2013年04月07日

4月なのに雪が・・


今日も、山田会館で司会を担当しましたが

会館から見える、景色に・・・\(◎o◎)/!びっくり

なんと・・南国宮崎なのに、4月なのに 春だと言うのに

霧島連山・・雪が降っています。


高千穂の峰に、うっすらと・・しかしハッキリと・・。


545985_395337943898086_1526209460_n.jpg


どうりで・・・寒いわけだ・・・

風は台風並みに強いし、冷たいし・・・冬に逆戻りでした。


| 日記

初心忘るべからず


今日は予想通り、大荒れの天候になってしまいましたね。

それでも山田会館では、大勢のお客様が見えられ

家族のために、地域のために人生をささげられた方の

お葬式が営まれました。


そして・・・担当は、なんと・・新人くんの初登板でした。

ベテランがサポートで付いていた・・とはいえ・・

なかなか、しっかり出来たように思います。

一所懸命に、お客様第一に取り組む姿勢・・・

今日の、この気持ちを忘れずに、これからも頑張って欲しい。



初心忘るべからず・・と、昔から言われているのは

慣れてくると、仕事の質は向上しても

心が入っていないために、100以上の仕事が出来なくなる。


私たちの仕事全体の中では

通夜や葬儀など、式典の占める時間は・・ごく僅かです。

最も大きな時間は、お客様の手足になりきる事ですので

空気を読んで、お客様の不満や不安を解消しなければなりません。


ルーチンワークの、型にはまった仕事しか出来なくなると

ここが・・・手薄になります。

大切な事は、お客様の感情を読もうと、耳を澄ませ

担当だからこそ出来る、スパイスを効かせて欲しいと思います。


自分の身内だったら、あれもこれもしてあげたい・・と

通常思うのですが、ルーチンワークにはまった葬儀社の仕事は

どれもこれも・・・同じです。

なぜなら・・人ごとだし・・何も考えなくていいから楽なんですね。


ノーミスが100ならば・・100の仕事は誰でも出来る。

お客様から、心からの「ありがとう」という言葉を

掛けてもらうためには・・・

担当した自分が、自分を鍛えるしかないだろうと思う。


真のプロに、なるために・・

自分のどこを鍛えればいいのだろうか・・・・

自己採点表の次期バージョンは、そこに焦点を当てて

作ろうと思います。


| 日記