2014年12月31日

2014年最終日


という事で、年中無休24時間営業の葬祭業は

コンビニと同じように、休みはありません。

今年も例年通り・・忙しい時期ですので

お正月が来ますよーーの雰囲気は無くヽ(゚∀゚)ノ

すでに・・各ホールは臨戦モードに入っています。



しかし、昔からお葬式の風習には様々なモノが有りまして

最近は、奇習と呼ばれる摩訶不思議な習わしは減りましたが

今でも根強く残っているものに「友引き」が有ります。


中国から伝来し、すでに本場の中国では廃れてしまったモノ「六曜」

大安吉日とか仏滅とか・・縁起を担ぐ日本人には根強く残っています。

ま、カレンダーも六曜の入ってない物は売れないらしいので

あらゆるカレンダーや手帳・・おまけにスマホのカレンダーにまで└(゚ロ゚;)┘げ


そして・・・今年の12月31日・・・今日ですが・・・

「友引き」となっております。

都城の火葬場は通常から「友引き」は休業日です。

そして・・お正月の1月1日も・・ずっと以前から休業日となっております。

と・・・なると・・・・


12月31日(休業日) 1月1日(休業日)・・と火葬場が連休です( ̄□ ̄;)

こんな状況は数年ごとに訪れます・・1月2日が友引きだったりしますので・・


年間通じて火葬場の利用が一番多いのが・・この時期なので

2日間も休まれると・・・とんでもない事になります。

それに・・24時間経たないと火葬できないという法律もありますので

例えば・・29日の午後3時以降に亡くなると・・翌日の30日はお葬式が出来ません。

通常なら、翌日の31日と・・なるわけですが・・この日が今年は友引きです。


1月1日は休業日なので・・1月2日に葬儀、火葬という流れになります。

当社だけで、すでに5件ほどのご依頼がありますので・・都城地域すべての

葬儀社のご依頼件数は・・相当な数だと思われます。

2日は予約でいっぱいで・・翌日の3日に・・そこもいっぱいで4日に

という流れは・・過去の経験から・・・容易に想像できます。


年末に亡くなられた方のご家族は・・

年末年始を通り越し・・3日や4日にお葬式というのは珍しくない事です。

宮崎市などは・・通常、友引きでも営業していますので関係ないのですが

都城、小林地区は友引きは休業となっています。


そこで・・火葬場の管轄である市役所等が配慮し・・特例として

友引の営業を決定しています。


今回も、小林市、曽於市などから・・友引営業の案内FAXが来ております。

が・・しかし・・・都城市からは・・何も連絡が有りませんでした。

電話で問い合わせて・・やっと・・・動き始めましたが

他の自治体と違い・・友引き営業は・・無し・・という事です。


これ以上は・・各自治体が決めることなので・・・

「そうですか、分かりました」と言うしかないのですが

住民サービスを厚く・・という流れが、昨今の自治体の動きなので

細部にまで目配りして、ルーチンワークで仕事をしないように

各部署の管理者を徹底的に鍛えて欲しいと思います。


と・・・今年最後のブログは・・辛口な内容になってしまいました。


| 日記