2017年03月10日

震災復興イベント開催


明日3月11日は、東日本大震災から6年になります。
あの日、遠く宮崎県ではテレビから流れるニュースの映像を見て、SF映画を見ているようでした。

縦に長い日本列島の東北の方で発生した大地震は、かすかな揺れさえ感じなかったのです。

最近になってやっと、テレビで当時の大津波を流す場面も見られますが、大切な人を失った人たちには、とても直視できない映像ですね。

少しずつ、長い年月をかけて氷が溶けるように、人びとの心も癒されて行くのでしょうか?


そうして、被災された方々の心が癒されて行く日が、早く訪れる事を願いますが

世間では少しずつ、あの大災害の記憶も薄れて行くような気がします。
鮮明な記憶から少しずつ風化し、遠い過去の物語に・・。

ただ、日常生活の忙しさも有る中、この日だけは忘れずに、あの大災害を思い出して、まだ避難生活を送っている人たちが、12万人以上いる現実。

風化する事で、ますます遅れる復旧までの道、仮設住宅ではまだ3万人もの方々が不便な生活を送っています。

今年6回目の復興イベントを、今回は都城ケーブルテレビ前のストリートピアノ広場で開催します。

IMG_2562.PNGIMG_2563.PNG
| 日記