2013年06月09日

葬儀社の仕事


こんな話を聞きました。

------------------

ある母親が、一人娘に葬儀の負担をかけないように

葬儀社と直葬、散骨の契約をしたそうです。


母親が亡くなったとき

娘さんは家族と、お母さんを見送るのだと思いますが

直葬ですから、家族以外は誰も来ませんでした。


もし・・仕事仲間の友人から、お母さんの仕事ぶりを聞いたり

学生時代の友人から、若い頃のお母さんを語ってもらったり


一度も会ったことがない人達から・・・

二度と聞けないお母さんの話が、最後の最後に聞けたら・・。


この娘さんは、別のお母さんを知ることができ

母を支えてくれた友人の存在をきっと

感謝するのではないか・・・と考えてしまいました。


お母さんは娘の負担をなくすために選んだ葬儀です。

このお嬢さんはお母さんの希望した直葬、散骨を

してあげられたことに、満足はするでしょうが

出来たかもしれない・・貴重な体験は叶いません。



葬儀の形を選ぶのは、ご自分たちですが

別れる意味を知り、葬儀は家族葬や直葬だけではないと

知らせてあげたいと、思います。


そのために、いまこそ葬儀社の皆さんに

葬儀の中から、人の絆を見つけて欲しい! と

伝えようと思います

-----------------

この方は、今の葬儀の形に対し・・何らかの疑問を持っていて

ご自分の父親の葬儀では、自分なりに考えて葬儀社に提案し・・

素晴らしいお葬式が出来たと・・語っています。

また、来て下さった方も大変感動されたそうです。


葬儀社自体のレベルが下がり

面倒の少ない、家族葬を勧める葬儀社も多いと聞きますが

簡素化・・という時代の流れに

何でも乗っかっていい・・というものでもないと思います。



特にお葬式という、大切なお別れの儀式は

葬るためだけに有るのではなく、遺された者が気持ちの整理も含めて

今まで受けた恩徳に、感謝するための時間だと思います。


そこをしっかり説明出来て、ご遺族との話し合いの中で

後悔しない、最適な方法を選ぶ・・

面倒かも知れませんが、それが出来なければ

アドバイザーやディレクターとは呼べないでしょう。


| 日記