2020年06月21日

終活のすすめ

そう言えば、60歳という
節目の年齢になった日に
4年前の12月20日
こんな事を書いていた。


仕事柄、様々な方の
人生の最終章を知ることも多く

たぶん、こうだったら
嬉しかっただろうな〜とか
これは、辛かっただろうな〜
とか、想像する機会もある。

人生は、いろいろ有って当たり前で
無駄なことは何もない・・という
思いは、今も変わらないけど

やりたい事が出来たのか?
志半ばでも、やり始めたのなら
それは良かったのではないか?

ただ、自分は何をやりたくて
何を求めているのかさえ
よく分からずに、時間だけを
浪費してしまうことは多い。

若い頃の多少の浪費は
取り戻せるとしても・・・
ある程度の年齢になると
それも、60代になると
そうもいかない・・気がする。

自分の考えを整理する意味でも
書き留める事が必要だと思う。

そんな事もあって、ここ最近は
様々なボランティア事業から
手を引き始めている。

ボランティア事業は好きでやってて
20代から何十年も続けてきたから
急に辞める・・というと・・
急に残されて困る人も出てくる。

だけど、世代交代は必要で
古い人がずっと責任者をするのは
他の団体を見ていて・・やっぱり
良くないなーと思う事が多い。

新しい時代に応じた、やり方
目指すものがあるはず。
なので・・新しい人たちが
徐々に仕上がっていく。

その事への応援は惜しみなく
続けていこうと思う。
| 日記