2011年05月22日

大変な1日


風邪の具合もかなり良くなったので、今日は・・・のんびりしながら

やり残した事を、全てやってしまおう!・・と、思ってたんだけど


昨夜・・・お世話になっている方の・・大切な人が急逝された。

先日、お会いして・・ご挨拶したばかりだったので・・・

びっくりして・・・とても言葉にならない。


朝方、ご自宅に伺い・・・これからどうするか・・日程等を相談するが・・・

友引は・・・火葬場が休んでしまう。


誰でもそうだが、大切な人が突然亡くなってしまうという・・・

想像できない事態に陥った時・・・

その人を・・葬る段取りなんて・・今は考えたくないし、考えられない

せめて、一晩・・落ち着いてから、先の事を考えたい・・当たり前だと思う。


でも、感情とは別の部分で・・・進行しなければならない部分もある

たとえば・・・通夜や葬儀の日時決定もそうだが

規模や・・希望する料金の決定も事前に決めなければならない。


希望する、日時は・・・少しでも置いておきたい・・・だった・・・でも

友引(火葬場休業)を考慮すると・・休業前では早過ぎるし

始業日では遅すぎると・・・回りのご親戚の意見。


確かに・・・以前は休業しなかった火葬場も・・最近は友引に休む

理由は、利用者が少ないから・・・

田舎では、友引は(友を引く)という語呂合わせから・・葬儀を敬遠してきた

結婚式の仏滅と同じ事なんだけど・・・宗教者に言わせると、全く意味が無い

お寺の組合は、以前から・・・詳しく申し上げて来たと言うことだ。


この話は・・・長くなりそうなので・・また、別の機会に

| 日記