2020年04月20日

父を想う子供たちの画期的な方法は

今日の午後からのお葬式は
同級生のご主人でした。

しかし、コロナウイルスの影響で
関東に居るご長男は、緊急事態宣言の中
帰ってくる事が出来ませんでした。

これほど、悲しいことはないでしょう!
自分の父親のお葬式に、最後のお別れに
帰ってこれないのです。

私の同級生が奥様ですので
ご主人も、そんなに年配ではありません。
どちらかというと、まだまだ若いご逝去。

その、お葬式の中で・・
びっくりする出来事が!

次男さんが、館内にビデオカメラを!
これで、関東に居るご長男に
ライブ動画を送っているんだと!

リアルタイムで送れるんですか?
当社の会館は、フリーワイファイが
常時接続出来るように設置してあります。

それを利用して、動画をリアルタイムで
どこにでも送れるのだと!
そういうアプリが有るので、難しく無い。

そうなんだ!それは・・・素晴らしいです。
都会に居ながらにして、そばにいるような
もちろん、音声もリアルタイムで送っています。

お父さんに送る言葉は、次男さんのスマホに
メッセージで送ってきてて
次男さんが、前に出てそれを代読しました。

こんな大事な日に・・来れない事と
残る母と、家族をよろしく・・と

来てくださっているであろう、方々へ向けて
本当に素晴らしいメッセージでした。

諦めることなく、短時間で
こういった環境を作り上げた、ご兄弟も
素晴らしい!と思います。

お父さんの最後のお別れに、何か出来ること!
やれる事何かやりたい!という
父を想う子供たちの、心からの愛情を
目一杯感じた、涙の止まらぬ式典でした。


| 日記