2015年11月04日

火事で怖いのは煙


先日の日曜日、霧島酒造の秋祭りと市場の祭りが有り

私は市場の祭りにボランティアで参加していました。

その日の朝方、都城市の商店街千日通りで住宅火災が有り

大人1人、子供3人が亡くなるという大惨事が・・・


火事を直接見た人たちは、大火災でもなかったし

大した被害は出なかったようだ・・と安心してたみたいだけど

自分も消防団に在籍していた頃

筒先という、火点に最も近い場所の担当をしていたので分かるけど


炎で亡くなる方よりも、圧倒的に・・

煙・・つまり一酸化炭素中毒で亡くなる方が多い。

なので、遺体の損傷はほとんど無くきれいなままなのだ。


以前、農家の納屋火災の現場に行った時も

火は出ていなかったが、煙がすごかった。

燃えているのはワラで・・くすぶっている状態。


そんな所に、筒先を持ったまま入っていったので

全く息ができず・・あーーこれはダメかも?と思うくらい

大変な状況になった事がある。

幸いに仲間の団員が、納屋の屋根を壊して

煙を逃がしてくれたので、なんとか助かった。


不完全燃焼の煙が充満した中では・・

目も痛くて開けていられないし、あっという間に動けなくなる。

どういった構造の家だったのか?分からないが

いざという時のために、普段から逃げ道など想定しといた方がいい。

特に2階建て以上の建物は、要注意だと思う。

| 日記