2015年04月10日

お客様のありがとうの言葉


昨日の、あじさいホールでのお葬式は

事前相談の有ったご家族でしたが・・家族葬の希望でした。

しかし、当社の担当者と打ち合わせを進めて行くうちに

通常通りのお葬式でも問題ないことになり、一般の方も参列された。


身内も多く、お客様も遠方から見えられ

割と多くの方々が会葬され、通常通り行って良かったと思ったが

ご遺族の謝辞の中で、息子さんが

父親との思い出を語り、通常通りのお葬式にして良かったと・・


そして、謝辞の中で当社の担当者が誠心誠意つとめてくれた事に触れ

感謝の言葉を述べられた。


そして・・火葬場から帰ってきてホールを後にされる前に

私のところに来られ、本当に良かったありがとうと・・・

手を握り、感謝の言葉をかけて下さった。



100やって当たり前、150も200も頑張った時に初めて

お客様の心の琴線に触れ・・・ありがたい言葉をかけて下さる。

頑張ってくれた社員たちに、感謝すると共によく頑張ってくれたねと

褒めてあげたいと思う。

| 日記

決算時期に


昨日は、当社を支えていただいている銀行の担当さんとの面談

現況を分かりやすく説明すると共に、先日作成した経営計画書を見ていただく

数字上では確かに、ここ7年ほどで2倍近い業容になっているが

その分、負債も増えているので現状は大したことはない。


しかし・・計画書通りに進行することが出来れば

あと3年ほどで、キャッシュフローも目標をクリアすることが出来る。

そのためには・・もうひとつ・・・何かが必要だと感じて

担当さんに相談してみた。

答えは・・来期出すことが出来そうだけど・・秋口には目処をつけたい。



社員の増強を図って、ローテーションを軽くし、社員たちの負担を減らす

しかし、その事で給与が下がってしまっては意味がないので

基本給をアップすることと、子育て世代へは「子ども手当」のような

伸び伸びと子育てができる・・ちょっとした余裕を作ってあげたい。


そのための施策を・・・むちゃくちゃ検討中である。

いくつかアイデアが有るので、具現化に向けて検討してみようと思う。


それにしても・・・5月末で今期を終えて、決算・・納税だけど

法人税は利益に応じてアップするので、さほど問題ないが

消費税は、黒字も赤字も関係なく課税される・・

うちのような小さな会社でも、8桁ほどの消費税を収めなければならない


これは・・まだ8%の話しなので・・10%になった時にどうなることか・・

納税は義務だけど・・政治家にも努力して欲しいと

決算時期になると・・・いつも思うことでもある。


| 日記