2011年02月13日

自己採点表の返却


みんなが出してくれた、自己採点表を読ませてもらい

一言メッセージを書いて、返却する。

たったこれだけの事だが、毎回かなり時間がかかる。


適当に返却できない事と、問題点を探り・・・ベストな解決策を

コメントとして書いておく。

なので、普段の様子をじっくり見ていないと・・アドバイスできない。

P1040166.jpg


先月の忙しさで・・・鍛えられたのか?新人3人のレベルが上がっている。

みんな同じように成長するとは思っていなくて、ちょっと時間のかかる人もいる

ただ、怠けていて・・伸びないのなら・・見ていて分かる。


怠けるようなメンバーは居ないが・・技術を無理に伸ばすことよりも

それなら、一生懸命さや ご家族を思う優しい心を 伸ばしてほしい。

その方が、ご家族にとっては、よっぽど嬉しいスタッフである。

テキパキとこなす事も・・とても大切だけど、心を配るスタッフの方が

お客様は何倍も嬉しいはず。



以前、斎場(火葬場)主催で、市職員と葬儀社との懇親会が開かれた。

葬祭業者だけなので、安心しているのか

自社で施行したお客様の、悪口を披露し合っていた。

さすがに、社長でその話に加わる者はいなかったけど・他社の社員たちだ。


そうとう、日ごろの不満がストレスとして、溜まっているのか?

そのテーブルだけ、わいわい盛り上がっていた。

確かに、とんでもない無理難題を依頼する人は、稀にいる。

別に、怒らなくてもいいのだ、きちんと説明をすればいいと思う。


そのお客様が下さる お金であんたらは生活できてるんだよ!

子供を育て、毎日の日暮らしをさせていただいている。

そんな事は、言われなくても分かっているだろうが・・・心の中は

そういう気持ちで お客様と接しているってことだよね。


ちょっとでも、面倒な事を依頼されると・・あからさまに嫌な顔をする。

または、心の中で舌打ちして 顔は笑っているのか?

いずれにしろ・・社長をしている私としては、そんな社員はいらない。


だから、うちの会社は・・経験者を雇わないと決めている。

素人に教えて行くよりも、そんな人間の心を変えて行く方が大変だ。


葬儀社を何社も渡り歩く人に、この傾向は強いと思う。

お客様よりも、自分を優先する・・・でも、勤務した会社の社長には

とても従順であるかのような・・フリ・・振る舞いをする。

実は・・・何か有ったら・・・辞めれば済むと・・心の中では思っている。

こういう社員がいたら、会社の評判は口コミで・・どんどん落ちて行く。


だから、組織は「人間力」なんだ。

人材は、部品ではない 「人財」 宝なんだ。

| 日記