2011年02月03日

講演会:日南市酒谷編


ふむふむ・・・以前の講演会の事を思い出してたら

結構、面白いところも・・・参考になる所もたくさんあった。


100ヶ所くらい行ってると思うけど、日南市の酒谷集落からも

お呼ばれして行った事がある。


ご存知のように、小さな地域なんだけど、町興しに一生懸命な所だ。

観光地化している坂元棚田は・・今も多くの観光客が来ているし

酒谷ダムの鯉のぼりも・・・はじめて見た時はビックリした。


酒谷地区公民館で 県主催の講演会は開催された。

夕方、6時くらいからだったと思うけど、100人ほどが入れる立派な公民館

・・・開演前は、まばらだったが、始まる頃には、地域の方々が

次から次に農作業姿で駆けつけ・・・玄関で着替えている。

この姿を見たときに、この地区は、凄い!! と、思った。


依頼された演題は「地域活性化」  そのまんま・・

すでに、一生懸命にやってるところだけに・・・・難しい


だって、川沿いの700人ほどの集落

飫肥に行くにも、若干距離があるし、端っこの地域である事に間違いはない。

だけど、逆転の発想で 地域興しに燃えている人たちがいる。

これは泊まりでもいいから、講演会ではなくて・・・飲み会にして欲しかった。


たった、2時間の中で・・何を感じ取れるのか? 何を訴える事が出来るのか?

酒谷集落の方々は、田舎の良さとも言うべき・・良い方ばかりであった。

農作業で毎日 忙しい中でも・・

鯉のぼりを集めて廻り ダムにワイヤーを張って・・・鯉のぼりを吊るす。


民俗学者「柳田國男」さんの「美しい村から」を 思い出す。

そこが発展するのは・・そこに住む人たちが、願うから出来るのである。

講演に行ったのに・・逆に・・・酒谷の方々に 教えられた一日であった。
| 活性化について