2011年07月30日

仕事も頑張ってます


そう言えば・・・

最近は仕事の記事を書いていない・・なるほど。

今日も「あじさいホール」で、司会進行を務めております。


大きな農家さんだけど・・・当社をご指名頂きました。

ご遺族・・特にご家族には、最後の見送り・・葬送への思い入れが強く

長い間、家族のために苦労してきた父を、精一杯の形で送りたいという

こだわりで、ご指名いただいたそうだ。


IMG_2010.jpg


頑固親父で謹厳実直・・・曲がった事が嫌いな、正義感に溢れた父

農業・・特に畜産、和牛の生産では第一人者である。


また、息子さんたちも 組織のリーダーとしてご活躍なので

昨夜のお通夜から、今日の葬儀にも大勢のお客様が見えられた。


IMG_2029.jpg


仕事一筋に生きてこられたが、晩年は 孫やひ孫とふれあう事が

一番の楽しみだったそうだ。

地域の中でも、公民館長などの要職を歴任され、町発展のためにも

大いに手腕を発揮された。


IMG_2066.jpg


担当は、イケメン平山・・・もう全て安心して任せられる存在である。

また、ムードメーカーでもあるので・・・社内の雰囲気も良くしてくれる。

お客様は、担当者の人柄で・・良くも悪くも感じてしまう。

仕事が出来る・・・だけではダメなのである。


分からないことだらけの・・・葬儀を行うには・・・葬儀社に頼らざるを得ない。

それをいいことに、高飛車な態度で、お客様に接する社員がいると聞く事も多い。

葬儀の仕事は、徹底的に優しく接する事からスタートする。

気持ちが、ほぐれてくると・・・気軽に、何でも相談し易くなるし

こだわりや、思い入れなども・・話して下さる。


物理的や法律的に出来ない事は、仕方がないとしても

出来る可能性が有るのなら・・・その、こだわりを実現する事もプロの仕事だ。

出来ない理由を、あれこれ並べるよりも、出来る方法を見つける

肯定することから、まず始める事が大切だと思う。

そうする事が、自分を鍛える事にもつながる。


何かを実現するためには、自分を鍛える事が手っ取り早い。

頭の中に、知恵の引き出しを、いくつ持っているのか?

知らない事、出来ない事にチャレンジする事で、近づく事が出来る。

その前に、本や新聞を読むクセをつけるのが、先決かも。

| 日記