2014年04月14日

3方良し


先月末に、同友会フォーラムの室長をさせて頂いたんだけど

ゲストに招いた方の中に、おかげ祭り振興会の川本会長さんに

お越しいただいて、おかげ祭りの誕生秘話、苦労話などを

お聞かせいただいた・・。


ずっと以前から、川本会長とは仲良くさせて頂いていたので

街づくりの基本的な考え方など、聞いていたつもりだったが

今回の話の中に・・・「3方良し」という言葉が出てきて

これは、昔から商人の中で言われていた言葉だったらしい。


3方とは・・・売り手、買い手、世間・・すべてが良くないと

良好な商いは出来ないという話だった。


通常であれば、売り手と買い手だけが良ければ、それで良さそうだけど

商売人と言うのは、世間も・・つまり地域も良くしなければいけない・・

そうして、地域から支えられて良い評判を頂き成り立っている。


先日のフォーラムでは

博多明太子「ふく屋」の川原社長も、同じ事を話しておられた。

実際に博多の祇園山笠では、ふく屋の功績が大きく

地域の人々は、博多に「ふく屋」が有って良かった。

というドキュメンタリーも、テレビ番組でも紹介されていた。


それでも、自社だけの利益追求をする会社は・・というか経営者は

いなくなる事は無いんだけど・・・・。


| 日記