2013年06月04日

自己採点表


色々やってたら、夜中になってしまいましたが

社員の皆さんが提出してくれた「自己採点表」をチェックしています。

前年度最後の自己採点表ですが・・・

なかなか中身が濃くて、成長ぶりが分かります。


__.jpg


総合的に判断し

本を読んでいる社員の、レベルが向上しています。

当社では、本を読むことを推奨していますが

それは、小説でも文庫本でも・・雑誌でもかまいません。

新聞でもOK・・というか、新聞は読まないといけませんね。


ただ、仕事柄・・早朝に出動する社員も居るので

毎日、ゆっくり新聞が読めるか・・と言うと、そうも行きませんが。

読もうと努力していたり、本を読んだ事で気づきが有った・・と

書いていてくれたりしますので、嬉しくなります。



私は、私を鍛えてくれる人が身近に居なかったので

本で学ぶしかなかった・・と言う経緯が有ります。

葬儀の事は、恩師の「ふじもと美誠堂」で教えていただきましたが

困難に直面したり、ジレンマに陥ったり、大失敗をした時


そんな時に、偉大な経営者の哲学書を読むのが、一番の癒しでした。

その中には、分野は違っても・・・考え方は同じように

陽転思考で乗り切る方法が、書かれていました。

なので今も・・・超難問も悩まず・・・能天気なところが有ります。


社員であっても・・それは同じです。

給料をもらって仕事をしているから、仕事のレベルアップは

社長の言う事を聞いておけばいい・・それでは、まず伸びない

と言うか、その前に・・最近は、社員に対して何も言ってない。


担当者は、その現場では社長よりも権限を持つ!

なので、全員が、担当者の采配に従う。

しかし・・・現場は当然、同じではなくその度に違う

となると、担当者のセンスが問われる・・。

引き出しを、いくつ持っているか?どんな引き出しか?

仕事も・・やはり、センスが必要です。


| 日記