2013年06月08日

今日という日を精一杯生きなさい


先日の講演会で、老い支度について話をして

その後、懇親会の席で参加者の一人から

「うちの母も高齢だから心配なんだけど・・」と

相談を受けた、そのお母さんが昨日亡くなられ

今日は・・今からお通夜です。


会者定離は・・分かってはいても・・・突然の事で

動揺してしまうのは仕方がない。

なかなか、準備は出来ないものだと思う。



年齢的に、そういう時期なんだろうと思うけど

やはり・・準備するに越したことはない。

昨夜の、高原町商工会でも会議が終わり・・懇親会の席で

高齢の両親が居るので・・もしもの時の心がけを・・と尋ねられた。


老少不定・・・年寄りが先で、若者が後・・という決まりも無い。

仏教では、明日というのは来るか来ないか分からない・・と

教えている・・・確かに明日の事は分からない。


親を送るのは、子供の務めなので当たり前だと思うが

いざ、自分の事も・・頭の隅に置いとかないと・・

それが、娑婆というところで生きている者の宿命ですね。


だから、今日と言う日を精一杯生きなさい・・という教えが

なおさら心に響く。


「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。」

という、ガンジーの魂の言葉の中にも、そういう名言が有る。





悔いの無いように一日一日を精一杯生きる。

当たり前ですが・・なかなか大変な事です。

だけど、毎日100%で我武者羅に・・・という意味ではなく

永遠に生きると思って・・常に学びの姿勢で生きて行く。


その集大成が・・・自分自身の人生・・だと思います。



| 日記