2020年06月10日

回想・・七夕まつり

都城市で長年開催されていた「七夕祭り」
もう、開催されなくなって5年になる

私も、第48回の七夕祭りの
実行委員長として、関わっていた。
なので・・今頃は
準備で走り回っていた頃

IMG_7988.JPG

これは、地元のケーブルテレビ局の
インタビューと告知の際の一コマ
6年前のもの・・・なんとなく
若い(^^)

IMG_7987.JPG

都城の七夕まつり・・と、なっておりますが
元々は、牟田町のとなりの商店街
「千日通り」・・が発祥の場所
なので・・「千日七夕」と言ってた時も。

IMG_7993.JPG

この写真は、アーケードが撤去されて
路面の舗装も改修されてからのもの

以前は、アーケードが200mもあり
都城市内で大きな、雨天施設として
とても重宝されていた。

が、しかし老朽化し、光を通さなくなり
住んでいる人たちには
暗い、閉塞感がある・・などの理由で
撤去の運動が起きていた。

撤去だけでも、多額の費用がかかるので
商店街の役員さん方が、懸命に要請し
実現したんだけど・・・

IMG_7992.JPG

確かに太陽光が入り、明るくなった
が、雨天施設としての優位性は失われた。

IMG_7997.JPG

なので、イベントの際・・
ステージにはテントが張ってある。

私が実行委員長をした時は、都城音楽祭という
イベントを開催した翌年だったので
そのメンバーが、そのまま七夕祭りを引き継いだ。

IMG_7996.JPG

地元のミュージシャン、高校のブラスバンド
ダンスクラブ、などなど・・
7月、4日、5日、6日の3日間開催した。

IMG_7995.JPG

都城市が、助成金を出してくれて
かなり大掛かりなイベントが開催できた。

IMG_7994.JPG

同時開催の「ストリートピアノ」の
贈呈式も行われたので、ステージ上で
今は亡き、鹿児島の大坪さんから
表彰状を受けた時のもの・・

IMG_7989.JPG

思えば、多くの町おこしのイベントをやってきた。
しかし・・この七夕祭りも・・その他のイベントも
地元の、そこに住んでる人たちが主体となるべきで

私の役目は、バックアップ役が一番いい事だと思う。
しかし、この商店街も高齢化し、シャッター街となり
開催できる人が居なくなってしまった。
なので、打診され引き受ける事になったんだけど。


民俗学者の「柳田国男さん」が
椎葉村に立ち寄った際に、その美しさに・・

「美しい村は、初めからそこに有ったわけではなくて
そこに住む人たちが、美しく住もうと努力したから
出来たのだ。」と答えた。と聞いたことがある。

椎葉村の方々は、
新しい文化を取り入れることはせず
古いもの、美しい景観を守ることに
注力し、今のような美しい村になった。

そこに住んでいる人たちが
出来ることを、一生懸命にやることが
何よりも必要で、外部の力を借りる事は
有ってもいいが、必須ではない・・と思う。

| 日記