2013年09月11日

中心市街地再生計画


今日の宮日新聞「きりしま欄」に

結構大きく取り上げられていましたが・・・大丸跡地利用の

再生計画、街づくりワークショップの様子です。

私も・・・ばーーーーん?と写っておりました。(≧ε≦)


今回の会議が・・というか

思い思いに希望や展開を述べ合う会ですが、2回目になります。

それぞれの専門家が集まって、大丸跡地に何が有ったらいいか

市民の大多数が、希望する物は何なのか?


__.jpg


当然、ハコモノと言われる、建造物を造るわけですが

造った後で・・税金のムダ遣いと言われたくない。

大変難しい問題です。


私たちの意見で、出来るわけではありませんが

市民グループの代表に、とりあえず聞いてみたい

主催者の方々の、そんな感情が見えます。


新聞の記事でもふれていますが・・・

建物で街が活性化するのなら、自治体も悩まないのですが

ソフト(人)・・・利用する人が大勢居て、初めて活性化します。

利用の少ない、ハコモノを造っても・・

なんとかピア・・みたいに、維持管理できなくて破たんします。


住民も今までに、多くの実例を見てきているので

今後の動向は気になる事と思います。


しかし、アンケートなどを拝見すると・・・

食品スーパーが近所に無いという、郊外よりも不便な地域です。

もちろん駐車場の問題も有ります。

ここを解決しない限り、先に進む事は出来ないと思います。


やはり地元スーパーなどの協力を得て

みんなで一致団結して取り組まねば、便利な地域にはなれないと思います。


また都城市は、南海トラフ大地震などが発生した場合の

緊急避難地域として・・また、高規格道路が整備されれば

物資の輸送や、備蓄のための重要な拠点になります。


様々な観点で、跡地利用の計画が出ているのも事実ですので

市民を納得させられる計画を、出して行けたら・・と思います。



| 日記