2012年02月13日

選ばれる理由


ライオンズクラブの10年に一度の大きな式典

結成記念〇周年式典も、無事に終了し・・・ホッと

安堵したのもつかの間・・・仕事が忙しくなり

ゆっくり休めそうもありません。


しかし、数ある業者の中から、当社をご指名して頂けるという

大変ありがたい事実に、社員一同感謝しています。


お客様は、どこに依頼するも・・自由ですから

私たちは、選ばれる理由を持っていなければなりません。

お客様の目線で物事を考えて行かないと、的を外します。


reason1[1].jpg


このブログも読んでいると聞きましたが

友人から、昨年春に卒業した息子を

採用して欲しいとメールが来ました。


昔と違って今は、新卒でも就職が出来ない時代です。

県内で仕事を探すというのは、特に大変な状況かも?

昨今の冷え切った経済状況の中

地方の企業は、コストダウン、人件費削減が必須です。


友人の会社でも、昨年末のボーナスは出せなかった・・と聞きました。

しかし、税金は8ケタに迫る金額だったそうです。

法人税は利益に対して計算されますので

赤字決算なら、払う税金は少ないのですが・・・・今話題の

消費税は、以前のブログにも書きましたが⇒ こちら

赤字黒字には関係が無いので、容赦なく課税されます。

税金を払うために、社員のボーナスをカットする時代・・。


小さな企業が生き残っていくために、それぞれの経営者は

様々な策を凝らし、実践しています。

コストダウンと言う、守りの営業と

業績アップのための攻めの営業。

消費が冷え込んでいても、全く無いわけではないので

多くの同業の中から、お客様に選ばれる必要が有ります。


そこが、見えていないと生き残れない・・という結果になります。

今の時代、先が見えないだけに難しいですね・・・。


採用の事ですが、基本的には・・来る者拒まず!です・・が・・。

他の葬儀社での経験者は採用しないと決めています。

未経験に限ります・・。

私が修行した宮崎市のふじもと美誠堂のような、一流の会社は別です。


面接では、分からない事が多すぎますので

センスが良さそうだったら、とりあえず働いてもらいます。


当初の仕事振りや感性を見て、判断します。

過去の例では、面接後3人に1人は採用していますが

続かない社員も出てきますし、こちらからお断わりする

場合も出てきます。

当社の理念を理解でき、なお且つチームに貢献できるか?

それが出来る人を選びます。


なぜか?というと・・・先述したように

数ある業者の中から、選ばれるためには

社員の質というのが・・・絶対条件ですから・・・。


| 日記