2010年12月09日

家族葬のことで


年齢的にも、気になるのか?会う人会う人

葬儀の事で、いろいろ聞かれる。

まあ、自分の友人の世代が、そういう世代だから

それに、私の職業を知っているし


それで、先日も同じような質問が・・・

「家族だけでやるんだから、安くなるよね」

「家族葬」=「低価格葬」と・・理解しているようだ。

いけないのは、葬儀社のCMにあると思う。


チラシに、いくつかのセット料金を掲載し

その中に「家族葬パック」〇〇万円・・と

セット内で一番安い料金を提示している。

これでは、消費者が低価格の葬儀=家族葬と

思われるのは当たり前である。


当社でも「家族葬」という提示はしているが

=低価格に設定はしていない。

「家族葬」は・・・料金ではなく、お客様を

どう扱うか?という、葬儀の形態なのだ。


当然、お客様を招かずに、家族だけで行うので

お返しや接待などの経費がかからず・・結果的に

お客様を招いた時よりも、安くなる。


しかし総額いくらかかるか?ではなく自前でいくら払うか?

という話になると、ちょっと事情が変わってくる。

ブログには詳しい事が書けないが

葬儀には「香典収入」というものがある。


その平均額は、お客様一人にかかる接待やお返しの費用と

ほぼ同額である。

接待にあまり費用をかけない「都城地区」の場合は

香典収入の方が、経費を上回る事が多い。

と、なると

お客様を招かない葬儀=家族葬・・が

金銭的負担の少ない葬儀とは、言えなくなる。


金銭的と・・あえて、書いたのは

葬儀を執り行うにあたり「精神的な負担」これが

一番大きいのではないかと思う。

この話は、また次回に書いてみたいと思う。
| 家族葬について