2010年06月30日

だから・・・


そういう目に・・何度も遭うと

自己防衛するようになる。

聞かれても自分からは、職業を明かさない

名刺は・・出来るだけ「プライベート名刺」を使う

つまり、名前と、住所と電話番号しか書いていない。

これなら、祝いの席で怒られることもなく、突っ返される事もない。


同級生からも「何で葬儀屋なんか・・始めたの?」と聞かれるし


当時は・・全てが・・・そんな、時代だった。

つらく、悲しい青春時代が・・長かった。

それでも・・お金が有って・・希望があれば・・我慢できたかも?

親とも・・・何回も・・

もう・・辞めよう・・廃業しようと、ケンカになった。


きっと・・・親は、夜中に泣いていたに 違いない

大きな借金をして、事業をスタートしたとき

この仕事、うまく行くと・・・希望を持って、スタートしたのに


思うようにならない・・・事への・・・悔しさ

出来ない自分への、歯がゆさ


大喧嘩した日・・

食事時になっても・・姿が見えない父・・・

・・・探すと・・・真っ暗な部屋・・

仏壇の前で・・・必死にお祈りをしていた。


自分の馬鹿さ加減に・・・・今、気が付いた

もっともっと、苦しかったのは・・・親だった・・


「ごめんね・・父ちゃん、大丈夫だから・・もっと頑張れるから」

| 創業31年目に・・回想