2011年06月19日

大雨だねー


心配事を抱え、運転中もボーっと・・・あぶないですね。

眠れない夜は・・積読(つんどく)してて、読んでなかった本を読みます。

BGMを切り、読書用のライトだけを点けて・・・不思議と集中してきます。

心配事が消えたわけではないけど、好転する事を祈って、粛々と予定をこなします。



ここ2〜3日・・何とも大変な天気ですね

昨日は葬儀中・・時折、雨の音が館内にまで聞こえる。

梅雨だから仕方ないけど・・予報では今月いっぱいずっと雨の予報だ。

今日は・・ちょっとだけ、小康状態みたいですが・・


こうなると、アウトドア関連の業種は、経営に不安を感じますね。

いや、全ての業種で陰りが見られるとの事・・・・

天気が悪いと、購買意欲も低下するので、小売店も影響が出ているそうだ。


自分らは関係ないけど、一般的には、せっかくの土日の休みがもったいない。

でも、こんな時は、撮りためた映画を見たり、家族で過ごすいいチャンスかも・・。


適度な雨は、恵みの雨になるけど・・・先日のニュースでも

都城の一部、えびの市では・・床下床上浸水・・土砂崩れの報道が出ていた。


そう言えば、牟田町などの飲み屋さんも、雨が降ると客足はガタ落ちで

ノーゲストの日も有るそうだ。

景気が冷え込む要素は、たくさん有るのに・・・持ち直す要素が見つからない。


東日本大震災も地震の被害だけなら、何とか復旧の目途は立つんだろうけど

放射能の被害だけは、何とも解決の糸口が見つからない

汚染水処理も機器のトラブル続きで・・・様々な方法を駆使して・・失敗して・・・

いかに原子力が難しいのかを、全世界に知らしめている。


今朝のニュースで、スペインの国民が言ってた言葉が

「日本人ほどの、注意力の有る国民でさえ、原子力は手におえないのに

ゴミ問題すら、解決できないスペイン人に、管理できるわけがない」・・と

うーむ、陽気なラテン系の人たちは・・そうかも


でも、産業界からは電力不足は回避しないと・・・経済にまで影響すると

原子力発電所の、早期運転再開を望む声が、聞かれるが

問題は本当に多い・・・想定外と言う言葉が、頻繁に聞かれる。

原子力はまだまだ・・人類がたやすく使えるエネルギーではない・・・。


確かに、今回の災害は・・・多くの方々が亡くなり・・多くの涙が流れ

多くの財産が無くなり、今も避難所生活である・・・でも

その事で・・原子力の難しさが改めて、全世界に知られる事となった。


太陽光、風力、水力、地熱などの自然エネルギーは、自然環境に大きく左右される。

天然ガス、石炭、石油などを燃やす、火力発電は現在一番多いけど

地球温暖化の原因になる、二酸化炭素を出す事や

化石燃料なので将来いずれ・・枯渇するという問題も有る。


そうなると、水力発電が良さそうだが、ダムの建設問題や

自然環境に頼るため、雨が降らないと安定供給は難しい。


想定できる事故には対処できる・・と・・・だから原子力に走ってしまった。

確かに、二酸化炭素を出さないし・・放射能の問題さえクリアできれば

理想的なエネルギーではあると思う。


経済界からの、強力な要請が有り・・政府も原子力発電所の運転再開という

悩んだ挙句に、非情に難しい選択をした。

今回の原発事故の教訓を生かし、2重3重の防御態勢を敷いたらしい。


しかし・・どうなんだろうか?

こんな事になって・・もし・・取り返しがつかない事になったら

誰が責任を取ってくれるんだろうか?

| 日記