2017年05月07日

プロとは?

プロとしての仕事に対する思い!
そういう大切な事で、今日は残念な事が有った。

当社では、司会進行はプロの専門家にお願いしている。
やはり、マイクで話すことを仕事としている人のレベルは高い。

しかし、それは・・ただ上手に話せるというだけではダメで
プロとして、この仕事に関わる心が大切で
大事な人を亡くされた悲しみ、それを少しでも癒せる仕事
そういう気持ちで接しているか?実は、そういう部分の方が大切です。

テクニックで上手く聞かせてやろうという・・そんなプロはいらない。
心が込もってたね!と分かる事は、不思議な事ではなく
じんわりと感じることができる。


初めて会った女性の司会者さんだったけど
式中・・その事がずっと気になって・・・
これは、うちの仕事のやり方ではないなーと
終わってから、「どう思いますか?」と、訪ねてみた

あからさまにプイッと怒って、
そうですかスミマセンデシタ!と・・心のない謝罪
いや・・・謝ってほしいのではなく
心が入ってなければ、せっかくの上手なトークも意味がない
それが、当社の仕事のやり方だ・・と分かって欲しいだけなのだ。

それから、数十分・・・理解していただくために、お話させて頂いた
本当に理解していただいたかどうか?分からないけど
帰り際の表情は、最初の時よりもスッキリ変わっていたので
見るべき方向は・・・・
お客様なんだと、理解していただけたと思う。
| 日記