2010年01月02日

創業31年目に・・・A

その時私は、21歳になったばかりでした。

挨拶すら ろくに出来ない若造に 

作法の羅列のような儀式 「お葬式」 を取り仕切る仕事を・・・

父の仕事を手伝うかな・・・そんな気持ちで帰ってきたのですが

困った事に、借りたお金は 返さなければなりません。

事務所、倉庫、トラック、高額な葬儀用の特殊な品々・・・

父は、その借金を返すために

出稼ぎに 行かなければならなくなったのです。
| Comment(0) | TrackBack(0) | 創業31年目に・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34517860

この記事へのトラックバック