2012年02月21日

モチベーション


またまた、原稿書きながら深夜になっていますが・・

基本的に、深夜に無音の状態で考える・・というクセですね。

早朝の予定が入っている時は、ほとんど眠らない時も・・。

若い頃なら翌日もOKなんだけど・・・(×_×;)


最近は・・・昼間にカクッっと眠くなる時があります

やばいですね・・・ (゜O゜;) 運転中とか?!

でも今度の車は、ハンドリングがシビアで片手運転も危ないです。

なので、ハンドルもホームポジションを守ってしっかり運転しています。

anzen00213.jpg


明日のフォーラムの第一分科会で、グループ長を任されていますので

せっかく来ていただいた方々に、満足し尚且つ気づきを感じて頂きたい。

そのためには、講演もさることながら、その後の討論が大切です。


物事の成功は、準備で決まる。

いつものセリフですが、100やって当たり前なので・・・

集中して取り組みます。


どうも上手くいかないとか、勝手が違う・・といった場合は

準備不足です・・というか、慣れていない・・という事です。

スポーツ選手・・特にプロの選手だと有り得ない話ですが

形は違えど、プロとして仕事をしているのに

プロのスポーツ選手ほど、自分を鍛えられないのは何故でしょう?

2201236.jpg


これは、とあるコンサルタントの社長が、いつも話している

人事評価に原因がありそうです。

プロのスポーツ選手は、成績もスランプも怪我も全てが自己責任です。

そして成績や貢献度に応じた報酬が年俸として契約されます。


しかし、通常の仕事の現場ではどうでしょうか?

そういう評価制度を取り入れている会社も実際には有りますが

現実に取り入れるのは、なかなか難しいものです。

日本人は特に、ギクシャクした人間関係を嫌いますから・・・。

頑張っているんだから、気持ちを優先しよう・・という傾向に有ります。


100%ノルマの会社も有りますし

個人の成績に応じた給与システムの会社も多く存在します。

特に外資系の会社は、その傾向が強いと思います。


昔は「終身雇用」という言葉があり

自ら辞表を出したり、不祥事を起こさない限りは

定年まで勤めることが出来た。

個人の成績を左右する会社でも、日陰に置かれたりしても

クビになる事は少なかった時代。


反面・・・今は、好きな仕事に就くことさえも難しい時代です。

求人倍率は・・0.6倍と言っていますが

ここには・・業種の好き嫌いは入っていません。

つまり、働きたい業種の求人倍率ではない・・という事です。

10人の人が仕事を探していて、6社が求人しているという話です。


かといって、求人している会社が優位か・というと

そうでもありません。

魅力のない会社には・・やはり誰も応募しません。

魅力ある会社になるために、社員を幸せにするために

努力を重ねている会社・・・そういう会社の経営者になるために

経営者は常に自分を磨き勉強し、心を高める必要が有ります。


そのためにも、こういったフォーラムに参加し経営者仲間に会って

自分自身のモチベーションを、さらに高める手段にすべきです。


| 日記