2011年02月17日

ノウハウを伝達する


リーダーづくりで、一番大変なのは・・・ノウハウの伝達だろうと思う。

これは、会社社長が引退し・・例えば息子さんへ引き継ぐ時にも

同じ事が言えると思う。


自分が創業者であった場合・・仕事を覚え、資金を調達し、店舗を構え

お客様に支持され・・・・経営を行う。

途中の様々なトラブルを乗り越えて、解決するたびに、ノウハウが蓄積され

現在に至っている・・と、するならば

その、長時間かかって作り上げた・・または学習したノウハウを・・いかに

勘違いさせずに、効率よく伝えられるか?


この部分は・・・

リーダー育成や後継者育成・・という書籍が売れ

セミナーも数多く開催されている事を見れば、大切で難しい・・という事がわかる。


いずれ、自分にも その時期がやって来るわけだけど・・・

自分は世襲にこだわっていないので、気持ち的には楽である。


負け続けているアメフトチームのオーナーが、一番強いチームを作ってくれ・・と

有名なコーチに、頼み込んだ。

そのコーチは、それでは負けず嫌いの選手だけを集めてくれ・・と申し出た。

テクニックだけでは、勝てない。負けることが一番嫌いなヤツだけだ。

精神的に弱い奴は、イザと言う時に使えない。


この事は、リーダーを育成する時にも、言えることで

仕事が上手いからという理由だけでは リーダーは決められない。

目標に対して執着心を持って、それを成し遂げるために工夫出来る人が

リーダーには求められる。

もちろん人に支持されない性格では、それ以前の問題だけど。


だから、ただ性格がいいだけでもダメなのである。

仏様のような人・・と、形容される人がいるけど

それが、事業の繁栄と比例するかは・・・どうだろうか?


個人経営で、自分たち家族が幸せならば・・それは、とてもいい事だけど

会社には、社員がいて・・家族を養い 生活している。

昨今の大不況や 就職難も有り・・その中で、ライバルと差別化を図る。

なので・・・・商売とは、利益を出し その利益を有効に使う。

家族を守り、社員を守り、地域に貢献する・・ギリギリの経営では

きれいごとも言えなくなってしまう。

この話も長くなりそうな気配だが・・・

| 目標を達成する方法