国が過保護に守り過ぎたために競争力が無い。



新聞でも首相が参加を表明

日本国内では、異論が多いために・・・遅くなったけど

日本ほどの国が・・参加せずに済む・・という事は考えにくい。


IMG_5594.jpg


普通に考えると・・・

国の垣根を越えて、自由に取引できる事は

お互いのために、とてもいいように感じるけど

国の事情によっては、そうとも言えない。


ただ・・・

国際社会の中で、日本だけ、わがままを言う事は出来ないし

これ以上遅れてしまう事は・・・貿易上の鎖国状態

置いてきぼり・・となってしまい

日本が世界の中で、発展していくのは難しい。


| 日記