2012年02月20日

地域の中で生きている


昨日は、やるべき事リストから3つの事が処理できた。

時間的に、2つ出来ればOKか?と、思ってたけど

ヒロシと大規が、時間のかかる作業を代行してくれて

結果もなかなか素晴らしい出来だった。(^o^)


さて、先日の「ライオンズクラブの40周年祭」と同じく

大掛かりなイベントが、明後日22日に開催されます。


何度も、川南まで車をすっ飛ばして、会議に参加してきました。

県内の企業家を中心に、なんと700名以上の参加です。

都城地区からも、100名近いメンバーが参加するようです。


ここ数日、そのために資料の確認とミーティングの組み立てを

考えていますが、他のメンバーは当日が初顔合わせなので・・・

予定通りに進むかどうか?まったく分かりません。(≧ε≦)

出たとこ勝負の、ぶっつけ本番です。


00236.jpg


今回、聞いて欲しい企業家のスピーチは

東日本大震災の被災地「岩手、陸前高田市」から来られる

株ェ木澤商店の会長:河野和義氏

歴史ある醸造元は、3.11の大震災で、蔵も工場も全てを失う

失意の中から、復興、再建するまでの感情の推移や、手法や道のりを・・・。



そして、もうおひと方は、同じく岩手県の轄sc自動車学校の

社長、田村満氏

広い敷地を持つ学校敷地は、救援物資の拠点となり復興を支えた。

自社も被災しながらも、地域の復興のために尽力されている。

復興作業が進むこの地域では、特殊車両:ブルドーザなどの

運転免許を取得しに、多くの方々が入校してくるという。

全ては、地域に根ざし復興のために出来る事を・・・。


00237.jpg


震災から、もうすぐ1年が経とうとしている。

残されたものたちが出来る事を、決して風化させてはいけないし

中小企業家だからこそ出来る事を、地域を越えて取り組んでいこう。


| 日記