2020年09月12日

ウイズコロナの時代

ウイズコロナの時代
順応して生きていく・・
とは言ったものの

世間的には・・
子供の運動会に行けず
組織の会合もリモート
飲み会さえもリモート

仕事的にも不便で窮屈
ですが・・
感染は抑えなくてはいけない

この不便さや窮屈さに
慣れて、生きていく
これが・・順応だとすると

長く続けていくのは
かなりきついですね。

日常的にも大変ですが
このタイミングで
人生の節目の方々や
子供たちが可哀そうでならない。
来年も・・となると
成人式にも影響は出るでしょう。

生活を支える仕事面でも
全てが冷え込んでいて
売上が通常の2割、3割低下は
当たり前で
半減や9割減という報道も。

給料で生活している人は
今はまだ、経営者が努力して
満額の給料が出ていると思いますが

これは、払えるのではなく
借金をしながら払っている
そういうケースが多いと思います。

それが出来るのは・・
コロナ禍も、いつかは終わる。
終息すれば、元に戻る。

そう思っているから
希望を持っているから
出来る事だと思います。

ただ、今はまだ出口が見えない
立ち上がれないほど
打ちのめされる前に
何か手を打たなければ
希望も気力も奪っていく

そうならないために
今できる事に集中し自分を高める。

新企画だけではないと思う。
最も大切な、基本的な部分を
この機会に、しっかり作り直す。

その事が、将来きっと
良かったと言える日が来るから。
| 日記