2017年03月27日

お葬式仏教


それはそうと・・・昨今のお寺離れについて
お寺さんから、お伺いがありました。
が・・・私たち業者が、その繊細な部分を
操作出来るわけではないので、情報収集という事でしょうか?

まず、最近の若者たちはお寺に対し全く興味がない。
神社には行くけど、お寺には行かない・・・ですね。
お葬式の場合も、お寺さんが会館に来るので
お寺に直接参る人は・・ごく身近な方々のみ・・です。

わかりにくい場所だと、お寺の場所も知らない人が多い。
年越しの際に除夜の鐘を突きに行く人は、やはり少数ですし
年明けに・・初詣に神社に行くという人は・・大多数です。


となると・・・ますます、お葬式のためのお寺・・仏教
というような、捉え方をする人が多くなります。
本当は、仏前結婚式もありますし、お祝い事も多いのですが。

この事は、世の中の流れ・・というよりも
住職さんたちの布教活動が上手くいってない・・という事でしょうか。
少子高齢時代で、心のよりどころ・・としてのお寺、仏教が
本当は増えるはずなのに・・浸透していない。

お仏壇は、床の間の日の当たらない奥に置いておくよりも
茶の間に置いて、常に見えるところで、お参りしましょう。
と、仏壇屋さんは訴えていますので
家具と変わらない程に作りこまれた、家具調仏壇も出てきました。

そういった努力は、それぞれの分野の方々が
常にお客様の心理を読み取り、顧客満足度を上げるよう努力せねばならない。

ところが・・過去の時代からずっと・・顧客満足度・・なんて
住職さんたちは・・考えた事もないでしょう。

ところが・・神社は違います。
参拝客が増える仕組みづくりを、一生懸命に考えて実現しています。

今後、ますます増えるであろう・・・お寺離れ・・無宗教葬などなど
他にも要因は有るのですが、さすがに誰でも見る事ができるブログ。
とても書けません。(# ゚Д゚)えーーーーー

| 日記